注目キーワード

ダイエットレシピは作り置きスープと豆腐で決定!役立つアプリも紹介

ダイエットをする上でもっとも重要な部分は食事です。

どんなに頑張って運動をしても、毎日揚げ物やラーメンなど高カロリー高糖質のものばかりでは、その運動もたいして意味を成しません。

だからと言って、野菜だけを食べていては、栄養が偏ってしまい、リバウンドの原因にもなります。

そこで今回は、「ダイエット中でもしっかり栄養が摂れるレシピの紹介」と「ダイエットに役立つアプリ」を解説します!

 

 

ダイエットレシピは満腹作り置きスープと豆腐で決定!

ダイエット 野菜スープ
ダイエット 野菜スープ

 

ダイエットレシピの中でも、代表的な野菜を中心としたスープの作り方を解説します。

 

豆腐とスープで即効痩せ!

豆腐の原料となる大豆には、『畑の肉』と言われているほど良質なたんぱく質と、ダイエットに不足しがちな栄養素も豊富に含まれています。

健康的に痩せるためにも、ダイエットレシピに豆腐を加えるのは、とても良いです。

 

豆腐にはどういった栄養素が含まれているのか

 

・大豆に含まれるタンパク質

お肉では、同時に摂取してしまう脂質の量も、大豆であれば大幅にカットでき、低カロリー

 

・大豆レシチン

脂肪肝(肝臓に脂肪が蓄積していくこと)やコレステロールを、減らす効果あり

 

・大豆サポニン

抗酸化作用があるので、活性酸素の除去、脂肪の酸化などを防ぐ効果がある

サポニンには、アディポネクチンが分泌するのを促してくれる効果がある

(アディポネクチンは、脂肪細胞から出ている物質の一種で、脂肪燃焼の効果がある)

 

・オリゴ糖

善玉菌のエサになってくれ、腸内環境を整えてくれるので便秘解消に効果的

 

・大豆イソフラボン

女性ホルモンと似た働きをし、コラーゲンを増やしてくれます。

又、新陳代謝を高めターンオーバーの正常化にも効果あり

 

大豆にはビタミンも多く含まれており、ダイエットや美容に嬉しい要素がたくさん含まれています。

 

スープダイエットのメリットと効果など

 

たくさんの野菜が摂れ、体も温まるスープは脂肪燃焼の効果がありダイエットに最適!

色々な具材を入れることで、一杯のスープでも満腹感が得られるのがメリットです。

一度にたくさん作ることができるので、お仕事や学校など忙しい人にもおすすめです。

 

スープダイエットをやる際のダイエット成功のポイントをご紹介

・イモ類(糖質の高い野菜)を入れるのは、できるだけ避ける

・野菜は、大きく切って入れたほうが。食べ応えもあり満腹感が増す

・タンパク質もしっかり摂る(筋肉量が落ちてしまうため)

・速攻で効果を実感したいなら、夜スープ置き換え

 

イモ類は、なるべくダイエット中は入れないようにし、満腹感を得られるよう具材は大きめに切るのが、おすすめです。

効果を出したくて、3食スープだけなどにすると、タンパク質不足により筋肉量の低下や代謝が落ちてしまうため、リバウンドしやすい体になってしまいます。

 

ですので、野菜スープダイエットは置き換えダイエットと併用して、やるのが効果的です。

例えば、夜ごはんに主食の代わりにスープを飲むだけでも、かなりの糖質をカットできます。

また、朝ごはんをスープに置き換えるのも良いといわれていますので、生活スタイルなどに合わせて試してみるのもいいですね。

 

豆腐レシピと脂肪燃焼に効果的な作り置きスープをご紹介

 

豆腐の味に飽きてしまった、日々の食事のカロリーを少し抑えたい人におすすめ!

