注目キーワード

契約社員等から正社員へ転職。注意点を紹介します

契約社員の中には、将来のことを考え、正社員への転職しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

正社員への転職をスムーズに進めるためには、いくつかの注意点が必要です。

 

この記事でお伝えすることは次の通りです。

・企業選びの重要性

・アルバイトと正社員の面接の違い

・見た目を整え、アピールポイントにする

 

この記事を読んでくだされば、「契約社員等から正社員へ転職する際の注意点」が理解できます。

では、解説してまいります。

 

 

契約社員等が正社員へ転職する際の注意点

契約社員等が正社員へ転職する際の注意点

 

自分にあった応募企業の選定

まず、しっかりと転職先の企業を選ぶことから、始めましょう。

これは、正社員として自分のしたいことができるかどうかを、吟味するためです。

 

具体的には、業界をリサーチするとよいかもしれません。

業界には、「メーカー」「商社」「小売」「金融」「マスコミ」などがあります。

これから正社員になり、どの業界に関わりたいのか、具体的に考えてみましょう。

 

さらに、職種もしっかり調べましょう。

職種には、営業職、コンサルタント職、開発職、管理職などがあります。

 

正社員へ転職して、マスコミ業界で、営業の仕事バリバリしたいと思っていたとします。

マスコミという業界のみならす、会社内部の職種にも着目しないと失敗します。

マスコミ業界で正社員になれても、職種は、内勤の管理部門かもしれません。

そうならないように、業界のみならず、職種にも着目し、転職先をしっかり選定しましょう。

 

面接対策をしっかり行う

正社員へ転職する場合、面接の対策は必要不可欠になります。

アルバイトの面接とは異なり、面接で根掘り葉掘り聞かれることになるからです。

 

企業側は、やり取りを見ながら、正社員でこの人物を雇っていいかどうかを判断します。

そのため、面接官が意地悪な質問をしたり、高圧的な態度で接することもあります。

 

これは、業務中のストレスに耐えられるかどうかをみるためです。

また、発言内容が一貫しているかも重視されます。

 

1時間近くやり取りをしていると、最初の発言と食い違う事を言ってしまうことがあります。

面接官は、その場しのぎの発言をしていないか、チェックします。

 

本心をしゃべっているか?どのくらい本気なのか?を知りたいのです。

転職先企業は、正社員として雇うために様々な角度から、色々な質問をしてきます。

こうした質問に的確に回答できるように、面接対策はしっかりと行いましょう。

 

見た目はしっかりと整える

当たり前のことですが、見た目はしっかりと整えて面接などに行きましょう。

どんなに優れた能力があっても、ジーパンで面接にくれば印象は悪くなります。

 

もちろんIT系企業で、オフィスカジュアルが推奨されている会社もあります。

しかし、それでもスーツを着用するべきだと、個人的には思います。

それはカジュアルな服装よりも、スーツの方が真面目さをアピールできるからです。

 

真面目というのは、どの企業に対してもアピールポイントになりえます。

また、見た目には、その場での立ち振る舞いも含まれます。

 

例えば、あいさつの仕方、声の大きさなどは、面接官の印象に影響を与えます。

フリーターyアルバイト期間が長く、仕事のアピールポイントが少ない場合もあるかと思います。

 

真面目さ、礼儀正しさ、元気の良さなども立派なアピールポイントになります。

その点を踏まえて、見た目はしっかりと整えて、面接等に挑んでください。

 

 

まとめ

契約社員等から正社員へ転職する際の注意点を理解して頂けたでしょうか。

 

不安定なフリーターやパート・バイトの生活を抜け出すため、正社員として働くことを希望する方も多いはずです。

正社員への転職を成功に導くために、まず、自分にあった企業を選びましょう。

そして、正社員の面接は厳しいので、対策をしっかり行います。

 

基本中の基本ですが、見た目もとても大切です。

フリーターから正社員へ転職する際は、ぜひ参考にしてみてください。

転職 正社員
最新情報をチェックしよう!