敬語本で敬語マスターへ第一歩を

敬語 本

敬語は、日本のコミュニケーションにおいて欠かせない要素です。相手に敬意を表し、スムーズな人間関係を築くための道具とも言えます。特にビジネスシーンでは、適切な敬語を使うことがプロフェッショナリズムを示す上で非常に重要です。

敬語を学ぶことは、単に言葉の使い方を覚える以上の意味を持ちます。まず、相手を尊重する姿勢が自然と身につきます。これは人間関係を良好に保つ上で重要な要素となります。また、敬語を適切に使えることは、社会的な信頼感を高める助けとなります。特に新社会人や就活生にとっては、ビジネスの現場で必要とされるスキルの一つと言えるでしょう。加えて、敬語を理解し使いこなすことで、日本語の豊かさや文化の深さをより深く理解することができます。

この記事では、これらの敬語の基本から応用までを学べる、おすすめの敬語本を紹介し、読者の皆さんが敬語マスターへの第一歩を踏み出すお手伝いをします。

目次

敬語の基礎を学ぶための本の選び方

敬語の基礎を学ぶための本の選び方を解説します。

敬語の種類と基本

敬語には大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。それぞれが異なる状況や目的に合わせて使用されます。

  1. 尊敬語:相手を尊重し、敬うために使用します。相手の行動や状態を高めて表現する言葉です。
     
  2. 謙譲語:自分や自分のグループに属する人々の行動を低めて表現し、相手を立てる言葉です。
     
  3. 丁寧語:どんな場面でも使える基本的な敬語で、話し手が丁寧な態度を示すために使います。

これらの敬語の使い分けは、日本語のコミュニケーションにおいて非常に重要です。適切な敬語を使うことで、相手に好印象を与え、スムーズなコミュニケーションが可能となります。

初心者におすすめの敬語の本

初心者の方には、以下のような敬語の本をおすすめします。これらの本は、敬語の基本から実践的な使い方までをわかりやすく解説しています。

  1. 『敬語使いこなしパーフェクトマニュアル(著者 井上明美)』
    『敬語使いこなしパーフェクトマニュアル』は、敬語の基礎から応用までをわかりやすく解説した書籍です。著者の井上明美氏は、敬語に関する著書を多数執筆しており、本書は特に実践的な内容に定評があります。本書は、敬語の基本的な使い方から、ビジネスシーンや日常生活でよく使う敬語の使い方、さらに応用的な敬語の使い方まで、幅広く解説しています。
     
  2. 『ビジネス敬語のルールとマナー(著者 吉川香緒子)』
    本書は、敬語の基本的な使い方から、ビジネスシーンでよく使う敬語の使い方、さらにビジネスマナーとしての敬語の使い方まで、幅広く解説しています。具体的な内容としては、以下のようなものが挙げられます。
    敬語の基礎知識(敬語の種類、敬語の使い分け、敬語の誤用など)、ビジネスシーンでよく使う敬語(電話やメールの敬語、会議やプレゼンの敬語など)、ビジネスマナーとしての敬語(名刺の敬称、会食の敬語、上司への敬語など)
     
  3. 『大人の語彙力ノート(著者 齋藤孝)』
    本書は、語彙力の重要性から、語彙力を高める方法、よく使われる語彙の解説まで、幅広く取り上げています。
    語彙力の重要性(コミュニケーション能力の向上、思考力や表現力の向上など)、語彙力を高める方法(読書、書くこと、会話など)、よく使われる語彙の解説

これらの本は、敬語を学び始めたばかりの方にとって、基本から応用まで段階的に学べるように作られています。自分の学習ペースや興味に合わせて選んでみてください。

ビジネスシーンで役立つ敬語の本

「ビジネスシーンで役立つ敬語の本」に関するセクションでは、ビジネスメールにおける敬語の使い方と、新入社員や新社会人におすすめの敬語の本を紹介します。

ビジネスメールにおける敬語の使い方

ビジネスメールでは、正しい敬語の使用が非常に重要です。適切な敬語を使うことで、相手に対する敬意を示し、プロフェッショナルな印象を与えることができます。敬語を使う際のポイントは以下の通りです。

