読書アプリで重たい本でも片手で読めるようになった

読書アプリで重たい本でも片手で読めるようになったアプリ

本を読みたいと思うが持ち歩くのが大変という人がいるかもしれません。

小説は文庫本がたくさん出版されているので、そういうケースは少ないと思いますが、ビジネス書や自己啓発本は、単行本が多く、場合によってはハードカバーで重い、本によってはページ数も厚い、なんて事があります。

 

読書アプリで重たい本でも片手で読めるようになった

読書アプリが使いやすくなったおかげで、ハードカバーの単行本を持ち歩く必要がなくなりました。

本の重さは意外に重量があることを知っているでしょうか。特にビジネス書はハードカバーの本が多く、ページも厚めのものが多いです。

平均的にはハードカバーの単行本だと500g近いです。仕事で調べる事があって、ビジネス書が2冊必要なんてことになると、カバンの重さは1kgほど増えることになります。

スマホで読むなら、当然スマホだけの重さですし、タブレットにしても、本の重さと比べると、非常に軽いのです。

 

最近の読書アプリでは、本を読むこと以外に、そのまま購入もできますし、スマホの中に自分専用の書棚を作ることもできます。アプリ内に、読書ノートのように、自分なりのメモを書き込んだり、読書アプリがSNS機能をもっているものまであります。

もちろん、ジャンルはとても広いので、絵本を見ることもできまし、非常多機能です。

スマホやタブレットに、読書アプリをインストールして使う方法だと、読書中に友人などからのSNSで中断されてしまうという人には、読書専用のリーダーが安くておすすめです。

本のアプリで読書から管理まで|絵本から漫画・英語まで

 

読書アプリでは最大級の「読書メーター」というアプリがおすすです。読書をする他に、書評(感想文)を記録でき、ユーザーが互いの書評を読んだり、同じ読書傾向の人が読んでる本を紹介されたりなど、なかなかの機能が充実しています。アプリ上でのSNSのコミュニケーションも可能です。

読書メーター ログインからの使い方

 

 

読書のハードルが高いという人の中には、読めない漢字がいくつか出てくると、読む気が薄くなってしまいます。本は紙の本が好きという方でも、同じように1ページの中に数箇所出てくると、読む気が失せてしまうこともあります。

しかし、漢字のアプリで、「読み方」「意味」をすぐに知る事ができるようになると、読書が進むようになってきます。

漢字アプリで読めない漢字を覚えると読書が進む|おすすめ紹介

 

読書に関するアプリといえば、読書をするアプリと漢字を知るアプリということになりますが、この他に、聞くアプリもあるのです。

声優が読んでくれた音声を、私たちは聞くことで、読書をすることもできるのです。

読書アプリとは別の機能です。

本を広げてみる事がしにくい環境、アプリで画面上で読む事ができない環境では、耳で聞く読書でも十分読書効果はあります。

本を聞くアプリが無料で使える!通勤時間も有意義になる!

 

アプリ

読書をすることで人は経済的にも人間的にも豊かになれる

少しだけ読書をしている人は必見!この記事では読書の効果やメリットのまとめについて解説しています。実は読書はやればやるだけメリットがあります。この記事を読めば効率の良い方法や役立てるほうほうが分かります。
2022.01.26
アプリ

本のアプリの特徴は読書から管理まで|絵本から漫画・英語まで

本アプリを使い始めた人に必見!この記事では様々な本のアプリについて解説しています。実は本のアプリによってとても便利に使えます。この記事を読めば使いやすい本のアプリがどれなのかが分かります。
2022.01.24
アプリ

漢字アプリで読めない漢字を対策すると読書が進む

漢字が苦手で本を読まない人は必見!この記事では漢字アプリについて解説しています。実はスマホカメラで撮るだけで読み方や意味が分かるのです。この記事を読めば漢字の苦手意識がなくなり読書しやすくなることが分かります。
2022.01.08
アプリ

本を聞くアプリが無料で使える!通勤時間も有意義になる!

本は読みたいが時間がないという人は必見!この記事では読書を聞くという方法について解説しています。実は本を聞くアプリを使えば、週に1冊以上の読書ができるようになります。この記事を読めば時間がない人でも読書ができる方法が分かります。
2022.01.08
アプリ

読書メーター ログインからの使い方

読書メーターを使ってみようと思う人は必見!この記事では読書メーターというサービスについて解説しています。実は読書メーターは本好きのコミュニティでもあります。この記事を読めば読書メーターが最大級のサービスである理由が分かります。
2022.01.08
タイトルとURLをコピーしました