不動産査定についてのポイント

不動産の査定は、目的によって査定方法に違いがあります。当ページでは、中古不動産として、売り出す際の流通価格としての不動産査定ついて解説しています。流通価格は、相続時の評価額や不動産としての価値を知るための査定価格とは異なります。あくまで、現時点で売買をした場合の推定価格です。流通価格は、世の中の市況やエリアの状況によって、増減する可能性がある価格です。流通価格を求める査定方法も複数あります。業界歴30年の経験を通して、解説いたします。

 

 

詳しくはこちらから

不動産査定|ネット一括査定からAI査定まで

スポンサーリンク
査定

マンション査定の際に考えるポイントとシミュレーション

3社程度の不動産業者にマンション査定を申請すれば、相場を覚えることも可能だと思います。 少ないよりは、多くの業者に査定をやってもらうことにより、本当の価格に近いマンション相場を知ることができるはずです。 マンションの無料机上査定の結...
2020.12.31
査定

不動産売却の査定は匿名ではできないのか|メリットとデメリット

相続など、何かの事情や状況が発生して、不動産の価格を知りたい事って有りませんか? その時に、不動産会社の営業からしつこくされたくないので、匿名で出来る方法ってないのかな、って調べたのではないでしょうか? はい、結論を言え...
2020.12.31
査定

不動産査定では人工知能AI化が進んでいる?|不動産会社社長が解説

不動産業界にも、AI化は進んでいます。 具体的には、不動産の査定価格を人工知能(AI)により計算できるようになってきました。 不動産査定AIアプリで概算価格は分かるようになってきました。 すでに、AI技...
2020.12.31
査定

不動産の査定方法には机上査定と訪問査定がある

不動産の査定方法には、「机上査定」と「訪問査定」があります。 マンションの査定も、家の査定も、土地の査定でも、同じです。 また、不動産会社に依頼して、査定をしてもらう価格は、あくまでも不動産売却の査定です。 相続のため...
2020.12.31
査定

不動産の一括査定のメリットとデメリット

不動産業30年の経験から解説します。 不動産を売却したいと考えた時、どんな方法で不動産会社を見つけますか? 今の時代で一番身近にあるのは、不動産の一括査定サイトです。 手軽にできるメリットとデメリットがありますので、解説し...
2020.12.31
査定

不動産価格は20年4月の民法改正で下がる方向に!

不動産価格は、2020年4月の民法改正により、価格下落の方向へ向かう可能性が大きい。新民法で売主責任が拡大したことが影響するからです。少子高齢化と経済の先行きが不透明の背景で、不動産市場は、新築ではなく、中古になるからです。
2020.12.31
査定

不動産査定|ネット一括査定からAI査定まで

大切な不動産の査定をしてもらえる不動産の査定方法などについて、解説します。 一番手軽にできる不動産の査定方法は、ネット一括査定でしょう。 今では、AI査定が日々進化しています。 当記事では、ネットの一括査定が、行われている...
2020.12.12
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました