注目キーワード

営業に向いてると言われた人|向いてないと言われた人|真実を伝えます

・実は営業向いてる人は、明るく話し好きな人ではない。

・営業に向いてる人は、お客さんから選ばれる人

・本当は、明るく話し好きな人は営業に向いてない

・営業に向いてる人は、実は無口で大人しい人

 

営業に向いてると言われた・営業に向いてないと言われた、そんな経験を

数多くの人が経験していると思う。

しかし、他人の無責任な意見に、右往左往することはありません。

言ってる人たちは、全く無責任だからです。

 

ただ、営業に向いてる人と営業に向いてない人は、存在します。

私は、過去40年間営業の仕事をしてきました。

1人の営業マンとして20年間、営業リーダーとして10年間、社長として10年間の

経験の中から、営業に向いてる人と向いてない人が実在することは感じています。

 

先に、話のポイントを説明しました。

一般的に思われる営業に向いてる・向いてないという見方が間違えていることを

お伝えしています。

現実は、真逆です。

 

 

 

営業に向いてる人と言われた人 あなたは外向的?内向的?

実は営業に向いてる人は、明るく話し好きな人ではない

 

適性診断・適性検査というものがあります。

どんな仕事に向いてるか、あるいは向いてないのか、が分かるとされています。

 

結果をいいますと、「適性診断」は、当てになりませんでした。

何度も使った経験がありますが、適性なんて分かりません。

分かるのは、性格の傾向だけです。

他人の無責任な意見とあまり代わり映えしません。

 

外交的な人が営業に向いてると言われた誤解

 

このことに関して、世間の認識は間違っています。

私も、当初社会人になりたての頃、まちがえていました。

明るく社交的な人の方が営業に向いてると思ってました。

 

真実は、逆だと思います。

今、40年間の営業職の経験をしてきて、そう思います。

明るく社交的な人、外向的と言われた人は、実際には営業に、それほど向いてません。

 

明るく社交的な人、外向的な人が、営業に向いてると言われた理由は、人と接しているその明るい雰囲気だけを、切り取ってそう誤解して言われ続けてきたのです。

 

相手の話に、うまく合わせて、明るい雰囲気で、場を盛り上げてるように見えたからです。

しかし、そこの場面には、誤解があります。

 

盛り上がっている風に見えるその場面をよくよく見てみると、その人が中心となって、

大きな声を上げて、明るく演出しているだけなんです。

実は、声を上げているのは、その本人なのです。

 

そのやり方を営業の商談場面に持ち込むと、見事に失敗します。

営業の場面をコントロールするには、裏に回って、話を引き出して、自分は控えめにいて

いつでも動けるようにしている必要があります。

 

この仕事の役割が、明るく社交的な外向的な人には、向きません。

なぜなら、明るく社交的な外向的な人の心理には、相手を盛り立てる・相手から話を引き出すという考え方がないからです。

 

 

営業に向いてると言われた人へ あなたがもし内向的な人柄の場合

 

そのように言った人は、営業の先達ですね。

つまり、その人はどういうタイプの人が営業としてうまくいくのかを知ってる人なのだと思います。

 

営業成績がいい人に共通している要素というのは、ことごとく内向的な人の性格と一致します。

自分が表立って主体となることはなく姿勢が謙虚であること。

顧客に話をしやすく、導きの一言をいいタイミングで言ってくれる。

顧客は気づいたら、喋らされていて、余計なことを言ってしまい、契約から逃れられなくなる。

 

これらの事というのは、自分が主体になって話しているとできない事なのです。

つまり、相手の話をよく聞いて、ペースに合わせたり、時々導いたりすることが

できるタイプ、つまりどちらかと言えば内向的と言われる人たちなんです。

 

ですから、どの業界においても、トップクラスの営業スタッフは、内向的な人材が多いです。

外向的で、トップクラスの営業マンという方が少数派です。

 

 

営業に向いてないと言われた人  あなたはもの静かで、どちらかと言えば暗めの人ですか?あるいは明るく誰とでも話せる人ですか?

元気ない

 

営業に向いてない人と言った人は、どの程度営業のことを知ってる人でしょうね。

さほどの実績のない同僚や上司が言ってるのなら、全く気にする必要はないです。

なぜなら、それは間違いだからです。

 

私はこの職種を40年もやってきました。

その実績と自分自身の経験からもそういえます。

 

あなたは暗めの人ですか?

もし、あなたはがもの静かなタイプで、他の人といると何も話さないでいる時間が多く、

一言で言えば「暗い」方の人であるなら、私と同じタイプですし、トップクラスの

営業に共通するポイントをお持ちだということです。

 

その暗めの性格こそ、営業に向いてます。

あなたは、相手のいう言葉をよーく聞いてるはずです。

なぜ、そんな言葉を発したのか、どんなつもりで言ったのか、と考えてるはずです。

相手と話していても、常に各方面に、注意する気持ちが飛び交ってるはずです。

 

それら全部こそが、営業に必要な要素です。

 

明るく外向的な人ですか?!

 

もしかして、明るくて外向的な人なのに、営業にむいてないと言われました?

もしそうなら、それをあなたに言ってくれた先達は、営業ができる優秀な人かもれしれません。

 

もちろん、明るい性格の人でも、成績優秀な人もいます。

その人は、人知れず、ものすごく努力をしているのだと思います。

だって、素のままでは、向いてない人なのですから。

素のままでは、ついつい自分だけ、喋っちゃうタイプなんですから。

 

ちょっと、言いにくいですが、相手より自分が先のタイプなんです。

ですから、謙虚にはなれないのです。

 

それを見抜いたのですから、営業に向いてないと言われた時の相手が先輩なのか上司なのかは、なかなかのタイプです。

 

 

 

 

営業に向いてる人は、相手・お客さんから選ばれる人ということ

営業に向いてる人は、お客さんから選ばれる人

 

当然のことですが、営業に向いてる人とは、すなわちお客さんから信頼が厚いということです。

 

つまり、お客さんに信頼される人と言い換えることも出来ます。

そんな人ですから、当然営業成績も知らず知らずのうちに、高いゴールまで上がっていきます。

 

では、お客さんに信頼される人は、どんなタイプかということなんです。

様々な業界にいるトップ営業の人たちのタイプは、実は地味で控えめでおとなしい感じの人が多いことを知っているでしょうか。

仕事ぶりは、実に地味です。

しかし、彼らは、共通してお客さんに、とことん信頼されています。

 

筆者の知っている車の販売で、トップクラスの人は、非常に地味です。

お客さん宅に訪問しても、車の営業はほとんどしません。

 

車購入の決定権は、ご主人か奥さんが持っているはずです。

ですが、彼はお客さん家族全員の誕生日をメモしていて、毎年家族全員の誕生日にカードを送っています。

非常に地味です。

しかしお客さんは、車を入れ替えするときには、彼以外の営業の顔を思い浮かべることは出来ないのでしょうね。

強力な信頼関係を築いているのです。

 

結局、本当に営業に向いてる人というのは、実は、やってることは、ものすごく地味なんです。

決して、話し上手でもない。

控えめで、どちらかと言えば、内向的で、目立たないくらいの存在の人なのかも知れません。

ただ、小まめに相手(お客さん)のことを気遣える人なのです。

 

 

 

営業 向いてる 向いてない
最新情報をチェックしよう!