注目キーワード

マンション買取と仲介のメリット・デメリット|事前の情報収集と担当選びが大事

突如として最寄りの不動産専門会社に顔を出すのは、賢明じゃないですね。

マンション売却でドジらないためには、しかるべきマンション売却の成功法が存在します。

 

 

マンション買取と仲介|不動産の無料査定で価格を知っておく

不動産買取と仲介

 

不動産買取の場合は、不動産業者が直接的に買い取るという形になります。

単純に言うと、これまで乗り続けてきた車を中古車屋さんに売り渡すというイメージですね。

実際のところ、不動産の売却価格は、買い手と売り手両者の話し合いで決まるのが一般的です。

 

 

しかし、それより先に不動産無料査定を実施して、ざっくりした金額を把握しておくことは大切です。

3~4社の不動産業者に不動産査定をお願いすれば、相場を理解することが可能になるでしょう。

少ないよりは、多くの業者に査定を行なってもらうようにすれば、実際的な数字のマンション相場を知ることができるようになります。

 

長い間同一のマンション売却の募集をしている状況だと、「このマンションは誰一人振り向かない物件だと想定される!」と思い込まれるはずです。

そういった事態になる前に売り払うことも要されます。

関連記事

現役不動産会社社長が不動産の買取保証制度のメリットとデメリットについて解説します。 制度としましたが、一般の売買仲介とは違い、法律で決められた仕組みではありません。あくまでも、不動産会社の一つの[…]

不動産買取

 

マンション買取と仲介|不動産会社各々の特徴や得意エリア

 

当然ですが、不動産会社というのは、各社が得意としている不動産の種別や熟知している地域がございます。

そういう背景から、それを考えずに、むやみに不動産会社を増やして、家の査定を実施してもらうようでは、時間がかかりすぎてしまいます。

 

家を売却すると決断した際に、先ずに気になってしょうがないのは、所有している家がいくらになるのかだと思います。

エリアに詳しい会社等の中で、複数の不動産関連会社に査定を依頼すれば、現実に近い金額が明らかになります。

 

不動産専門会社に、直に買い取ってもらう形のマンション買取は、仲介による売却と比べて、有利な選択肢だと思う人が多いかもしれません。

しかし、マンション買取とマンション仲介には、それぞれプラス要素とマイナス要素が見て取れることも覚えておいてください。

不動産査定を実施する場合には、不動産の購入者を頭に浮かべて、購入見込み者が重きを置くポイントを考慮して、査定を実施することが大切になります。

 

 

不動産買取と仲介のメリットとデメリット

 

不動産買取の場合のメリット

何と言っても、依頼してから、代金が支払われ、所有権登記が移転するまでの期間が短いことです。

それから、売主として、物件に対する補償責任を持たなくて良いことです。

また、仲介のように、いつの時点で、いくらで売れるのだろうか、というストレスの貯まる日々を過ごさなくて良いことです。

 

不動産仲介の場合のメリット

買取と仲介のメリットとデメリットは、背中合わせです。

仲介のメリットは、少しでも高い価格での成約の 可能性に期待出来ることです。

買取の場合、不動産会社は、後日リフォームをして再販します、

ですので、仲介の価格よりも、買取価格の方が低い価格になるのが一般的です。

 

ただ、不動産会社の見込み違いや急激な社会環境の変化によって、仲介でなかなか売れず、

買取見込み価格と変わらない価格で成約になることも無いわけではありません。

 

不動産買取のデメリット

これはやはり価格です。

不動産会社が、リフォームして再販をする前提で買い取りしますので、当然買取価格=物件の仕入れ価格は安い方がいいわけです。

 

ただ、実際には、買取価格も一者だけの商談でまとまることはありません。

買取価格を数社から出してもらって、買い取ってもらうわけですから、そう悪くは無い方法です。

 

もう一つのデメリットは、立ち退きを急がないといけないことです。

再販する不動産会社としては、早く立ち退いてもらいリフォームをして、再販しないと、市況が変化すれば

見込通りに再販出来なくなります。

そのため、立ち退き時期は、ゆっくりとしていられない、ということになります。

 

不動産仲介のデメリット

仲介のデメリットは、査定価格についても、売れる見込についても、あるいは不動産会社が得意とするエリアであっても、全てが確定していないことです。

すべて、可能性ということです。

 

確かに買取価格よりも高く売れる可能性はあります。

しかし、売り出してる間に、他にもっと安くて良い物件が売り出されれば、自分の不動産が売れる時期は遠のきます。

不動産市況の中には、エリアの需要というものがあり、年間に売れる物件数は、ほぼほぼ決まっています。

 

年間に100物件が売れるエリアに対して、もしも200物件が売りに出れば、比較されて安くて状態の良い物件から売れていくのが当たり前です。

仲介のデメリットは、未来の予測も含めて、確定している情報は、一つとしてありませんので、

何かが狂えば、期待通りにはならないということです。

関連記事

不動産の売買契約成立に伴い、不動産会社は、売主あるいは買主から仲介手数料を受け取ることが出来ると、宅建業法で決められています。しかし買主さんは、仲介会社に支払う仲介手数料を余分なものと考えている傾向が有ります。 […]

仲介手数料 無料

 

 

マンション売却で、売主が出来る最大のことは「信頼出来る担当者を選ぶこと」

 

結局の所、一般の売主が出来ることで、重要なのは、査定をしてもらうことと、不動産会社に

任せきりにならず、自分でもネット情報をリサーチして相場等を知っておくこと、そして信頼出来る担当者を選ぶことです。

 

ホントに家を売却する体験をしてみますと、Webページで一括査定したり相場をリサーチすることは、

大変大事だというのは間違いありません。

不動産業者の担当スタッフのパーソナリティーが他の何よりも大切だと強く感じるはずです。

 

不動産売却というのは、生涯に一回体験することがあるのかどうかわからないと

言えるくらいの極少の売買取引だと言っても間違いありません。

不動産売却に関しまして、総合的な知識を持ってる人は、ほぼいません。

 

マンション無料査定をしてもらってとしても、本当に売り手先が見つかるまで売り手側はお手上げ状態です。

査定額が最も高額だった不動産専門会社に委任したけど、買い手を見つけ出せないということは稀ではありません。

 

早々に不動産買取を望むなら、専門業者に話を持っていけば、一番早くて数日後にはキャッシュを振り込んでくれるはずです。

買ってくれる人を探す必要もありませんし、金額面で交渉が上手くいけば、間髪入れずに売却が完了というわけです。

 

無事に、良い条件で、売却が完了するためには、出来るだけ多くの会社に査定をしてもらい、その中から、信頼出来る担当者を選ぶ出す事にかかります。

不動産買取と仲介
最新情報をチェックしよう!