仲介手数料には消費税がかかります|不動産会社社長が解説

仲介手数料 消費税諸費用

不動産取引の仲介手数料には、消費税がかかります。

不動産売買の場合も、不動産賃貸の場合も例外ではありません。

 

スポンサーリンク

仲介手数料には消費税がかかります

消費税

不動産の売買では、売主と買主は、不動産取引が成立したときに仲介手数料が発生します。

売主も買主も、消費税は同じ条件でかかります。

2020年10月現在においては、消費税は10%です。

 

中古物件の売買取引の場合の仲介手数料と消費税の計算

例えば、売買価格2,000万円で、中古物件の売買契約が締結された場合

仲介手数料は宅建業法の速算式に従い計算すると、次の通りになります。

2,000万円✖️3%+6万円=66万円が仲介手数料です。

そして、消費税10%を加えると、仲介会社に支払う、仲介手数料の総額は、消費税こみで 72万6千円になります。

 

以上の計算は、戸建・マンションであっても、土地の売買であっても、同じ計算方法になります。

 

売主が企業である場合の仲介手数料と消費税の計算

売主が企業である場合には、少し計算が違います。

売買価格には、消費税が含まれるからです。

仲介手数料は、消費税を含まない価格で計算します。

 

例えば、売買価格が3,000万円、消費税100万円を含んでいる場合には、計算は次の通りになります。

売買価格3,000万円から消費税100万円を差し引いた2,900万円が仲介手数料の対象価格になります。

2,900万円✖️3%+6万円=93万円が仲介手数料となります。

消費税10%を加えると、仲介会社に支払う、仲介手数料の総額は、消費税こみで 102万3千円になります。

 

売主が、免税業者である場合は、個人間売買と同じ計算になりますが、免税業者の基準は、年間の課税売上が1,000万円以下ですので、現実的にはほぼないケースと考えられます。

また、売主が企業である場合に、建物に対して消費税が課税されますが、企業は不動産会社かどうかではありません。

企業が所有者である場合に、売買取引で消費税が発生しています。

 

スポンサーリンク

土地購入・売却の場合の仲介手数料と消費税

不動産の土地の売買取引の場合は、消費税がかからないと聞いたことがあると、おっしゃる方がいるかもしれません。

それは、売買価格と仲介手数料についての勘違いをしてしまっています。

 

確かに消費税の課税対象には、土地が含まれません。

消費税が課税されないのは、売買契約についてのことです。

土地だけの購入・売却の場合、売買価格には、売主が企業であっても、消費税は含まれていません。

戸建てやマンションの場合、消費税で示されているのは、建物部分の価格に対してです。

 

しかし、仲介手数料については、戸建て・マンションに限らず、土地だけの売却・購入であっても、消費税は、課税されます。

 

スポンサーリンク

賃貸の場合の仲介手数料と消費税

賃貸の契約の場合、物件によっては、仲介手数料そのものがないものもあります。

仲介手数料の発生がなければ、消費税も発生しません。

しかし、仲介手数料が家賃一月分という場合であれば、その仲介手数料に対して、消費税が課税されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

不動産の購入・売却の契約締結時に発生する仲介手数料には、消費税が発生します。

2020年10月時点では、消費税は仲介手数料の額に対して、10%課税されます。

 

 

関連記事一覧

  1. 不動産売買に関連する諸費用
  2. 不動産の諸費用について
  3. 不動産売却の仲介手数料は売主と買主はいつ支払うのか
  4. 仲介手数料には消費税がかかります|不動産会社社長が解説(当記事)
  5. 不動産の仲介手数料が半額・無料の3つのリスク|不動産会社社長が解説
  6. 不動産売買の仲介手数料が高いのではないか?!
  7. マンション売却の費用には手数料以外にかかる費用があります
  8. 土地売却!古屋解体費用はいくらかかるのか?売主と買主のどちらが負担する
  9. 不動産売却時にかかる税金|不動産会社社長が解説しています
  10. マンションの登録免許税はいくらなのか?マンション購入検討なら知っておいた方が良い
  11. 相続した実家を売却する場合、空き家なら税金は3000万特別控除される
タイトルとURLをコピーしました