本の読み方には少しのコツと読みやすい環境があるといい

本の読み方には少しのコツと読みやすい環境があるといい読み方

本を読むのが苦手な人やなんとなく今まで本を読むことが身近ではなかった人たちは、意外なことで本の前でためらっているようです。

それは本の読み方がわからないということです。すでに読み慣れてしまった方は、遠い過去のことで記憶にないかもしれませんが、最初はそんな印象を持つかもしれません。

特に、物語ではない本に多いように思います。いわゆるビジネス書・実用書・自己啓発本・等々です。

少しばかりのコツと読みやすい環境さえあれば、誰でも本を読めるようになります。そして、本は読む方が間違いなく、得です。

 

本の読み方のコツ

本を読んでる人が出世している姿を身近に見ていると、やはり本を読む方がいいということは、わかります。社会人になると、身に染みて感じる人もいると思います。

本の読み方のコツといっても難しいことはあります。次に紹介するポイントで、ピンとくるものがあれば試してみてください。

前述しましたように、ビジネス書や実用書、あるいは自己啓発の本を読むときのコツです。小説は違います。

ついでに紹介しますと、小説は、その中心はストーリーにありますが、場面ごとの様々な表現によって、まるで映像が見えるように、音や音楽が聞こえるかのように、著者は表現します。読者は単純にストーリーを読むだけではなく、映像や音や人の心の動きなどを読み取っていくのが面白いところです。そのためには、一行一句が見落とせないので、全文を読むことになります。

しかし、ビジネス書や自己啓発本、実用書と言われる本は、その真逆にあります。

本の読み方のコツ|頭に入りやすく効果的に!分厚い本でも同じ

 

実は、それらの本の肝となる部分は、本の中の一部でしかありません。300ページ前後の中の1ページにも満たないくらいの部分が、著者が言いたいことというケースがほとんどです。

そのほかの部分は、その肝となる部分に至った背景や論証など、著者が調査や研究を重ねてきたことが書かれています。ですので、場合によっては、その部分さえ読んで理解すれば、その本を読んだ価値があることになります。

ただし、読者は徐々に成長をしていくものですから、同じ本なのに、1年後2年後にもう一度読んでみると、新たな発見をすることが非常に多いのが特徴です。今現在の自分の理解度レベルで感じ取る部分が変化していきます。

特にビジネス書の古典と言われるような名著には、それがとても多いです。

ですので、本を読むコツは、今の自分の理解度レベルで、自分が読みたい部分だけを読むので十分なのです。ただし、来年か再来年には、再度読むことです。

著者が数ヶ月か数年間の取材や研究の結果、ビジネス書は書かれています。それを1度読んだだけで全てを理解することには、逆に無理があるのです。今の自分にとって、必要になる部分を目次から探して読めばOKです。

本の読み方は目次から読むのがコツ|全文を読まなくて大丈夫

 

別の機会に全てのページを読んでもいいでしょう。

また、もう一つの読み方のコツは、書きながら読むことです。自分の中にありながら、整理されていなかったことが本に書かれている文章によって、「そうそう、その通り」と感じたり、気付いたりすることがあるものです。

その時には、付箋に書いて本に貼り付けるのもありです。人によっては、3色ボールペンで、色に意味をルールづけして、本に書き込んでいく人もいます。

人は、書くことで、記憶に残りやすくなり、理解しやすくなるという特性があります。この特性を利用して読んでいくことも読み方のコツです。

本の読み方は付箋にメモを書き込み|読書は付箋で加速する

 

本の読み方には読みやすい環境が大事

本を読みやすい環境は、本の読み方を考える上で大事なことです。ただ、集中しやすい環境とは、必ずしも静かな場所だけとは限りません。

個人差があることです。一般的には、静かなクラシック音楽が静かに聞こえるような空間で濃い時間でもあれば、それが本を読みやすい環境になるでしょう。

ただ、実際には人によっては、自宅の中では難しい、会社で本を読むのは時間外でも難しいなど、という状況は人によって違います。

読書には環境が大事!

 

不思議なもので、雑踏の中でも不思議に読書が進むこともありますし、電車の中で揺られながら、何ページも進むこともあります。

理想的なのは、1日の中で塊となった時間が作れればベストですが、細切れ時間でも合計するとかなりのものになりますので、それでもいいでしょう。

また、何かをしながらの読書は集中しにくいということもありますので、対策をした方がいいですね。

読書に集中できない原因とは?対処方法をご紹介

本を読む

朗読とは?音読との違いと朗読の効果

音読と朗読で迷っている方は必見!この記事では朗読の特徴と効果について解説しています。実は朗読は読み聞かせる方法で有効な方法の一つです。この記事を読めば、音読と朗読の違いが分かります。
2022.01.24
本を読む

通読とは初めから最後まで一通り読むこと

通読の意味を確認したい方は必見!この記事では通読の意味と使い方について解説しています。実は精読や一読の方が使用頻度は高いと思います。この記事を読めば、言葉の意味と使い方が分かります。
2022.01.24
本を読む

積読は金の無駄ではなく効果があるとしたら驚く?

積読が多いことに困っている方は必見!この記事では積読の効果について解説しています。実は積読には自分を刺激し続けるという効果があります。この記事を読めば、積読効果を活用しやすくする方法が分かります。
2022.01.24
本を読む

精読とは?言葉の意味や同義語|精読の効果

本の読み方に迷いがある方は必見!この記事では精読について解説しています。実は精読にはメリットもありますが、デメリットもあります。この記事を読めば、効果を活かした読み方が分かります。
2022.01.24
本を読む

音読する効果は大人にも小学生にもある

音読と黙読の違いが気になってる方は必見!この記事では音読の効果について解説しています。実は音読効果は、大人にも小学生にもあります。この記事を読めば、音読効果がどんな場面に有益なのかが分かります。
2022.01.24
本を読む

音読とは脳を刺激する読み方|メリットとデメリット

音読と黙読の違いに関心ある方は必見!この記事では音読が脳を刺激して良い効果をもたらすことについて解説しています。実は音読と黙読のメリットは環境によって個人差があります。この記事を読めば、音読の役割が分かります。
2022.01.24
本を読む

黙読は本を読むスピードと読解力が高くなる

黙読のメリットが気になる方は必見!この記事では黙読について解説しています。実は黙読こそ読解力を高める読み方なのです。この記事を読めば、黙読の効果メリットが分かります。
2022.01.24
本を読む

本の読み方は目次から読むのがコツ|全文を読まなくて大丈夫

読書をするとき途中で挫折してしまう人は必見!この記事では本の無駄のない読み方について解説しています。実は必ずしも全文を読む必要はないのです。この記事を読めば本の大事な部分を読む方法が分かります。
2022.01.24
本を読む

本の読み方は付箋にメモを書き込み|書くことで理解が加速する

本の読み方が分からないという人は必見!この記事では理解がしやすくなる本の読み方について解説しています。実は人はただ読むだけでは記憶に残りにくいのです。この記事を読めば読んでみになる本の読み方が分かります。
2022.01.24
本を読む

読書には環境が大事|読書がはかどる環境ある場所と時間と音楽

読書環境に悩んでる方は必見!この記事では読書環境について解説しています。実は読書には環境が重要なのです。この記事を読めば、読書がはかどる環境の見つけ方が分かります。
2022.01.24
タイトルとURLをコピーしました