注目キーワード

転職の失敗体験談|無職に焦り入社して後悔、 調査不足だったのか?

この記事では、転職の失敗体験談の中で、入社してから分かったことで、「こんなはずじゃなかったのに」という方々の生の声を紹介します。

 

無職でいることへの焦りや、会社・勤務先を外側からイメージなどが、入社してみると、微妙に違っていた場合の事例です。

いずれも、非常によくあるパターンだと思います。

そして、それはいわゆるホワイト企業といわれる会社であっても、起こることです。

 

文章は、本人の思いや個性が伝わりやすいように、本人の言葉のままお伝えします。

 

 

一度も説明会に参加しなったことにより会社の雰囲気が予想とは違ってしまった

転職したら入社前と違ってた
転職したら入社前と違ってた

 

前職は、総合病院での医療事務をしていました。

そこから、今度は大手のIT企業に転職が決まりました。

しかし、入社後会社になじめず結局1年持たず2社目をやめてしまいました。

 

無職に焦り入社を決めて失敗

この失敗の大きな原因の一つとして、企業説明会に参加せず、今までの経験値だけで勝負して、入社してしまったことです。

前職を退職してから、無職ということに焦りを感じており、とりあえず採用率が高いところに入社したという気持ちで進めていました。

そのため、面接練習などはしても、会社自体への知識が乏しくなっていました。

 

説明会に参加していれば、上司の雰囲気や、働いている年齢層など、ネットの情報だけでは、知りえないことを吸収でき、受験をやめることもできていたと思います。

また、福利厚生なども、基本的には変わらないのですが、会費や呑み会代など、詳しい内容を事前に質問しておけば、入社後手取りがどれくらいになるかも予想で来ており、給与にがっかりすることも無かったのだと思います。

結果が2社退職という汚点になってしまったので、もう少し慎重になるべきでした。

 

 

仕事欲しさに焦って面接に挑んだ結果、入社後は聞いた話と違ってた

正社員として働いていた時に、精神的・肉体的にバランスを崩してしまい、仕事を辞めざるを得なくなり退職をしました。

 

少し休養した上で新しい仕事探しを始めたのですが、前職を辞めた経緯が、そういったことだったので、何かしたいことがあっての辞職ではなかったのです。

そのため、仕事を探すと言っても、一体何がしたいのか?今後どうなりたいのかのビジョンもしっかり持たない状況でした。

しかし、一人暮らしだったので、とにかく仕事を始めて、収入を確保しないとという気持ちで焦っていたのです。

 

そんな状況でとにかく、ひたすら、とりあえず嫌いではない職種、できそうな職種、今までの経験が活かせる職種という感じで応募を続けてしました。

その結果、どうしても面接で「本気でやりたいという気持ちがない」感じが伝わってしまったのか、受けても受けても採用されません。

 

落ち続けて、なんとか3か月ほどで滑り込んだ企業があったのですが、入ってからが面接で聞いていたものと全く違っていました。

結局知れば知るほど、採用してくれた企業に不信感が生まれてしまい、苦痛な状況でした。

しっかりと、自分は何がしたいのか、ビジョンがないと何をやっても同じだと後から痛感し、失敗したと思いました。

 

 

転職した後に失敗したなと思ったこと

以前の職場に、不満がありました。

 

主に、職場環境や給料面だったのですが、今度もし転職をするなら市役所がいいと思っていました。

理由は、「ホワイトな職業」だと勝手に思っていたからです。

それだけでなく、周りのすすめもあり、何の迷いもなく転職活動をはじめ、見事採用され働くことになります。

 

ここまではとても順調だったのですが、その仕事内容に大きな勘違いがありました。

簡単な窓口対応と聞いていたのですが、税金徴収のとても大変な内容でした。

 

以前は、肉体的に大変な職場だったのですが、今度はそれに加え精神的に大変な苦痛を味わう毎日となってしまいました。

また、仕事内容が全然違うため、前職のスキルを生かすこともできず、一からの再スタートとなり、周囲にも迷惑をかけ、申し訳ない日々を送ることとなってしまいました。

 

ですので、転職は、「働いていた職場のスキルを、活かせる場所でないと大変」ということがよく分かりました。

即戦力として会社に貢献するには、同じカラーの会社でないと自分の能力を生かせないな、と悟りました。

 

 

まとめ

ありがちな、入社したらブラックだったとは違いますが、思っていたこととのギャップにより、失敗したという実例です。

入社前には、調査が必要です。

誰も知っている大手企業であっても、公務員であっても、ブラックでなくとも、考えていた仕事内容と違えば、やはり続けることは困難になります。

 

転職の失敗体験談
最新情報をチェックしよう!