本のアプリで読書から管理まで|絵本から漫画・英語まで

本のアプリ 読書
スポンサーリンク

本を読むときに便利な、読書系アプリがたくさんあります。

アプリを使いたいけど、良くわからなくて、どうしようか迷っている。

各アプリにはどんなメリットがあるのか、子供が使うときに注意すべきことはあるのか、所有する本が増えてきたらどうしたら良いか、出来ることの特徴は何があるのか。

検証しました。

 

スポンサーリンク

読書は本のアプリで読む!使う前に知っておきたいこと

本を読むアプリ

読書をするときに、紙の本でなければ、読んでる気がしないなどと思う人もいるようです。

もちろん、紙の本には、紙の本の良さもあります。

紙の本であれば、メモを書き込んだりも出来ます。

 

しかし、読書系のアプリにも、紙の本を読んでいるかのように、便利なアプリがたくさんあります。

本を読むアプリの中で、メモをしたり、辞書を調べることも出来るようになりました。

当記事では、読書系のアプリに特化して解説してまいります。

 

アマゾンの本アプリといえばKindle

Kindleといえば、筆者も愛用する電子書籍リーダーとアプリです。

Kindleアプリはデバイスを選びませんし、パソコンもWindows用とMac用、そしてスマホには、iPhone・アンドロイド、そしてiPadなどのタブレットにも、それぞれの端末に専用のアプリが用意されています。

また、専用のKindleのリーダーも各種販売されています。

アマゾンのKindleアプリをインストールした後は、amazonのアカウントでログインします。

過去の作品を無料で読むことができます。

その数は、なんと1万冊以上です。

amazonのホームページから、Kindleストアにログインし、320万冊以上の在庫から、ベストセラーから、最新作まで選ぶことができます。

最初の部分を試し読みができるのは、amazonの本アプリの特徴です。

大事なところにマーカーを引くこともできます。

マーカーは、他のKindleユーザーと共有することもできます。

複数の端末で使えば、開いて数秒で同期しますので、別の端末で読む時に、続きから読むことができるのも嬉しい機能です。

 

小学生が読む本もアプリは無料

小学生が読む児童書を読むのもアプリが有効です。

アプリ自体は、無料で、ほとんどのアプリがIOSとアンドロイド版で使用可能です。

 

小学生低学年用には、絵本を読めるアプリもあります。

児童書でキッズ向けの本も選べます。

 

英語の本もアプリで読む

英語を読むニーズは、単に小説を原文で読みたいなどの他にも、英語力を高めたいなどのニーズもあるでしょう。またTOEICで、高得点を狙うために、必要なのかもしれません。

そういうニーズから、英語の本アプリを選ぶと良いです。

 

迷ったらこれが良いかも

  • POLYGLOTS(無料)|リーディング・リスニング・スピーキングの他にも役立つ優秀なアプリです。

英語でニュースを読むことで英語力を高めたいなら

TOEIC対策なら問題集がおすすめです。

 

本を読むなら紙も良いが電子書籍アプリが便利

読書が趣味の人に、意外と知られていない、スマホの読書系アプリ。

アプリを使えば、本を簡単に読むことができます。

電子書籍と呼ばれるアプリです。

これまで紙の本では有り得なかった「無料の本」が多数あります。

本の最大の特徴は、ネットにありがちな混合玉石の情報ではなく、編集者により洗練された、信頼できる内容は、本ならではの物です。

書店に行き購入する手間もはぶけ、置く場所にも困らないことも魅力です。

 

読書を本のアプリで読むことをおすすめする理由

アプリを使うと紙の本よりも、時間と場所を気にせず、便利に読むことができます。

アプリならスマホやタブレットで読むことができます。

おすすめの使い方やメリットをお伝えしていこうと思います。

 

読書を本のアプリで読むメリットその1

メリットの一つ目は、生活スペースを圧迫する本棚が必要ないことです。

アプリなら、スマホやタブレットの中に、本棚が出来上がります。

本棚スペースは、必要なくなります。

 

また、本棚の場合は、探す時間が必要になります。

読みたい時に、すぐ読めないこともあります。

アプリなら、検索機能を使えば、読みたい時にすぐに読むことができます。

 

読書を本のアプリでするのメリットその2

メリットの二つ目は、本屋に行くことなく、購入出来ることです。

アプリなら、スマホやタブレットで、欲しい本をすぐ購入でき、すぐに読むことが可能です。

 

メリットの三つ目は、外出時に本を持ち運ばなくて良いことです。

本を読むタイミングが、通学・通勤時(電車の中)という方も多いと思います。

アプリなら、スマホで読めるので外出時の荷物にならず、いつでも読めます。

 

 

本をアプリで読む2つの方法がある

本のアプリで読書をする方法は、2つあります。

一つは、電子書籍アプリで本を読むということです。

もう一つは、紙の本をスキャンし、PDFデータに変換し、PDFのリーダーアプリで読む方法です。

 

