注目キーワード

不動産売却の査定|匿名ではできないのか|メリットとデメリット

相続など、何かの事情や状況が発生して、不動産の価格を知りたい事って有りませんか?

その時に、不動産会社の営業からしつこくされたくないので、匿名で出来る方法ってないのかな、って調べたのではないでしょうか?

 

はい、結論を言えば、匿名で査定が可能な不動産査定サイトは1社だけ対応してますね。

ただ売却査定というにはほど遠く、精度は低いです。

査定に必要な要素が匿名のために分からない情報が多いためです。

なぜ匿名査定では、ある程度の精度ある概算価格が計算出来ないのか、現役の不動産会社社長が解説します。

不動産売却の査定|匿名のメリットは個人情報を知られないことのみ|代わりにデメリットが大きい

査定 匿名

不動産の査定の場合、個人情報とは、2つあります。

依頼者(名義人)についての個人情報です。

もう一つは、物件に関する情報です。

 

不動産売却査定で匿名なら個人情報を明かさなくて良いメリット

不動産会社の営業とコミュニケーションをしなくてもすみます。

 

営業担当から、電話が来たり、メールが来たり、などありません。

対応疲れをしなくてもすみますね。

 

不動産売却査定で匿名なら物件の情報を明かさなくて良いメリット

これは、物件情報を明かさないということです。

 

土地戸建てなら、住所の近いところまでは伝えたと、番地は伝えない、とかですね。

マンションならば、マンション名を明かなさいことです。

 

そうすることで、家の中に入らないにしても、近くまで家を見に来られたり、することはありません。

 

不動産売却査定で匿名の場合の「実際」

匿名の情報だけでも、ある程度の計算は出来ます(不明な要素をスルーすることになります)。

 

但し、不明要素が多いために、それは査定とは言えません。

もちろん、計算の精度はかなり低いものです。

不動産一括査定サイトの一つであるHOME’S匿名査定では、登録者のフリー入力分しか判断材料がありません。

名前は、一応匿名査定とありますが、情報が少なすぎて、はっきり言えば非常にいい加減な結果しか出てきません。

 

また、最近では「AI査定」という、スマホアプリで不動産の概算価格を知ることができるとされているものです。

筆者も早速試してみましたが、まだ現実世界では、使える状態にはないです。

 

実際の売却事例で、試算してみると、数百万円〜1000万円以上、安い結果になったり、高い結果が出たりします。(2019年12月現在)

もちろん、この先には、使用できるレベルになると思いますが、いつなのかは、まだ不明です。

 

不動産売却で物件情報が匿名だと査定ができないのか

実際の不動産査定は、当たり前ですが、その物件に応じた計算をしています。

不動産には、物件固有の状態があります。

物件固有の状態を不明のままで計算する参考価格には、信頼性も責任もありません。

 

土地の計算をするのには、次の要素が必要です。

  • 土地の向き(南と北では価格が違います。角地もそうですね。)
  • 土地の形(間口と奥行きの関係です。正方形に近いのか細長い長方形なのか
  • 接道状況(前面道路が何メートルあるのか、窓地何メートルが接しているのか)
  • 用途地域によって、建ぺい率・容積率が異なります(一つの敷地が、2つの用途にまたがっている場合もあります)
  • 道路路の段差(高いのか低いのか、その差は何メートルあるのか)

 

建物(戸建)についても、同じように計算のための要素が次のようにあります。

  • 建物の構造(一般的な木造なのか、コンクリートなのか)
  • リフォームの有無と現状(何年前にどの程度のリフォームをしているのか・いないのか、)
  • 現在の室内状態(築年数が10年を超えると、住んでる方の使用状態に差が出てきます。個別要因)

これが分からない状態で、計算することには、「精度」という言葉は、全く当てはまりません。

ですので、いい加減な計算結果しか得られないことが、デメリットなのです。

 

不動産売却査定|匿名では、どのくらい精度が低いのか

ハズレ

机上の簡易査定でありましても、どの不動産会社も基本的に、できる限り実際の査定額に近づけて計算しようと考えています。

 

それは、後に訪問査定となったとき、あらっぽい計算で出したアバウトな査定価格から、実際の訪問査定価格を提示する時に起きます。

売主さんは、匿名査定と法定査定の価格差がアリすぎると主張するからです。

 

机上の簡易査定でも、訪問査定で実際の状態が想定以上に悪かった場合などは、差が大きくなります。

400~500万円の価格差が出るのは、ごく普通のことです。

しかし、匿名情報の場合ではもっと差が大きいですから、当然実際の訪問査定とでは、驚くほどの差になることがあります。

 

後日、物件を実際に訪問査定をして欲しいとなったときには、不動産仲介会社の担当者は、建物の状態を確認するまでは、ドキドキ状態なのです。

その位、匿名の情報だけでは責任の持てない価格になってしまいます。

 

 

 

不動産査定価格を匿名では伝えられない理由

もう一つ、不動産の匿名査定が難しいのは、不動産を所有している名義人からの依頼かどうか分からないことです。

机上の簡易査定でも、ご本人ではない方からの査定依頼はあります。

 

簡易査定でありましても、個人の財産についての価格を算定するわけですから、個人情報にあたるわけです。

これを他人か親戚か分からない相手に、伝えても良いかどうかの問題です。

匿名査定では、それがまるで分かりません。

 

信じられないかもしれませんが、名義人の名前とは違う方からの査定依頼件数は、全体の半分以上になります。

電話で確認したところ、親子であることが分かる場合もあります。

 

しかし、義理の息子や娘だという場合は、不動産会社の立場としては、名義人ご本人にもお伝えますが、宜しいですね、と対応することにしています。

これをしませんと、勝手に依頼者の意思で査定依頼をしている方がいます。

匿名査定では、この見分けもつきません。

 

 

匿名査定のそれらの問題をクリヤして不動産売却価格を知る方法は無いか

これに対しては、通常のネット査定で依頼をして、メモ欄や備考欄に「査定価格はメールでのみ、お知らせ下さい。電話不可でお願いします」と書いて依頼する方法が有効だと思います。

 

それでもルールを守らない不動産会社やそそっかしい担当者は、文面をよく確認せずに電話をしてくる可能性はありますが、ほんの僅かになると思われます。

その場合は、実際に訪問を依頼するときにそういう担当や会社を排除された方が良いですね。

 

その様なことに、キチンと対応が出来ない会社や担当者は、その先にも、見落としや思い込みにより、なにかトラブルに発展する可能性もあります。

 

 

まとめ

筆者がおすめする提案は、匿名ではありませんが、営業からのシツコイ電話を回避するのであれば、上記に記しましたように、通常のネット査定で依頼し、電話は困ると明記する方法です。

この方法によって、迷惑になってしまう営業マンの電話を受け取らないということが出来るはずです。

 

 

 

匿名査定
最新情報をチェックしよう!