簡単に作れる美味しい豆腐レシピをご紹介します。

 

かんたん!豆腐明太チーズ焼き

 

材料

・もめん豆腐(一丁)

・ピザ用チーズ(適量)

・明太子(適量)

・マヨネーズ(なくても可)

・おこのみで刻みのりなど

1 適当に手でちぎった豆腐をレンジで2分ほどチンし、出てきた水分は捨てる

2 明太子とチーズを乗せる(マヨネーズを加える場合はここで一緒に)

3 トースターでチーズに焼き目がつくくらい焼く

4 きざみのりを乗せたら完成!

 

話題の脂肪燃焼スープ(野菜スープ)の作り方

 

材料

・キャベツ(半玉)

・ホールトマト(一缶)

・セロリ(一本)

・たまねぎ(3個)

・ピーマン(1個)

・固形コンソメ(2個)

・塩コショウ(お好みで)

 

1 すべての材料を鍋に入れ10分~20分煮る

2 野菜だけでは物足りない方はウインナーを入れてもOK

 

このスープは医療用に使われているダイエットレシピでもありますので、

更に短期間で痩せたい人は以下のように1週間の食べ合わせを守るとより確実に痩せられます。

一日目→スープと果物だけ(バナナ以外)

二日目→スープと野菜だけの日

三日目→スープと野菜と果物だけの日

四日目→スープとバナナの日

五日目→スープと鶏肉とトマトの日(魚でも可)

六日目→スープと牛肉と野菜の日

七日目→スープと玄米の日

 

基本的にスープはいつでも飲んでOKです。

味に飽きてきたらカレーパウダーなどで味編しても良い。

これだけでかなりすっきりします。

 

 

野菜スープの作り置き

作りおきの方法は、冷蔵と冷凍の2種類あります。

おすすめするのは、冷凍する方法です。

野菜スープダイエット!簡単に作り置きのページの詳しく紹介しています。

 

 

 

ダイエットに役立つアプリ2選!

 

ダイエットはアプリで管理がおすすめ!メリットは?

 

ダイエットは、アプリをうまく使ってやっていくことをおすすめします。

きちんと記録に残すことで、更にダイエットへの意識を高めたり、食べる量が自然に減ってきたりといいこと尽くしなのです。

 

・ダイエットを始めたけど、食べるもの全てのカロリーをいちいち計算するのは面倒くさい

・体重や体脂肪率、食べたものを記録したい

・色々なダイエットアプリがあって、どれを使ったら良いのかわからない!

これからおすすめするアプリを使って効率的にダイエットを成功させていきましょう。

 

おすすめのダイエットアプリ2選

 

YAZIO

 

・体重、身長、目標などを設定すると一日の適切な摂取カロリーを教えてくれる

・食べた物のカロリーなどを自動で計算してくれ、よく食べる食材の登録ができる

・ファスティングする際などに、カウントダウン機能がついている

・チャレンジ機能があり、「ファストフードなし」「お酒なし」「スイーツなし」など出来そうなものから試していける

・ヘルシーレシピがアプリ内で見られる

・自動で歩数を記録してくれる(ヘルスケアとの連動可)

 

YAZIOは使い方もシンプルでとてもわかりやすいです。

登録は無料でできるので試しに一度使ってみるのもありです。(内課金あり)

自分の一日に必要な摂取カロリーを知ることができ、毎日の体重を入力するだけで目標

体重までのおおよその期間なども教えてくれるので自分への励みにもなりますよ!

 

RecStyle

 

・まさにシンプルイズベストなアプリ

・毎日の体重や体脂肪率などを記録できる

・「食べ過ぎ」「アルコール」「お通じ」「運動」などスタンプを付けられる

・メモ機能があり食べたものやその日のことなどを記録できる

・体重の変化をグラフで見ることができるのでわかりやすい

・ヘルスケアとの連動が可能

 

こちらは、YAZIOよりも更にシンプルで、レコーディングを行うには最適なアプリです。

決まった時間に通知を受け取ることも可能なので忘れてしまう心配もありません。

グラフにして変化を見ることができるので、とても便利で使いやすいアプリです。

 

ダイエットレシピ
最新情報をチェックしよう!