注目キーワード

転職の時期は何月がベスト?求人が多いのは?ボーナスまで待つべき?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・転職の時期は、求人が増える数か月前がベスト

・求人が多くなるのは2月もしくは3月!

・ボーナスが支給されてから転職を表明するぐらいで十分

 

今の会社に不満がある、もっとキャリアアップしたい、転職を検討する人の考えは人それぞれ。

転職の時期は何月がベストなのか、そして、準備のタイミングはいつがいいのか。

円満に退社し転職する、そのためにやるべき事は色々とあります。

 

この記事を読めば、転職の時期やそのタイミングなどがお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

 

転職の時期は、求人が増える数か月前がいい理由

転職 時期
転職 時期
何事も段取りとプロセスが大事

 

入社日から転職の時期を逆算するのがオススメ

転職を検討し、いつから活動を始めるか、その時期に悩む方もいるでしょう。

 

この場合、いつまでに転職先へ入社するか、ゴールを先に決めるのがオススメ。

例えば、10月入社ならばその数か月前がベストな時期です。

 

そもそも転職に際して、今の会社を辞めるには時間がかかります。

今日で辞めます!と宣言してそのまま辞めさせてくれる会社は多くありません。

 

2か月前もしくは3か月前に申し出てほしいと決めている会社も珍しくないです。

要するに、求人が多くなる2か月前もしくは3か月前から転職の準備をしても十分間に合います。

 

逆に、先に内定を得たのに、うまい具合に辞められないケースも。

就業規則で退職に関する項目を確認してから、転職の時期を逆算するのもいいでしょう。

 

求人が多くなるのは2月や3月

転職の求人が多くなるのは、だいたい2月や3月です。

年度初めは人の入れ替えが多く、自然とその少し前に求人の数が増えます。

 

理想的な転職の時期は、万全の態勢で2月や3月を迎えられるタイミングです。

とはいえ、2月に退職し、そこから転職活動をスタートさせるのは結構大変。

 

求人が増えれば、当然ライバルも増えるので最終的に問われるのは準備に。

学生時代の就職活動で入念な準備をしてた人がほとんどですが、結局やるべき事は同じ。

12月ぐらいから検討を始めて、準備を重ねていくのが理想形でしょう。

 

 

転職を始める時期としてボーナスをもらってからでもいい?

転職 ボーナス貰ってから?
転職 ボーナス貰ってから?

 

辞めると分かる人に多くのボーナスは渡さない

 

活動資金になるからこそ、ボーナス支給後に

そもそもボーナスは会社から従業員へのねぎらいの意味があります。

 

いつもありがとう、またよろしくねという感覚でいいでしょう。

前提となるのは、継続して働いてくれるという期待です。

 

辞める事が分かっている人に、果たして多くのボーナスを渡すのかどうか。

もちろんルールが確立されていれば、支給前に退職を願い出てもいいかもしれません。

 

そうでない場合、なぜか支給額が少ないという可能性も否定できないでしょう。

退職してから転職活動を始めるという方もそれなりにいます。

いわばボーナスは活動資金になるので、タイミング1つで転職活動に影響を与えるでしょう。

 

ボーナスにこだわると大変なコトも

冬のボーナスはだいたい12月に支給されるケースが目立ちます。

 

もらってすぐに退職を願い出たとしても、3月末に辞められるかどうか。

ボーナスが少なくなっても構わないのであれば、10月あたりに願い出るのも手です。

 

ただ、そのあたりは就業規則やボーナスのルールを確認すべきでしょう。

一方、同僚からすればボーナスをもらうだけもらってから辞めるのかと冷ややかに見る人も。

 

しっかりと受け取って、かつスムーズに転職するのは意外と大変。

中には泣く泣くボーナスを諦める人もいますが、すべてはキャリアアップのため。

損して得取れということわざもあるように、あまりこだわらないのも大事です。

 

 

まとめ

転職の時期は、求人に合わせるのが無難であり、その時期を逃すと大変です。

もちろん求人が落ち着く時期でも、いい案件がないわけではありません。

 

ただ選択肢が多ければ多いほど可能性は広がるのも事実。

退職時期やボーナスに関する決まり事だけは事前にチェックしましょう。

どちらも、思っていたのと違った!と気づいてからでは後の祭りです。

それらを踏まえて退職時期、転職活動時期を決めていきましょう。

転職 時期
最新情報をチェックしよう!