不動産・マンションの売却について|過去30年の経験から

まとめ 不動産売却 売却
まとめ 不動産売却

不動産の売却は、不動産の購入と同様に、人生で何度もない大きな出来事です。

不動産売却に関連する法律や税法など、日頃接する機会も少ないと思います。

そして、法律は、毎年の税制改正の中で、変化していくものです。

自分が購入した時などの10年前の知識では、現代のものとは、異なっています。

 

また、不動産売却を取り巻く世の中の仕組みも、インターネットの進化を中心に大きく変化しています。

そのような状況の中で、なるべく安心して、安全に売却できるための知識情報は、知っておきたいものです。

この記事では、現役の不動産会社社長が、法律や税金、売買仲介に関することなどを、徹底解明と題して、解説しています。

何か役立つことができれば、幸いです。

 

 

 

不動産を売却するなら2020年の今がウリ時

価格 下落

不動産の価格は、オリンピックまで好調を維持するのか、万博まで続くのか、などと報道されています。

それは間違いです。

価格の下落は2018年をピークにすでに始まっています。

 

 

2019年現在、小さい記事としてしか報道されていませんが、不動産価格は2018年が価格のピークでした。

今後当面は、下落します。

その要素もありますし、すでに下落は始まっています。

価格下落の報道が一般的になる頃には、誰の目にも明らかになってからからもしれません。

 

 

 

マンションが高く売れるのには理由がある

売却 コツ

マンションを高く売却するのには、不動産会社のノウハウやコツがあるのかのように、思い込んでいませんか?

それは間違いです。

高く売れるのには、売れるための理由があったのです。

不動産会社の長年の経験で売れるわけではありません。

物理的な理由があって、それを不動産会社が活用し、売却が成功していくのです。

 

 

 

不動産売却で良い条件で売れる方法

良い条件で売却

良い条件で売却

 

良い条件とは、高く売却できることなのか、早く売却できることなのか、

どちらが優先されるのかによって、良い条件で売却できる方法は、変わります。

 

良い条件で売れる方法、早く売却できる場合の方法と、高く売却できる場合の方法を解説しています。

 

 

 

売却にかかる仲介手数料はいつ支払う

仲介手数料

仲介手数料

 

仲介手数料が授受される時期と仲介手数料が発生する条件は、法律で定められています。

不動産会社の都合で、決めているわけではありません。

多くの人は、誤解しています。

 

仲介手数料を払うのは、物件の引渡しが完了した時ではありません。

仲介手数料は、あくまでも、売買契約が成立したことに対する報酬として、不動産会社に支払うものと定められています。

 

 

 

不動産売却時にかかる税金

売却 税金

売却 税金

 

無事に売却が出来た後、もし利益が出ていると不動産譲渡所得税(および住民税)が課税になります。

ただし、一定の条件を満たすと、3000万円の特別控除を受ける事が出来て、税金が課税されません。

それは、マイホーム特例を受けられる条件を満たすかどうかです。

また、税金がかかる場合にどのくらいかかるのかなどについて、解説しています。

 

 

マンションを高く売却するには価格戦略が重要!現役不動産会社社長が解説

マンション売却で相場より高く売れるのはコツではなく理由

マンション売却には手数料以外にかかる費用があります

マンション売却で売りたい価格で売るコツ!

マンション売却査定の際に考えるポイント|不動産業者の経験値

マンション売却の失敗談|一旦貸すと後で売れなくなる

マンション売却|条件の良いタイミングはいつなのか

売却失敗?|マンション売り出して問合せ内覧0件|不動産会社社長が解説

タイトルとURLをコピーしました