不動産の諸費用について

仲介手数料諸費用

不動産の売買には、売却するとき・購入するとき、さまざまな費用が発生します。

不動産の売買には、仲介手数料が発生しますが、それ以外にも発生します。

 

 

スポンサーリンク

不動産売却の仲介手数料は売主と買主はいつ支払うのか

仲介手数料

不動産売却の仲介手数料は売主と買主は、いつ支払うのか。

仲介手数料は、成約報酬です。

ですので、売買契約が締結することが、仲介手数料を払う条件です。

決済でも、引渡しでもありません。

しかし、一般的には、売買契約成立時に50%、引渡し完了と同時に50%という方法をとっている会社が多いようです。

また、売買契約締結が仲介料を払う条件です。

ですので、売主と買主のどちらかの都合で契約解除する場合でも、契約自体は成立しているので、仲介料の支払い要件は無くなりません。

 

 

スポンサーリンク

仲介手数料には消費税がかかります|不動産会社社長が解説

仲介手数料 消費税

仲介手数料には、消費税がかかります。

個人売買の場合の仲介手数料は、売買金額が、計算の基になります。

売主が企業の場合は、少し違います。

企業の場合は、売買金額に消費税を含んでいます。

ですので、仲介手数料の計算の基になるのは、売買代金から、建物の消費税を差し引いた分です。

土地の売買取引の場合は、消費税がかからないと聞いた事がある方もいると思います。

消費税がかからないのは、売買取引の契約についてです。

仲介手数料のことではありません。

仲介手数料の消費税は、土地の契約や、マンション、戸建てでも、全て、仲介手数料については、消費税がかかります。

 

 

スポンサーリンク

不動産の仲介手数料が半額・無料の3つのリスク|不動産会社社長が解説

仲介手数料 無料

不動産の売買取引では仲介手数料が発生し、不動産会社が受け取る事が、法律で定められています。

しかし、不動産会社の中には、ライバル企業との競争で、仲介手数料を無料や半額という無理な戦略を取っている会社もあります。

顧客としては、仲介料が半額や無料になって、お得だと感じる方も多いと思います。

しかし、半額や無料には、リスクがあります。

不動産で仲介を行なっている会社は、仲介手数料は、売上であり、利益であります。

つまり半額や無料では、仕事はするが、報酬を得ないということになります。

そのような仕事に、ミスがあった場合、ミスについての責任を追及できるでしょうか。

仕事にミスがあった不動産会社に、仲介を払わないということは、あり得るかもしれません。

しかし、報酬がない仕事では、責任ある仕事を期待できないかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

不動産売買の仲介手数料が高いのではないか?!

仲介手数料

不動産会社は、不動産の売買取引に関して、取引保証を持っています。

手数料が、価格に関係なく、手数料率が一定なのは、売買取引の金額に応じて、責任も大きくなるからです。

価格が大きい物件の売買取引に、万が一、ミスがあった場合、買主と売主に与える損失は大きくなる可能性があるからです。

不動産売買では、仲介手数料以外には、不動産会社が受け取る手数料はありません。

ただし、例外は、売主の意向による広告をお願いした場合だけです。

 

 

スポンサーリンク

マンション売却の費用には手数料以外にかかる費用があります

マンション売却費用

マンション売却の費用には、手数料以外にかかる費用があります。

マンションの売却には、仲介手数料が必要なことは、よく知られています。

手数料以外にかかる費用は以下の通りです。

  • 登記の表示変更費用
  • 抵当権抹消費用
  • 残地物処分費用
  • 権利証を紛失した場合の費用
  • 補修費用
  • 特別の広告費
  • ハウスクリーニング

 

 

スポンサーリンク

土地売却時の解体費用は

古屋の解体

土地を売却する際には、建物の状態によっては、解体する場合があります。

建物が古い場合や、欠陥がある場合は、建物の修理に莫大な費用をかけるよりも、建物解体する前提で、土地の売買取引を行う場合があります。

建物の解体費用がいくらかかるのかは、建物の面積だけではなく、構造によって、異なります。

建物の解体費用は、必ず売主が負担すると決まっているものではありません。

売買価格を含めた諸条件の中で、売主と買主が合意できる条件を見つけます。

不動産会社が、売主と買主の間に入り、調整し取引成立へとまとめてくれます。

 

 

スポンサーリンク

不動産売却時にかかる税金|不動産会社社長が解説しています

売却 税金

不動産売却時にかかる税金は、不動産譲渡所得税と言います。

翌年には、住民税も発生します。

不動産取得税は、買った時の金額と売却した金額が、計算の基礎になります。

買った時の金額には、減価償却も考える必要があります。

また、購入時にかかった諸費用と売却にかかる諸費用も合わせて、売却した金額から差し引く事ができます。

その結果、プラスになれば、税金が発生します。

 

 

スポンサーリンク

マンションの登録免許税はいくらなのか?マンション購入検討なら知っておいた方が良い

マンション 登録免許税 いくら

登録免許税というと、聞きなれないかもしれません。

登録免許税とは、登記費用の中の内訳の一つです。

登記費用は、登録免許税と司法書士手数料の合計で、できています。

登録免許税は、固定資産税評価額から算出します。

不動産登記には、表題登記・所有権保存登記・所有権移転登記があります。

 

 

スポンサーリンク

相続した実家を売却する場合、空き家なら税金は3000万特別控除される

税金控除

相続した不動産が、条件に合えば、3,000万円特別控除の特例が受けられます。

自己所有のマイホームを売却した場合と、マイホームではない不動産を売却した場合の、税金の扱いは異なります。

条件に、合致すれば、自己所有のマイホームでなくとも、3,000万の特別控除が受けられます。

 

 

 

関連記事一覧

  1. 不動産売買に関連する諸費用
  2. 不動産の諸費用について(当記事)
  3. 仲介手数料には消費税がかかります|不動産会社社長が解説
  4. 不動産の仲介手数料が半額・無料の3つのリスク|不動産会社社長が解説
  5. 不動産売却の仲介手数料は売主と買主はいつ支払うのか
  6. 不動産売買の仲介手数料が高いのではないか?!
  7. マンション売却の費用には手数料以外にかかる費用があります
  8. 土地売却!古屋解体費用はいくらかかるのか?売主と買主のどちらが負担する
  9. 相続した実家を売却する場合、空き家なら税金は3000万特別控除される
  10. マンションの登録免許税はいくらなのか?マンション購入検討なら知っておいた方が良い
  11. 不動産売却時にかかる税金|不動産会社社長が解説しています
  12. 土地の売却時の税金について|元不動産会社社長が解説
タイトルとURLをコピーしました