注目キーワード

転職面接で言ってはいけないNGワードがある【失敗体験談】

転職面接では、面接官との質疑応答で、話し方に注意しないといけないテーマがあります。

それは、前職を退職する理由・転職を考えた理由についてです。

 

今回記事では、2つの実体験を紹介します。

この実例は、意外に多いので、面接がうまく行っていないのなら、貴方も同じことをしているかもしれないです。

ヒントを掴んで下さい。

 

 

転職面接の際には絶対に行ってはいけないワードがある

面接 NGワード
面接 NGワード

 

私が転職面接を受ける際に、1次面接の時点で落とされるケースが、多々ありました。

面接の場合、いくつかNGワードというものがあります。

 

NGワードを理解していなかった

自分は、それを理解しておらず、面接を受けていたのだと知り、後になって後悔していました。

1次面接の際に、一番気をつけなければいけないことは、「なぜ転職しようと思ったかという転職理由」を説明することです。

非常にナイーブな質問であり、この回答次第で面接に落とされるというケースも多いとのことです。

 

やりたい仕事ができない

私は、当時この質問をされた際に、「やりたい仕事ができない」という風な説明をしていました。

これは非常にまずい言い方であり、この言い方で通ることはまずありません。

というのも、こういう回答をすれば相手は、「では会社に入ったとして、いやな仕事が回されたときは、またやめてしまうのか」と思われてしまいます。

どんな会社に入ったとしても、やりたくない仕事は回ってくると覚悟したほうがよいのです。

なので、もっとストレートな理由、たとえば「パワハラを受けている」、「家族の病気の関係で」といった、相手をなっとくさせられる理由を、あらかじめ考えておかないといけません。

 

 

現職に対する不満を述べてしまい不採用になりました

 

自動車部品の製造会社で勤務していましたが、食品加工会社への転職を考えていました。

理由は給料面と、残業の多さの関係が大きなウェイトを占めていました。

 

現職についての不満・否定的なことを言ってしまった

面接の際には、職歴に関することも尋ねられ、どうして転職を考えているのかという理由にも触れられました。

給料面や残業の多さなど、今の会社が合わないような節で、答えてしまいました。

すると面接官の表情が曇ったように感じられ、その後は何事もないように、面接が進みましたが、結果は不採用でした。

不採用の理由を自分なりに考えてみると、現職に対する不満を述べてしまったことにあると思います。

もちろん、転職先の会社に対する魅力も述べ、自分の意気込みも伝えたのですが、現職が合わないという理由がマイナスに働いたことは間違いありません。

転職は、自分のスキルアップを目的に行うという姿勢で臨むべきでしたし、現職への感謝の念を示さなければいけませんでした。

今の仕事から立ち去るという考え方ではなく、今の仕事も良いがより自分を向上させる意識を持たなければいけませんでした。

 

 

まとめ

2つの失敗実例は、事前に考えておかないと、ついつい口を滑らせている可能性があります。

ともに現職に対する悪口に聞こえます。

 

それが事実であったとしても、他のこたえ方を準備しておかないといけません。

 

面接のNGワード
最新情報をチェックしよう!