注目キーワード

転職の相談は誰にすべき?上司に話をする際のポイントは?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・転職の相談は、状況に応じて相手を使い分けるべし

・相談をすることで相手を困らせないように配慮すべし

・上司に相談を持ち掛けるなら、事前に結論を決めるべし

 

転職は人生における大きな決断、ゆえに、誰かに転職の相談をしたいのは当然。

その相談を誰に持ちかけるべきか、ここが大きなポイントです。

また上司に相談を持ち掛けるなら、どんな準備が必要かも知っておきましょう。

 

この記事を読めば、転職の際に誰に相談すべきかどうかがお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

転職の相談を誰にすべきかは、状況次第で異なる!

 

答えがほとんど決まっていない時はプロへ相談を

 

どれだけ悩んでいるかが、相談相手を誰にするか決める目安に

転職をしたい、でも誰に相談するべきか、ここは大きな迷いどころ。

大事なのは、転職への本気度合いと選択肢の数です。

 

転職することをほぼ決めており、背中を押してほしい場合には両親や兄弟姉妹が

相手でも問題ありません。

 

もし、転職するかどうかで悩み、現在の会社で働き続けるかどうかで迷っていたとします。

その時点で家族を相談相手にすれば、耳の痛い話などを聞かされる可能性が。

明快な答えがもたらされることもあれば、迷いの森へ突き進んでしまう事も。

 

もし右も左も分からないような状況なら、転職エージェントなどプロに相談するのが一番。

家族に相談し、感情的なやり取りをするくらいなら、プロに相談した方が

合理的かつ効率的です。

 

相談をして相手を困らせるのは良くない

転職の相談を、相手に持ちかける際に重要なのは、相手を悩ませない事。

会社の同僚から転職の相談を持ち掛けられるのは、意外とヘビーなもの。

辞めてほしくない!とか、しょうもない理由で転職しようとするのか!など、

色々な思いを抱くはず。

 

その結果、心を痛めたり、責任を感じさせたりするのは、あまりいい事ではありません。

利害関係のない第三者への相談をするなど、相手探しはとても重要です。

特に転職しない選択肢もある場合は、むやみに同僚などへ相談すると後々関係性が

おかしくなる可能性も秘めています。

 

転職の相談を、上司にする際は結論をそれなりに決めておく

 

答えを用意しておき、長く時間をかけない

 

相手の時間をいただいている自覚を持つべし

上司への相談は、慎重に行うことが求められます。

 

相手の時間を、自分のために使ってもらっているわけです。

そうなると、端的に内容をまとめ、少しでも負担をかけさせないのが理想的。

 

漠然とただ転職をしたいという気持ちだけで、上司に相談するのは

相当失礼です。

九分九厘、転職する事を決めているけれど、相談はしておく、これが

理想的です。

 

引き留められる可能性が高いですが、転職すると決めていれば揺らぐ

ことは多くありません。

これがもし結論が決まっていない場合なら、引き留められたことでそのまま

残ってしまう可能性があります。

 

今までの時間は何だったのか、上司にそのように思わせるのは最悪です。

つまり、漠然と転職しようなどと思っている時、上司へ相談を持ち掛ける

のは早いということです。

 

熱意ある上司からの言葉で、翻意する可能性を残すべし

部下から転職したいと持ち掛けられ、「あっそう、自分の事は自分で決めて」

と突き放す上司は少ないです。

 

その意思を受け止めた上で、アドバイスをしてくれるかどうか、ここが重要です。

 

「人手不足なんでまだ待ってくれ」みたいなものでは、ないがしろにされている

気分になるはずです。

 

相談者のスキルアップ、キャリアアップを見通した上で、アドバイスをくれる

上司は信用できます。

上司の引き留めに対し、信じてみようという気持ちになれば、いったん保留するのも良いです。

 

やはり言葉と行動が伴っていなかったとなれば、転職活動を本格化させればいいだけです。

絶対に転職してやるんだと思わず、心を動かされたら翻意するぐらいがちょうどいいです。

 

まとめ

転職の相談は、できるだけ相手を見て、親身に、冷静に受け止めてくれる人が

オススメです。

 

家族だと、これまでの積年の思いが出てきてしまうので、予期せぬ事を言われる

可能性もあります。

 

転職エージェントに相談し、なぜ転職したいのかを洗い出すのも1つの手です。

いずれにしても、何も策もなく相談を持ち掛けることだけは避けなければなりません。

転職 相談
最新情報をチェックしよう!