  • 尊敬語と謙譲語の使い分け:相手の行動や立場を尊重する際には尊敬語を、自分の行動や立場を低く示す際には謙譲語を使います。
     
  • 丁寧語の一貫性:メール全体を通じて丁寧語を一貫して使用し、礼儀正しい文体を保ちます。
     
  • 具体的かつ簡潔な表現:敬語を使いつつも、内容を具体的かつ簡潔に伝えることが大切です。

新入社員や新社会人におすすめの敬語の本

新入社員や新社会人にとって、ビジネスシーンでの敬語の使用は必須スキルです。以下に実在する敬語の本を紹介します。

  1. 『改訂新版 入社1年目ビジネスマナーの教科書』(著者:西出ひろ子)
    ビジネスマナーの入門書です。著者は、ビジネスマナー講師の西出ひろ子氏です。本書は、社会人として必要なビジネスマナーの基本を、イラストや図解を交えて分かりやすく解説しています。

     
  2. 『まず、ちゃんと聴く。 コミュニケーションの質が変わる「聴く」と「伝える」の黄金比』(著者:櫻井将)
    本書は、櫻井将氏によるコミュニケーションスキルに関する書籍です。本書では、「聴く」スキルを改めて体系的に説明するとともに、あなたの「肯定的な意図」が相手に届く伝え方、「聴く」と「伝える」の黄金比について解説しています。本書は、聴くことの価値と可能性を強く感じ、心理学やコーチング、カウンセリングなどのコミュニケーションを本格的に学び始めた櫻井氏が、自身の経験をもとに執筆したものです。
  3. 『安心と自信を手に入れる! ビジネスマナー講座』(著者:田巻華月)
    本書では、基本的なビジネスマナーに加え、ビジネスの現場で必要となる応用スキルや、曖昧にしてきた言葉遣いや作法など、 「これが知りたかった!」に効く内容を完全網羅しています1. 本書は、ビジネスマナーを身につけることで、常識がある人だと好印象を持たれ、良好な人間関係を築くことができ、信頼を得て仕事もスムーズに進められます。

これらの本は、ビジネスシーンにおける敬語の正しい使用方法を理解し、実践するために非常に役立つ内容となっています。新入社員や新社会人はこれらの本を通じて、ビジネスコミュニケーションにおける敬語の重要性を学び、実際のビジネスシーンで即戦力となることが期待されます。

接客業での敬語本の活用

「接客業での敬語本の活用」セクションでは、接客業、特にホテルやコールセンターでの敬語の重要性と、この分野に特化した敬語の本について詳しく説明します。

ホテルやコールセンターでの敬語の重要性

接客業において敬語は、顧客サービスの質を大きく左右する要素です。特にホテルやコールセンターのようなサービス業では、顧客に対して常に丁寧で敬意を示す態度が求められます。敬語の適切な使用は、顧客への礼儀を示すだけでなく、企業やブランドのイメージを向上させることにも繋がります。正しい敬語の使い方を身につけることは、信頼と尊敬を築き、顧客満足度を高める上で不可欠です。

接客業向けの敬語の本

接客業に特化した敬語を学ぶためには、実際のシチュエーションに基づいた具体的な指南が含まれている本を選ぶことが重要です。以下に実在する敬語の本をいくつか紹介します。

