注目キーワード

ワインでダイエットは太る!?つまみやウイスキーとの関係を大公開

ワインがダイエットにいいということありませんか?

実は、最近ダイエットをしている人の間で人気の飲み物なのです。

 

ただ、つまみをよく食べる人やハイボールやビールなど他のお酒も飲む人は、注意が必要。

そこで、この記事では以下のことを消化しいていきます。

 

この記事を読んでいただければ、ワインを飲みながら上手にダイエットできるようになります。

 

ワインでダイエットは太るの?

ダイエット ワイン

ワインでダイエットはできず、太るという人がいますが、真実とはいえません。

むしろ、太るどころか痩せるのをサポートしてくる成分が豊富に含まれているのです。

そのため、ワインを飲むとダイエットがしやすくなるのです。

 

赤ワイン

例えば、赤ワインなら、ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールとは抗酸化物質で、血行を良くしてくれる効果があります。

血液の巡りがよくなると、代謝がアップするので、痩せやすい体質に変身できるのです。

まさに、理想的な体質になれますよね。

 

白ワイン

白ワインにも同様に、酒石酸という整腸作用を持つ成分が豊富に含まれています。

腸の作用がよくなると、栄養の吸収率がアップするので、身体の細胞が元気になりやすくなるのです。

その結果、新陳代謝がよくなって、消費エネルギーが増えるのです。

 

カロリーは

ワインはお酒なので、高カロリーになりがち。

しかし、アルコールのカロリーはエンプティーカロリーといわれ、身体に残りません。

 

そのため、アルコールはたくさん摂取しても、太りにくいのです。

つまり、ワインで太るというのは、真実とはいえないのです。

むしろ、痩せやすい成分が豊富に含まれているので、ダイエットに有効といえるでしょう。

 

 

ワインでダイエットはつまみが問題!

 

ワインでダイエットするポイントは、つまみの食べ方にあります。

ダイエットに有効なワインを飲んでいるのに、太ってしまうという人は、つまみに原因があります。

 

つまみに太る原因がある

例えば、揚げ物や高塩分のもの、チーズなどをたくさん食べていては、しっかりとお肉がついてしまうのです。

いくらワインで痩せやすい成分を摂取しても、意味がありません。

 

また、ワインのつまみはおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

すると、ワインのカロリーがたまらなくても、つまみでカロリーオーバーとなってしまうのです。

 

ワインを飲む時は、つまみを控える

ワインに合う料理はフレンチやイタリアンで、高カロリーなものが基本。

ワインを飲んでも太りにくいからといって、つまみを油断してパクパク食べるのは控えるようにしましょう。

そうすれば、ワインでダイエットができるようになります。

 

 

ワインはよくて、ハイボールはダイエットに向いていない?

ワインとウイスキーのハイボール、どちらもダイエットに向いているお酒です。

しかし、ワインはよくて、ハイボールは太ると考えている人がいます。

それは、どうしてでしょうか?

 

ハイボールは糖分のあるソーダに問題

実は、ハイボールは蒸留酒であるウイスキーを水などで割ったものなので、本来太るお酒ではありません。

しかし、糖分の高いソーダなどで割ったハイボールを飲んでいると、糖質が残って太ってしまうのです。

つまり、ハイボールというお酒で太っているのではなく、ウイスキーを割る飲み物が原因で太っているのです。

そのため、ハイボールを水や無糖の炭酸水などで割れば、太ることなくお酒が飲めます。

 

ワインやハイボールなどのお酒は、血行を良くしたり体温を上げてくれる効果があります。

これらは、ダイエットを促進する作用ですので、ダイエットをしたい人ほど適度に飲むのがいいのではないでしょうか。

 

まとめ

ワインを飲むと、太るどころかダイエットに有効です。

しかし、つまみを気を付けることが肝心。

つまみに気を付けて飲むことで、ダイエットがしやすくなるでしょう。

お酒をやめるとダイエットになるとお考えの人は、こちらの記事もどうぞ

 

ワインは太る?
最新情報をチェックしよう!