不動産売買で知っておいて損はないケースについて

契約後のキャンセル 手付金は?不動産

不動産売買、特に個人間売買では、その方々のケースにより、様々なケースがあります。

特殊なケースと思えることでも、自分の身に起きないと言い切れるものではありません。

知っておいて損はありません。

 

 

スポンサーリンク

不動産の売買契約をする際の手付金|契約キャンセルの時には戻るのか

契約後のキャンセル 手付金は?

不動産の売買契約について、その後の状況変化等によって、契約がキャンセルとなる場合があります。

一般の買主さんは、契約をキャンセルする場合、手付金はそのまま戻るものと思っている方もいるようです。

しかし、実際には、手付金が戻る場合もありますが、戻らない場合もあります。

契約キャンセルが、「白紙解約」の条項に該当するのか、「契約解除」の条項に該当するのか、によって、扱いが変わります。

また、それは売主や不動産会社によるものではありません。

不動産の売買契約という法律行為に対する、法律に沿った扱いの違いによるものです。

詳しくは、当記事下のリンクから、本文をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

不動産を個人間で売買するのは可能だが、多くの注意点がある!

個人 売買

不動産の売買をするときに、売主であれば、誰しも一度は考えるかもしれません。

売買契約が成立したときには、不動産会社に仲介手数料(宅建業法による速算式 3%+6万円)を支払います。

不動産の価格は、一般的に生涯の買い物の中で最大のものであり、金額が大きいものです。

それに対して、仲介手数料は、決して安い金額ではありません。

ですので、「個人で売れるなら、仲介手数料を払わなくていい」と、考える人もいると思います。

ただし、不動産会社が、国の免許や書類を作る人も宅建士という国家資格を持った人が作るだけの理由があるのです。

多くの注意点があり、個人間売買ではカバーし切れないからです。

不動産会社に仲介手数料を支払って、仕事をしてもらう必要性があるのです。

詳しくは、当記事下のリンクから、本文をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

不動産売買契約で買主にあったら知人だった|個人間契約に変更できるか?

個人間契約に変更

不動産の売買取引の話がまとまり、契約の場面に行ったら、相手は知っている人だった、ということが時々あります。

不動産は、隣近所の方が、購入するということがあるからです。

その場合、契約を個人間の契約に変更して、仲介手数料を節約できないか、と考える方もいます。

前述の内容に少し似ていますが、個人間の契約は、とてもリスクが大きく、専門家ではない売主と飼い主で商談を進めていくことは、かなり難しいことです。

さらに一旦契約をした後の変更となれば、尚のことです。

不動産の契約は、法律行為なので、所定の手続きを踏まなければ、簡単に変更したり、やめたりすることは、できません。

詳しくは、記事下のリンクから本文をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

民法改正「契約不適合責任」で売主の責任と負担は増える

民法改正 契約不適合

2020年4月に、改正民法が施行されています。

不動産取引に関連することも新しく取り決めされていることがあります。

従前は、売主の立場が守られている傾向がある内容でしたが、4月以降の新民法では、売主の責任や負担が増える内容になっています。

結果的には、立場と責任が、中立になったという見方もあります。

 

 

 

詳しくはこちらから

  1. 不動産売買・価格・相続について
  2. 不動産売買で知っておいて損はないケースについて(当記事)
  3. 不動産価格が上がる原因・下がる原因の仕組み
  4. マンションの価格に異変!
  5. 不動産の相続には注意すべきポイント
  6. 不動産の売買契約をする際の手付金|契約キャンセルの時には戻るのか
  7. 不動産を個人間で売買するのは可能だが、多くの注意点がある!
  8. 不動産売買契約で買主にあったら知人だった|個人間契約に変更できるか?
  9. 民法改正「契約不適合責任」で売主の責任と負担は増える
タイトルとURLをコピーしました