  1. 『これだけできれば大丈夫! すぐ使える! 接客1年生 お客さまに信頼される50のコツ』(著者:七條千恵美)
    本書は接客の基本と実践でのコツを解説した本です。著者は、元JALのカリスマ教官である七條千恵美氏です。本書は、接客の仕事に就いたばかりの初心者だけでなく、接客スキルをブラッシュアップしたい人にもおすすめです。
  2. 『リピート率80% 心をつかむ接客術』(著者:仲亀彩)
    『リピート率80% 心をつかむ接客術』は、接客のスペシャリストである仲亀彩氏が、接客の基本から応用までを解説した書籍です。本書では、接客の第一印象を良くする方法、お客様のニーズを汲み取る方法、お客様に気持ちよく過ごしてもらう方法など、リピート率を高める接客術を具体的に解説しています。
  3. 『どんな場面・どんなお客様でもきちんと話せる 接客用語辞典』(著者:尾形圭子)
    本書は、接客に必要な言葉遣いや表現を豊富に収録した辞典です。本書では、接客の基本的な用語から、応用的な用語まで、幅広い用語を解説しています。また、ビジネスシーンでよくあるシチュエーションごとに、適切な言葉遣いや表現を具体的に示しています。本書を読むことで、接客でよく使われる言葉遣いや表現を身につけることができます。また、接客の現場で役立つ実践的なノウハウも得られます。

これらの本は、接客業に特有のシチュエーションにおいて、敬語を適切に使うための具体的な指示と例を提供しています。接客業で働く人々にとって、これらの本は日々の業務でのコミュニケーションスキルを向上させるための有力なリソースとなるでしょう。

敬語本ランキングとベストセラー

敬語は、ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも重要なコミュニケーションスキルです。そのため、敬語に関する本は、常に多くの人が注目するジャンルとなっています。

2023年11月現在、Amazonのビジネスマナー部門のランキングでは、以下の敬語本が人気となっています。

1位:【改訂新版】入社1年目ビジネスマナーの教科書(著者:西出ひろ子・金森たかこ)
2位:敬語「そのまま使える」ハンドブック(著者::鹿島しのぶ)
3位:新版 電話応対&敬語・話し方のビジネスマナー(著者:尾形圭子)
4位:大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート(著者:櫻井弘)
5位:大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる(著者:齋藤 孝)

このランキングを見ると、新入社員向けのビジネスマナー本や、敬語の基本をわかりやすく解説した本が人気を集めていることがわかります。また、イラストや図解を多用した本や、実践的な例を豊富に収録した本も、わかりやすさや実用性を求める読者に支持されています。

ベストセラー敬語本の特徴

敬語に関するベストセラー本には、いくつかの共通した特徴があります。

1)わかりやすさ

敬語は、複雑なルールや細かいニュアンスがあり、難しいと感じる人も少なくありません。そのため、ベストセラー本では、わかりやすい言葉やイラストを使って、敬語の基本をわかりやすく解説しています。

2)実用性

敬語は、ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも使う機会があります。そのため、ベストセラー本では、ビジネスシーンだけでなく、日常生活で使える敬語も解説しています。また、実践的な例を豊富に収録することで、読者が実際に使える知識を身につけることができるようになっています。

3)信頼性

敬語は、社会人として必要なマナーです。そのため、ベストセラー本では、敬語の専門家や、ビジネスマナーの第一人者である著者が執筆していることも少なくありません。信頼できる著者による本を選ぶことで、正しい敬語の知識を身につけることができます。

敬語本の選び方

敬語本は、さまざまな種類のものが出版されています。そのため、自分に合った本を選ぶことが大切です。

まず、自分の目的やレベルを明確にしましょう。新入社員であれば、ビジネスマナーの基本を身につけることが目的です。一方、社会人経験が長い人は、応用的な敬語や、ビジネスシーンで使える敬語を学びたいと考えるかもしれません。

次に、本の内容をチェックしましょう。わかりやすさや実用性、信頼性などを重視して、自分に合った本を選びましょう。

また、イラストや図解が豊富に使われていることや、実践的な例が豊富に収録されていることも、わかりやすさや実用性を高めるポイントです。

敬語は、ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも重要なスキルです。敬語本の活用で、正しい敬語を身につけて、好印象を与えられるコミュニケーション力を身につけましょう。

