本を読むことで人生が変わるのに読まないのはもったいない

本を読むことで人生が変わるのに読まないのはもったいない本読む人

意外なことに本を読むことで人生が楽になるし経済的にも豊かになるのに、実際には本を読む人はとても少ない。もったいないことです。

 

本を読む人の方が経済的には豊かになれる

幸せの尺度には個人の価値観が関係するので、どちらの方が幸せなのかは客観的には判断できるものではないです。幸せかどうかを感じるのは、個人だからです。

ただ、一般論として、社会人になってから他人からの評価がある方が幸せを感じやすいことは確かです。社会人としての他人からの評価が上がると、権限や役割が重くなり、いわゆる出世をして、年収も上がることになります。この点について、幸せかどうかは個人の考え方によりますが、経済的に豊かになる可能性がかなり高いことは明白です。

本を読むといいことはあるのか?大きな違いがあります

ただし、経済的に豊かになる事実を感じ始めるのには、それなりの時間がかかります。また、本を読むことで得られた知識情報を仕事に生かしていくことをしなければ、実現しません。

本を読むと得られるもの|読めるようになるには

 

また一般論として、本を読む人は頭が良くなることもわかってきています。読書量が多いことが必須ですが、知能指数が上がることがわかっています。一般的な知能指数は、90から100とされています。知能指数が110以上あると優秀と言われます。(いわゆる天才と言われる人は130以上)

知能指数を上げる方法の一つとして本を読むが有効なのです。天才まででなくとも、100以上になる可能性は十分にあるのです。

本を読む人は頭がいい!読書で頭が良くなるのは本当なのか?

 

また人生には、知らないことやわからないことが沢山あります。しかし、人間にはわからないことや知らないことを先送りにしてしまう性質があります。しかし、それは、不安な要素を残してままの状態であり、いずれ漠然とした不安感を感じるようになる人も多いです。

本を読むことは、新しい知識情報・擬似体験をしていくことになります。つまり、本を読む人の方が、知らないこと分からないことは当然少なくなります。それが表情に出てきます。

本を読む人の顔つきが違って見えるのは、不安なことが本を読むことで少しずつ解決していくことによるものの可能性があります。

本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は

 

本を読むことが、読まない人との違いが明確になるのは、社会人になってからです。例えば、一人の会社員と経営者では、読んでる本の数の差が非常に大きいです。組織の中の管理者である課長部長も同様です。

本を読む。そして仕事に生かす。この2つを継続している人が管理職や経営者になっているケースが非常に多いです。裏返せば、社会人になって、本を読むことをせずに、年数を過ぎてしまうと、組織の下層から上がることは困難です。

組織に属する社会人として、出世や年収アップを望むなら、本を読まずに実現することはほとんど困難です。重要なのは、学歴ではなく社会人になってからの読書量の違いです。

本を読む人 読書量が多い人の特徴は出世が早くて年収が高いこと

本を読まない人|そのままでは組織の下層から抜け出せない

 

本を読むことの重要性はわかっているが、読み始めると眠くなるという場合があります。その理由・原因には、様々なことがあります。解決策は、姿勢を良くしたり、軽い運動をする、いっそのこと仮眠を15分する、コーヒーを飲むなど、沢山あります。

また、活字に対して苦手感を持っていたり、文字が動いて見えるなどの障害を持っているケースも考えられます。しかし、安心していただきたいのですが、仮に識字障害などの症状を持っている方でも、大人になって共存し、本を書いている方までいます。

活字を読むことが難しければ、オーディオブックで聞く読書という方法もあります。

本を読むと眠くなる理由と解決方法|どうすればいい

本を読めない理由は|本を読みたいけど読めない

 

本を読むことは、社会人になってから大きな違いになって現れます。本を読むことで、明日から人生が変わるわけではありませんが、少しずつの違いが積み重なっていきます。

本を読むことは、知識情報を得ることになりますが、それは擬似体験でもあります。人を育てるのは、体験することが一番ですが、本を読むことで擬似体験ができるのです。

本をたくさん読む人は何冊以上読んでるのか?人生が変わるのか

本を読む人と読まない人の具体的な違いはかなり大きい

著者が何ヶ月、あるいは何年もかかって、調査し研究された内容が、本という形になっているものを私たちは1000円〜2000円という金額で得ることができるのです。

本を読む13のメリット

本を読むことのまとめ|メリットと人の特徴

本を読む

本を読むと得られるもの|読めるようになるには

本を読むことは単に知識教養が身につくのではない・社会人になっても本を読むと組織内の評価や給料にまでアップする・本を読む人は少ないから今後も読書量と年収の相関関係は続く・本の読み方はコツを覚えれば誰にでもできる・聞くこともできる。
2022.01.24
本を読む

本を読むと眠くなる理由と解決方法|どうすればいい

読書を始めると睡魔に勝てないという人は必見!この記事では眠くなる原因と対策について解説しています。実はいっそ寝てしまうのも有効です。この記事を読めば対処の仕方が分かります。
2022.01.22
本を読む

本を読む人と読まない人の具体的な違いはかなり大きい

本を読む理由が納得できていない方は必見!この記事では本を読むことの必要性について解説しています。実は本を読まないと文章力がない人になります。この記事を読めば、文章力がないリスクが分かります。
2022.01.18
本を読む

本を読む人 読書量が多い人の特徴と違い

本を読んでも大きな違いないと思っている人は必見!この記事では読書量が多い人が楽に生きていることについて解説しています。実は読書量と年収は比例の関係にあります。この記事を読めば読書量が多いと何が違うのかが分かります。
2022.01.18
本を読む

本をたくさん読む人は何冊以上読んでるのか?人生が変わるのか

本をたくさん読む人が気になる方は必見!この記事では彼らがどのくらい本を読んでいるのかについて解説しています。実は人生を変えるくらいの目標を持つ人は50冊くらいが目安です。この記事を読めば、目安の根拠が分かります。
2022.01.17
本を読む

本を読むといいことはあるのか?大きな違いがあります

本を読んだ方がいいのか考えている方は必見!この記事では本を読むと得られるいいことについて解説しています。実はとても大きなことです。この記事を読めば、本を読む方が得だと分かります。
本を読む

本を読まない人|そのままでは組織の下層から抜け出せない

長く勤めれば給料が上がると信じている人は必見!この記事では本を読まないことのリスクについて解説しています。実は本を読まなくても幸せを感じることはできます。しかし収入が増えることはありません。この記事を読めば本を読まない人ほどリスクが高い選択をしていることが分かります。
2022.01.15
本を読む

本を読めない理由は|本を読みたいけど読めない対策

本を読めない人は必見!この記事では本を読みたいが読めないケースについて解説しています。実は病気の場合と集中できないという場合。この記事を読めば読書の障害を持っている方でも文化的な仕事で著名になっている方が多いことを知ります。
2022.01.15
本を読む

本を読むことのまとめ|メリットと人の特徴

本を読むことのメリットを感じられていない人は必見!この記事では本を読むことで得られる人生や仕事のメリットのまとめについて解説しています。実は本を読むことにはメリットしかありません。この記事を読めば、周りに読書のメリットを受けている人がいることが大勢分かります。
2022.01.12
本を読む

本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は性格まで変わるのか

本を読む人が顔つきまで違うのは疑問という人は必見!この記事では読書と顔つきの関係性について解説しています。実は人は知らないことがあると不安になり顔つきに出ます。この記事を読めば読書する人の顔つきが知性的な理由が分かります。
2022.01.08
タイトルとURLをコピーしました