注目キーワード

転職失敗例|外側からは分からないまさかのブラック企業

ブラック企業といえば、営業会社のイメージです。

不動産業などは、その典型に思われているかもしれません。

 

しかし、実は表面的には、全くそんな感じに見えないブラックな会社は、意外な業種にもあるようです。

今回の記事で紹介するのは、外からはわからなかったケースと面接時の嫌な感じをキャッチしていながら、入社してしまった方の実話です。

 

人の失敗談から、得られるヒントがあると思います。

ご自分の転職活動のヒントにしてください。

 

 

外側からはなかなかわからないブラック病院

ブラックな病院
ブラックな病院

 

ハローワークを通じて、1ヶ月ほど探したのちに、個人経営の病院に医療事務として就職しました。

以前勤めていたのも総合病院なので、自分のスキルを即活かせると思い、さらに小規模で従業員も少ないので、人間関係で辞めた経験を持つ私は、ここ以上の転職先はないぐらいの思いで受けました。

 

そこは、給料も前職のときぐらいはもらえ、ボーナスも出るようでした。

医療事務は私を入れて3人だったのですが、私が入ってすぐに1人が辞め、半年もして私もおおかた慣れてくると残るチーフの一人も辞めていきました。

転職して一年もせずに、そこの事務作業は私と院長先生の奥さんの2人で回すようになっていました。

 

気がつくと、看護婦さんもはじめの人はどんどんと辞めていき、新しく入った人もなかなか定着しないようでした。

奥さんは院長先生に逆らえないようなタイプの人で、私は異常なレベルの残業や休日出勤がたび重なり、しかもまったく辞められるタイミングを見つけられずにいました。

明けても暮れてもその病院に縛り付けられて、私がそのブラック病院をやめることができたのは、4年目でした。

 

 

入社直前に嫌な予感を感じたにもかかわらず、ブラック企業に入社してしまいました

 

社員数の規模が、300名程度のIT企業から採用内定をもらい、年収や役職、仕事内容を詰めるために会社を訪問したときのことです。

 

私は課長クラスのポジションに決まり、上司となる部長と1時間程度面談をおこないました。

面談の最中は、円満な雰囲気で打ち合わせが進行したのですが、面談が終了し、エレベーターホールの前でエレベーターが来るのを待っているときに、部長が私の耳元で「おまえ、入社してから調子に乗ったら許さねえからな」と囁いたのです。

私はこのとき、直感的にこの会社はブラック企業ではないかと思ったのですが、入社日が5日後に控えていることもあり、なんとかなるだろうと楽観的に考えて入社してしまったのです。

しかし、それは甘い考えでした。

 

入社した初日から、部長に些細な質問をするだけで「そんなこともわからねえのかよ」とか「使えねえ奴雇ったかな。失敗したな」などと大きな声で言われてしまったのです。

そして次第に、パワハラはエスカレートし、怒声や罵声を浴びるようになっていきました。

入社直前の面談で非礼なことを部長から言われて、直感的にブラック企業と感じたにもかかわらず、入社したことは大失敗だと感じた次第です。

 

 

まとめ

実際に入社してみなければ、わからないことですが、精神的に追い込まれるまで我慢していると、心が壊れてしまいます。

怪しいと思ったら、やめておくほうが良いかもしれません。

まさかのブラック企業
最新情報をチェックしよう!