就活に役立つ敬語の本

「就活に役立つ敬語の本」セクションでは、就職活動における敬語の重要性と、就活生に特に役立つ敬語の本を詳しく説明します。

就職活動での敬語の重要性

就職活動において敬語は非常に重要な役割を果たします。面接や企業訪問、ビジネスメールのやり取りなど、様々な場面で正しい敬語を使うことは、就活生のマナーやコミュニケーション能力を示す指標となります。敬語を正しく使えることは、面接官に対する尊敬の表れであり、自己の社会人としての基礎能力をアピールする機会にもなります。したがって、就活生は敬語の正しい使い方を学び、実践することで自己のプレゼンテーションを強化することが重要です。

就活生におすすめの敬語の本

以下に、就活生が敬語を学ぶのに特に役立つ実在する書籍を紹介します。

  1. 『頭のいい人が話す前に考えていること』(著者:安達裕哉)
     
  2. 『すぐに使えて、きちんと伝わる 敬語サクッとノート』(著者:山岸弘子)
  3. 『博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(著者:ひきたよしあき)

これらの書籍は、就活生が面接や企業訪問などの就職活動中に直面するさまざまなシチュエーションにおいて、適切な敬語を使用するための具体的な指南を提供します。敬語の正しい使い方を身につけることで、就活生はより自信を持って面接に臨むことができ、好印象を与えることが可能となります。

英語で学ぶ敬語の本

「英語で学ぶ敬語の本」セクションでは、英語における敬語の表現と、それを学ぶための書籍について詳しく解説します。

英語における敬語の表現

英語における敬語は、日本語とは異なり、特定の言葉や文法形式によって表されることが少ないです。しかし、丁寧な言い回し、タイトルの使用、間接的な表現、フォーマルな語彙の選択などを通じて、敬意を表現します。たとえば、”Could you…” や “Would you mind…” といった表現は、英語での敬語の使用例です。また、ビジネスメールでは、敬称(Mr., Ms. など)の使用や、フォーマルな挨拶と締めくくりが重要になります。

英語の敬語を学ぶための本

以下に、英語の敬語を学ぶのに役立つ実在する書籍を紹介します。

  1. 『礼儀正しく、的確に伝える 敬語の英語』(著者:デイビッド・セイン)
  2. 『ビジネス英語の敬語 微妙なニュアンスを英語で伝える 状況に応じたレベル別丁寧表』(著者:浅見ベートーベン)
  3. 『英語の敬語』(著者:数佐尚美)

これらの書籍は、英語を使用する様々なコミュニケーションシーンでの敬語の使い方を学ぶのに適しています。特に、ビジネス英語の習得を目指す人にとっては、プロフェッショナルなコミュニケーションスキルを身につけるための貴重なリソースとなります。

まとめ

本記事では、敬語の基本からビジネス、接客、就活、さらには英語での敬語まで、幅広いシチュエーションで役立つ敬語の本を紹介しました。敬語はコミュニケーションにおいて不可欠であり、その習得は社会人としてのスキルアップに直結します。適切な本を選び、日々の実践を通じて敬語を身につけることで、皆さんは敬語マスターへの道を歩むことができます。この記事が敬語学習の参考になれば幸いです。

関連記事一覧

文章力

敬語のまとめ

敬語を使い分けて文章をかけているか

敬語の種類と使い方完全ガイド:初心者からビジネスまで

初心者向けガイド:敬語とは何か、種類と使い方を簡単解説

敬語の使い方とコツ|日常からビジネスまで

ビジネスシーンにおける敬語の使い方

敬語本で敬語マスターへ第一歩を*本記事

敬語に変換の全て:自動ツールからAIまでのガイド

敬語で「了解しました」と伝える方法|シチュエーション別ガイド

「教えてくださいを敬語で」マスター講座:ビジネスでの表現法

敬語『伺う』の使い方と場面別ガイド

敬語で「行く」をマスター|「行く」を上手に表現する

「なるほど」を敬語で表現する方法|ビジネスから日常まで

ビジネスシーンでの”聞く”の敬語表現マスターガイド

敬語の「承知しました」を使いこなす|マスターへの道

「受け取る」を敬語で表現する方法|ビジネスシーンで差をつける

目次