注目キーワード
CATEGORY

転職

  • 2020年1月15日
  • 0件

転職サイトの比較。リクナビとマイナビ<比較分析>

転職サイトといえば、まず最初に名前が挙がるリクナビとマイナビです。 どちらも積極的なCMを行い、筆者のように求人採用する側にとりましては、頼りになる存在です。 求人情報を掲載依頼する立場として、今一度、どちらの方が利用者の評判が良いのか、口コミやレビューではどう評価されているのかを調査分析しました。 […]

<
  • 2020年1月15日
  • 2020年1月21日
  • 0件

転職の相談は誰にすべき?上司に話をする際のポイントは?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・転職の相談は、状況に応じて相手を使い分けるべし ・相談をすることで相手を困らせないように配慮すべし ・上司に相談を持ち掛けるなら、事前に結論を決めるべし   転職は人生における大きな決断、ゆえに、誰かに転職の相談をしたいのは当然。 その相談を […]

  • 2020年1月14日
  • 0件

宅建士の給料は実績次第|高卒でも女性でも年収1000万以上は実在

現役不動産会社社長が解説する 宅建士の年収は「400万円〜600万円」 宅建士の年収は、高卒でも1000万以上の人はたくさんいる 宅建士の資格を持っていれば、女性でも高年収   「宅建士」とは、ご存知の通り「宅地建物取引士」の略称です。 現在は、宅建士の資格は、国家資格の一つです。 もしも […]

  • 2020年1月14日
  • 2020年1月21日
  • 0件

転職するために資格を取るべき?事務希望や20代、女性も必要?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・転職における資格はあくまでも参考資料に過ぎない ・事務の場合は、一定のスキルがある事を証明するために必要なケースも ・20代や女性などは転職のためにわざわざ資格をゲットしなくても問題なし   就職するのが大変と長年言われ、少しでもライバルに差 […]

<
  • 2020年1月14日
  • 0件

【失敗実体験】転職面接では面接官も真剣|書類はきちんと書く

面接に向かう応募者は、みな真剣です。 しかし、相手(面接官)も実は真剣です。 ですから、書類の間違いや言葉のごまかしは、バレバレです。   分からないことは、分からないというべきですね。 1番目は、履歴書の取り違えというありえない間違いをやらかした実例です。 2番目は、自分をよく見せようと […]

  • 2020年1月13日
  • 0件

宅建士は独学で合格できる!テキストと勉強法を解説|合格率は15%

筆者は30歳の時、2回目の宅建士(当時は宅建取引主任者)試験で独学で合格しました。 宅建士の試験に合格するという本気を持って 勉強時間をきちんと確保して 3~4か月努力を続ければ 初心者でも、誰でも合格できると思います。 本当にそう思います。 経験者として解説します。     宅 […]

  • 2020年1月9日
  • 0件

30代女性の転職。未経験で正社員・事務へ採用されるポイントとは?

30代の女性は、結婚や育児と仕事の両立のため、転職を考える時期でもあります。 そこで、30代女性の転職を成功させるためには、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。   この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・成功のポイント1:転職で実現したい事を明確にすること ・成功のポイント2 […]

  • 2020年1月9日
  • 0件

転職の失敗体験談|無職に焦り入社して後悔、 調査不足だったのか?

この記事では、転職の失敗体験談の中で、入社してから分かったことで、「こんなはずじゃなかったのに」という方々の生の声を紹介します。   無職でいることへの焦りや、会社・勤務先を外側からイメージなどが、入社してみると、微妙に違っていた場合の事例です。 いずれも、非常によくあるパターンだと思いま […]

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月9日
  • 0件

転職に失敗して学んだこと【体験談】情報収集と事前準備ついて

転職の失敗にも様々なケースがありますg。 今回記事では、入社当初は、良い就職ができて満足していたが、時間と共に仕事の内容が変わり増えていったことで、失敗したことに気づいていったケースです。 もう一つは、面接に向かうときの事前準備に失敗があったのですが、その失敗に対応した姿を好評価してもらい、入社でき […]

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月9日
  • 0件

転職の失敗例は面接の場面に|NGワードややってしまったこと

転職失敗の事例で最も多いのが、面接の場面かもしれません。 この記事では、実際の体験談を紹介しています。   最初の1人目が、自分では無意識のうちに、NGワードを発していた事例。 2人目は、注意力を観察されていたことに、気づけなかった事例。 3人目は、事前勉強の弊害かもしれない事例です。 & […]