避妊効果もあるプラノバールには乳首痛がある?

プラノバールは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合された中用量ピルで、生理不順、月経困難症、子宮内膜症、不妊症の治療で処方されます。この他、避妊効果や生理日の移動にも使用される便利な薬です。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、女性の体内で分泌される女性ホルモンですが、これらのホルモンの不足やバランスの乱れによって、体調不良やさまざまな病気が起こります。女性特有の諸症状の改善を目的に、プラノバールで女性ホルモンを補います。
生理中からプラノバールを飲み続けると、排卵が抑制されて、擬似的に妊娠している状態にします。服用を中止すると生理が起こるので、生理周期の改善ができます。服用中に卵巣や子宮を休ませ、子宮内膜の増殖を防ぐので、生理が軽くなります。また、排卵の抑制とともに、受精卵を着床しにくくするため、妊娠を望まない場合に緊急避妊薬として使うこともできます。緊急避妊の場合には、無防備に性行為を行った後、72時間以内に2錠服用し、その12時間後に2錠服用します。
体外受精を行う場合に、プラノバールで排卵スケジュールのコントロールと、排卵誘発剤を使う周期に卵巣に卵胞を残さない効果があります。また、採卵後に服用すると、受精卵が着床しやすい子宮内膜にする効果もあります。
プラノバールの副作用で最も多いのは、吐き気や嘔吐です。その他、プラノバールには身体を擬似的に妊娠している状態にするため、人によっては妊娠初期のような眠気、乳首や乳房の張り、乳首痛、食欲不振、不正出血などが現れることがあります。通常は、初めてプラノバールを服用したときに見られ、飲み続けて身体が慣れてくると、吐き気や乳首の張りなども消失します。