注目キーワード

猫がおとなしくならない!洗濯ネットのかぶせ方のコツは?

猫

を連れての外出時など、洗濯ネットをかぶせて行くことも多いですよね。

動物病院でも、推奨していることも多く、できればスムーズにかぶせたいところ。

しかし、逃げ出しておとなしくならず、毎回苦戦していませんか?

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫の洗濯ネットのかぶせ方と効果」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

長時間の外出で猫を洗濯ネットに入れたい!かぶせ方のコツとは?

洗濯ネット
猫と洗濯ネット

猫は、洗濯ネットに入ってさえしまえば、比較的落ち着いてくれます。

しかし、パニックになってしまったりと、入れるまでに苦労してしまうことも多いでしょう。

長時間の外出などをする際、スムーズに洗濯ネットをかぶせるには、どんなコツがあるのでしょうか。

 

大きめのサイズを選ぶ

猫に洗濯ネットをかぶせるとなると、一苦労ですよね。

臆病な猫は、思わず手が出てしまうこともあります。

 

普段おとなしくても、パニックで引っ掻いたり、噛みついたりしてしまうこともあるでしょう。

飼い主さんが怪我をしないためにも、口が大きく開く、サイズも大きいものを選んでみてください。

 

多少大きな猫でも、スムーズにかぶせることができますよ。

無理やり詰め込むのもかわいそうなので、体よりも大きいものを選んでくださいね。

 

普段から出しておく

洗濯ネットを見た途端、どこかへ連れて行かれると察して、一目散に逃げ出してしまうこともありますよね。

そこで、普段から見える位置に出しておくことをオススメします。

 

自然と出たり入ったりするようになれば、その隙にファスナーを閉めて外出できるでしょう。

洗濯ネット自体に慣れてくれれば、外出時もスムーズですよ。

 

おやつやおもちゃを使う

洗濯ネットを無理やりかぶせようとすると、猫は逃げてしまうでしょう。

そこで、おやつやおもちゃを使って、誘導する方法があります。

 

猫が入りやすいように、洗濯ネットを広げて、おやつやおもちゃを入れておきましょう。

自ら入り込んだところで、ファスナーを閉めればスムーズですよ。

 

おとなしくならない猫!洗濯ネットの効果があるのはどんな時?

猫との外出時に役立つ洗濯ネットですが、その他にも活用できることがあります。

普段の猫との暮らしでスムーズにいかないことも、解決してくれるのではないでしょうか。

では、洗濯ネットをかぶせると、どんな時に効果を発揮してくれるのか見ていきましょう。

 

爪切り

猫の爪切りに、苦戦していませんか?

そんな時に役立つのが、洗濯ネット。

 

たいていの猫は、洗濯ネットをかぶせるとおとなしくなります。

網目から爪だけ出して切ると、いつもより楽に切れるかもしれませんよ。

 

シャンプー

猫は、お風呂を嫌がる子が多いですよね。

洗濯ネットは、そんな時にも役に立ってくれます。

 

かぶせたままシャワーをそっとかけて、シャンプーしてあげましょう。

網目のおかげで、泡立ちも良いですよ。

 

顔だけ出してあげれば、誤ってシャワーがかかってしまうこともありません。

洗濯ネットをかぶせることで、パニックになることも防止してくれるでしょう。

 

終わったら、そのままドライヤーをかけることもできてしまいます。

 

まとめ

猫に洗濯ネットをかぶせる際、簡単にはいかないかもしれません。

それは、いつもと違うことが起きるのを察してしまうからでしょう。

 

しかし、外出時は特に、かぶせておくと安心なのが洗濯ネットです。

コツを掴んで、上手にかぶせてあげてくださいね。

 

猫と飼い主さんの安全のためにも、洗濯ネットをかぶせることに、慣れておくことをオススメします。

 

 

猫
最新情報をチェックしよう!