注目キーワード

不動産一括査定サイトは不安ですか?査定をしても必ず売却しなくてもいい

エリアや間取りをはじめとした査定に必要な項目を一度打ち込むだけで、

いくつかの不動産仲介会社から、

不動産売却査定価格を案内してもらえる

「一括査定サービス」が注目を集めています。

 

でも、査定をしたら、売却しないといけないかも、という不安をお持ちではないですか?

業界30年の経験から解説します。

 

一括査定サイトの不安?売らなきゃいけない思ってます?

不動産一括査定サイト 不安

 

確かに、不動産会社の中には、

査定をしたのだから、「売却するんですよね」という態度で

接してくる不動産会社もあると思います。

 

実際の売却が、今月であってもいいですが、

もしかすると、今年中かもしれない、

場合によっては、近い将来だが、何年後かわからないということでも

一括査定サイトに登録することは、悪いことではありません。

 

そこは、売主の都合によるものです。

一括査定サイトはほとんど机上査定です。

 

不動産会社によっては、現地確認や必要書類を取らずに

過去の取引事例から、

概算価格として、提案する会社もあります。

 

つまり、依頼する売主側も、そのくらい精度の低い査定であることを

踏まえて、一括査定サイトをに登録するのは、構わないことです。

不動産会社からの連絡が増えると思いますが、

責任を感じた対応を取る必要はありません。

 

ただし、繰り返しですが

本当に概算価格であり、

参考価格なのだと理解しておく必要があります。

 

つまり、「あてにならない価格」という前提でいなければ、

実際に、建物の外装や室内状況をみてもらうわけではないのですから、

後日、本当の売却査定をしたときに、

数百万円の開きがあったとしても

それでよしとすることです。

 

 

不動産一括査定サイトの不安は、信頼度が低いことです

不動産一括査定サイト 不安

 

前述しましたように

一括査定サイトに登録をして、各不動産から、出てくる査定価格は

ほとんどあてになるものではありません。

 

ですから、やっても意味がないということでもありません。

実際の売却が、

いつになるかは、まだまだ不透明という段階であれば、

やっておいて損はありません。

 

その後の不動産会社からの対応を受ける中で、

熱心にやってくれる会社・担当者なのかを見分けることも

可能です。

 

多くの不動産会社では、営業社員は、

歩合制の給料になっています。

ですので、目先の営業成績につながることに

一生懸命になります。

 

そこで、すぐには売却に進まないと思うが

数年後の参考のために、聞いておきたい、と

売主が答えた後、

プツンと音沙汰なしになる営業担当は、少なくありません。

というか、ほとんどがそうかもしれません。

 

そんな中に、その後も何かと気遣って、声がけや

情報に関するメールをくれたりする営業担当もいます。

そういう担当者には、人柄の良さと誠意を感じるものです。

 

きっと、あなたの不動産売却を実際に進める場面でも

そつなく、トラブルなく、安全に、売却を完了まで

導いてくれます。

 

目先の営業成績に縛れている営業担当は

配慮がなく、営業都合での売却提案をしてくるものです。

 

そういった

使い方を、不動産一括査定サイトに求めるならば、有効な方法だと思います。

 

 

不動産一括査定サイトを利用する際の注意

不動産一括査定サイト 不安

 

不動産一括査定を利用する際の注意について、説明します。

 

ネットの広告にもありますが、高く売れるのが、不動産会社を選ぶことで

違いがあるのだというような思いを持っている売主が

意外に多くいます。

それは完全に広告に乗せられている姿です。

 

今の時代のように、ネット上にあらゆる情報が掲載されていて

不動産業者に限らず、誰でも検索すれば知ることができる時代に

不動産会社だけが、担当者だけが持っている情報というものは、

ものすごく少なく小さい些細なものしかありません。

 

そんな時代の中で、不動産が相場以上に高く売れるということは、

需要と供給のバランス以外には、ありません。

不動産会社によっては高く売れるとか、

営業担当者によっては、高く売れるということは、あり得ません。

 

過去の相場よりも高く売れるという現象は、

売ってる物件の数が少なく、世の中にそれを欲しいと考える

買主の数が多いというバランスの時以外には、

相場より高く売れるということは、起きないのです。

 

ですから、物件を見てもいない段階で、

提案された価格の中で、高く売ってくれる会社を探すというのは

売主の大きな勘違いです。

一括査定サイトの広告に、踊らされている姿です。

 

考えてみれば、わかることですが、

不動産の中古物件売買は、ほとんどが、個人売買です。

高く売れるということは、

過去の相場より高く買う買主がいるということになります。

 

よほどの理由がない限り、高く買う、つまり損しても買いたいと

思うことはあり得ないのです。

 

ですから、広告で「何百万円も高く売れた!」という広告を

信じることには、よくよく注意をすることです。

前述の「損かもしれしないが、買いたい」というその場所・その物件に

強いこだわりがあって、高く売れた事例に基づいて

広告しているだけなのです。

 

 

まとめ

 

予定が決まっていない段階での、不動産一括査定サイトの利用は有効です。

どの会社が、どの担当者が、どのくらい親身になってくれるのかを

見分けることができます。

 

そういう担当者は、不動産一括査定サイトの登録直後から、数ヶ月経過しても

何らかの形で、声がけや情報メールをくれるものです。

 

広告でうたわれているような、価格比較のために、

不動産一括査定サイトに登録するのは、

あまり意味がありませんので、ご注意ください。

一括査定サイト 不安
最新情報をチェックしよう!