避妊のためには排卵期を避け、高齢女性は心不全に注意

心不全は一般的に病気だと考えられています。
しかし、実際は心不全という病名が存在しているわけではなく、心臓が不具合を起こしている症状を指す用語です。
心不全が発生する原因は人それぞれであり、加齢によっても心臓のトラブルは引き起こされます。

最近何だか妙に疲労感が溜まる、それは広義の心不全なのかもしれません。
特に高齢の女性は心不全のリスクが高いと言われており、動悸や過呼吸、息があがりやすい症状などに心当たりがある方は病院で一度診てもらいましょう。
心不全は難病といった印象がありますが、今現在では医師による生活面の指導や薬物療法、非薬物療法が確立されており、治療はきちんと可能となりました。

ただ心不全の現実的なリスクが高いのは、高齢の女性です。
若い女性はそれとは別の健康問題に気をつけた方が得策です。

例えば、若い10代から20代の女性は性機能が活発であり、性欲も旺盛ですので、避妊対策は万全に進めましょう。
ピル服用が面倒だから、彼氏がコンドームを嫌がる、そういった理由から避妊対策を怠る若い女性は多いですが、万が一結婚前に妊娠してしまえば、男女双方とも不幸な未来に陥ります。

ピル服用は避妊以外にも生理時の症状改善や豊乳、女性らしいプロポーション作りに役立つ効果もあり、継続に飲み続ければ、毎月の辛い状態が緩和され、ストレスが減ります。

また排卵期をずらすのも避妊の良いやり方です。
性欲旺盛な彼氏とセックスしても、排卵期をずらす事で妊娠率は格段に下げられます。
そこにコンドーム使用やピル服用を足せば、理論的は100パーセントの避妊が可能です。
排卵期がデートのタイミングと重なってしまうと、危険です。

若い男性は一夜のデートで何度も膣内射精出来ますので、排卵期とデートの予定が重なっていた場合は必ず日程をそれとなくずらす等、妊娠回避の工夫が要ります。