注目キーワード
MONTH

2020年2月

  • 2020年2月23日
  • 2020年2月23日
  • 0件

Kindle電子書籍出版|不動産売却の「実態」

2019年6月に出版した筆者の書籍の紹介です。 前半は、不動産を売却する際の不動産会社と売り主との関係を、書いたものです。   実際に不動産売買の仕事をしている方や、不動産売却の経験をお持ちの方でなければ、理解しにくい内容かもしれません。 しかし、体験者の方には、そういうことだったのか、と […]

<
  • 2020年2月22日
  • 0件

不動産に関連する税金を徹底解明|不動産会社社長が解説

不動産は買うとき・売るとき・持っている時、全てに税金がかかっています。 この記事では、不動産に関連する税金全体にわたり、解説しています。 自分の関心ある部分のみ、読むことも出来ます。 お役に立てば幸いです。 不動産業界30年の不動産会社社長が解説します。     相続した実家を売 […]

  • 2020年2月21日
  • 0件

不動産の相続は早めに売却しないと争族に発展|評価額と実勢価格の違い

平成27年に施行された相続税の改正が、未だ記憶に新しい。 基礎控除が引き下げ(5,000万円から3,000万。法定相続人一人当たり1,000万円から600万円)られた。 その他にも、税率構造の見直し、未成年者・障害者控除の見直し、などがあるが、一番影響が有るのは、基礎控除の変更です。 その変更によっ […]

  • 2020年2月21日
  • 0件

不動産の売買契約をする際の手付金|契約キャンセルの時には戻るのか

不動産の売買契約を締結する際には、買主は売主に手付金を支払います。 契約締結後に、何らかの事情に変化があり、買主が契約をキャンセルしたいとなった時に、契約時に支払った手付金は取り戻せるか。 手付金が戻る場合と戻らない場合があります。 どんな場合なら戻るのか、また戻らないのか、この疑問に不動産業界歴3 […]

<
  • 2020年2月21日
  • 0件

土地売却!古屋解体費用はいくらかかるのか?売主と買主のどちらが負担する

よくあるケースは、親が残した土地建物の売却の時です。 家の方は、築年数は30年とか40年すぎてるケースがほとんどです。   古家があるそのままの状態で、建物の保証無しで買ってくれる人が見つかれば一番です。 しかし、そんな都合の良い話は、めったに無いことです。 やはり修理が必要な中古老朽戸建 […]

  • 2020年2月21日
  • 0件

不動産売却|大手と中小不動産業者ではどちらが頼りになるのか

先にお伝えしますが、私は不動産仲介会社を経営している不動産会社社長です。 この記事では純粋に売主さんに不動産売却に関して、査定会社を選ぶポイントについて解説しています。 売却依頼を受けるためのページではありませんので、私の会社名等を公開しておりません。   さて売主さんが不動産の売却を検討 […]

  • 2020年2月21日
  • 0件

不動産の登録免許税について知っておきましょう|不動産会社社長が解説

不動産を購入するときには、登記費用がかかります。 新築住宅なのか中古住宅なのかで、その費用には違いがあります。 また、親等からの相続や、遺贈・贈与の際にも登記費用は発生します。 この記事では、登記の種類によって税率が違うことなども解説していきます。 よく言われる登記費用といいますのは、「登録免許税」 […]

  • 2020年2月21日
  • 0件

相続した実家を売却する場合、空き家なら税金は3000万特別控除される

親と暮らした生活の思い出が残る懐かしい実家(不動産)も親が亡くなる時が来ます。 親から相続した実家の維持管理には、子供世帯には大きな負担が残るものです。   現実として、子供は子供で所帯を構えて、すでに持ち家の可能性が高い。 また、仮に借家住まいだとして、通勤圏内でなければ、親から相続した […]

  • 2020年2月19日
  • 0件

不動産の相続は早めに売却しないと争族に発展|評価額と実勢価格の違い

平成27年に施行された相続税の改正が、未だ記憶に新しい。 基礎控除が引き下げ(5,000万円から3,000万。法定相続人一人当たり1,000万円から600万円)られた。 その他にも、税率構造の見直し、未成年者・障害者控除の見直し、などがあるが、一番影響が有るのは、基礎控除の変更です。 その変更によっ […]

  • 2020年2月18日
  • 2020年2月18日
  • 0件

住宅ローンに関する注意点|不動産会社社長による徹底解明

住宅ローンの取り扱いは、度々変更されます。 基本原則として、金利も含めて、3ヶ月ごとに、改正される可能性のあるものとされています。 毎回必ずではありませんが、申し込みの基準や金利や返済率などが改正されるのです。 また、住宅ローン控除のように、税制改正により、年に1度変更される可能性がある制度もありま […]