現在は、AmazonのKindleをはじめとして、電子書籍で読める本がたくさん販売されるようになりました。

しかし、数年前までは、現在ほど電子書籍の数が少なかったことから、読書家たちは、手持ちの本をスキャナーで、スキャンする自炊と言われた方法で、PDFデータに変換して、スマホやタブレットで読んでいました。

 

しかし、現在は、多くの本が電子書籍化され、オンラインストアから購入し数秒後には、リーダーやタブレットで読める時代へと進化しました。

 

 

読書をするための電子書籍アプリを紹介

読書のための本を読むアプリは、現在ではたくさんあります。

それらの中から、電子書籍アプリを紹介します。

 

amazonの本アプリはkindle

アプリで読書することから少し離れて、WEBアプリ開発に興味がある方へ向けた案内をしていきます。

Python【パイソン】は、プログラミングの学習に最適な言語です。

最新の人工知能や機械学習・ビックデータ分析、大規模Webアプリも開発できる、人気の高い言語でもあります。

 

Pythonを学習していくうえで、初心者が選ぶと良い本の特徴を紹介します。

Pythonを学ぶだけではなく「この機能はどんなときに使えるのか」を紹介している。

基本的な文法はもちろんのこと、スクレイピング、データ分析、Web開発など現場で求められている開発の手法を説明していること。

文法がわかる方でも辞書の代わりとして利用可能なこと。  

 

 

楽天の本アプリはKobo

楽天の本アプリはKoboです。

電子書籍を扱うストアは、楽天Kobo。

 

amazonのKindleが、ビジネス系の書籍も多く揃えているのに対して、楽天Koboは、エンターティメント系が多いのが特徴です。

こちらのアプリもKindleと同様に、マルチデバイス対応になっていますので、各種のデバイスで読むことができます。

もちろん、書籍のデータはクラウドに保存することができます。

amazonのKindleのように専用リーダー端末も販売されています。

価格の方は、amazonのKindleの方が、同スペックで見比べると、低価格設定になっています。

 

読書を本のアプリで読むだけではなく管理や記録もできる

本アプリの基本性能は、本を読むためのものですが、読書の管理や記録も出来ます。

読書量が多い人は、本の管理や記録も大変です。

紙の本だと、場所も必要になりますし、整理も大変になります。

 

その管理も大変ですが、電子書籍ならば、在庫のスペースも必要ありません。

例えば、Kindleのアプリだと、数千冊を端末に保存して、タイトル順に並べたり、著者別に管理することも簡単ですし、数千冊の在庫から、検索し瞬時に見つけることが可能です。

読書が終わるごとに、自分なりの書評を記録していくことで、後々に記録から調べることも可能です。

 

おすすめする本を管理記録するアプリのトップ3は以下の通り。

1)読書管理ブクログ

本のバーコードを読みことで、本の管理ができます。

自分だけの書棚ができていくイメージです。

自分の読書量をグラフで見ることも可能です。

2)読書メーター

端末アプリだけではなく、ブラウザでも利用可能です。

他のユーザーの読書感想を読むことができたり、シェアできます。

機能は、アプリよりもブラウザの方が、豊富です。

3)Readee

こちらのアプリも自分の本棚に整理していくイメージです。

バーコードを読んで登録する機能もあります。

本の内容を記録し、後でどんな本だったかを読み返すのに向いています。

他のユーザーと本の評価を共有できる機能もあります

 

小学生が、本アプリを無料で使う時に注意すべきこと

多くのメリットがある電子書籍ですが、小学生が使う時には、注意すべきことがあります。

スマホ・タブレットから本を購入できるため、小学生でも購入ボタンを押したり、好きな本を買ったりできてしまいます。

これを防ぐ為に、「機能制限」をしましょう。

 

電子書籍リーダーの設定に、「機能制限」の項目があります。

ストアへのアクセスを制限する、書籍の購入が出来ないようにする、等の設定があります。

また、スマホやタブレットの場合は「ペアレントコントロール」を設定し、課金の制限ができます。

こうすれば、子供がアプリでの読書をしても安心ですね。

 

まとめ

読書にアプリを使うメリットはとても多いと思います。

スマホ・タブレットの最大の特徴は、持ち歩きができ、いつでもどこでも、少しの時間があれば気軽に読書が出来ること。

読みたいときに、読みたい本を探すことも簡単にできます。

本棚の整理も簡単にできます。

 

 

関連記事

  1. 読書
  2. 読書アプリで出来ることは何?読めない漢字もアプリで大丈夫
  3. 本のアプリで読書から管理まで|絵本から漫画・英語まで     *当記事
  4. 読書メーター ログインからの使い方
  5. 本を聞くアプリが無料で使える!通勤時間も有意義になる!
  6. 本の要約をアプリで読む|フライヤーだけじゃない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました