注目キーワード

猫の脱水症状は、ふらふらして痙攣します!点滴などの治療が必要

猫 脱水

猫は嘔吐や下痢などが続くと、脱水症状になってしまいます。

体内の水分が失われ、さまざまな症状があらわれることも。

猫が自力で水を飲めないようであれば、病院へ連れて行く必要も出てきます。

 

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

猫が脱水症状になった時の見分け方

猫の脱水症状の治療方法

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫の脱水症状」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

猫がふらふらしたり痙攣してるのは脱水症状?見分け方を教えて!

脱水症状
猫の脱水症状

猫は嘔吐や下痢などが原因で脱水症状になると、体に負担がかかってしまいます。

症状が悪化すると、自力で水を飲めなくなってしまうことも。

では、脱水症状かどうかを見分けるには、どんなところに気をつけたら良いのか見ていきましょう。

 

皮膚に異変

猫は脱水症状になると、皮膚に異変が起こることがあります。

背中などの皮膚をつまみやすいところで、少しつまんでみてください。

 

通常、つまんだ皮膚は離すとすぐに戻りますが、脱水症状の際は戻りが悪いです。

この他にも、肉球や歯茎が乾いていたりすることもあります。

 

ふらふらしている

猫は脱水症状になると、食欲も落ちて、ふらふらしていることもあります。

歩き方がおかしくないか、確認してみましょう。

 

人間と同様に必要な水分を摂取できないと、体が弱りふらふらしてしまうのです。

 

痙攣

脱水症状が悪化すると、痙攣を起こしてしまうこともあります。

特に熱中症が原因の場合は、塩分も不足し、筋肉が痙攣しやすくなるのです。

 

時には、意識を失ってしまうことも考えられます。

すぐに元の様子に戻ることもありますが、いずれにしても注意が必要です。

 

猫が脱水症状になったら、点滴など治療が必要

猫が脱水症状になったら、まず何をすればよいのか戸惑ってしまいますよね。

症状がひどい時は、病院へ連れて行くことも必要となります。

では、脱水症状にはどんな治療が必要なのか見ていきましょう。

 

水を飲ませる

脱水症状になると、猫は自力で水を飲めなくなってしまうこともあります。

そんな時は、スポイトや脱脂綿を使って、水分を摂らせてあげてください。

 

猫は、普段から水をあまり飲まないこともありますよね。

普段から水が入った器を数カ所設置して、いつでも飲めるように意識させることも大切ですよ。

 

特に、子猫やシニアの猫は脱水症状になると弱りやすく、最悪の場合は死に至ることも。

脱水症状になりにくいよう、環境を整えてあげてくださいね。

 

水を飲めない状態が続くなら、病院へ連れて行くことをオススメします。

 

ウェットフードを与える

普段から水をあまり飲まず、脱水症状になりやすい場合は、ウェットフードを与えるのも効果的です。

ウェットフードなら、ドライタイプのものより食いつきが良いこともありますよね。

 

水分を効率的に摂取させることができますよ。

 

点滴

自力で水分を摂取できなくなると、点滴で水分を補う必要があることも。

嘔吐や下痢が続くと、水を飲んでも、また水分が失われてしまうのです。

 

また、シニアの猫など、慢性的な脱水症状の場合は、定期的な点滴が必要となることもあるでしょう。

腎不全が原因で脱水症状の時は、毎日点滴が必要なことも。

 

費用負担も大きくなってしまいますが、自宅で点滴する選択肢もありますよ。

 

まとめ

猫が水を飲まないのは、めずらしいことではありません。

しかし、放っておくわけにはいかず、必要な水分量を摂取させてあげる必要があるのです。

 

脱水症状を防ぐためにも、日常的に猫が水を飲める環境作りを考えてあげてください。

水の設置場所を増やしてあげるだけで、猫が意識してくれることもあります。

 

最悪の場合、死に至ることもある脱水症状。

そうならないためにも、水を飲まないことを甘く見ずに、気をつけてあげてくださいね。

 

猫 脱水
最新情報をチェックしよう!