要約の書き出しは具体的にどう書けばいい

要約,書き出し

本の要約を提出してください、などという宿題が出て、「要約」に苦手意識を持っている方もいると思います。

特に悩むのは、要約の書き出しではないでしょうか。書き始める時に、パソコン画面や原稿用紙に向き合って、書き出しまでに時間がかかっていないでしょうか。

書きなれてない人は、書き出しまでに時間がかかるのです。書き出しが、すっと出てこない時は、先に本文を書いてしまいましょう。

また、要約文は、読書感想文のように読み手に読む前の期待感を高めるものではありません。要約文は基本的に要点をまとめたものであり、意見を書くものではありません。誇張することなく、ありのままに書くものです。

ですので要約の書き出しについてはテンプレートのように覚えておくと応用しやすくなります。。

目次

要約の書き出しは具体的にどう書けばいい

学校から要約文作成の宿題が出されることがあります。

また社会人は社内文書で連絡内容を通知する場合や、忙しい顧客に伝えたいことを書き出して伝える場合などで、要約文作成のスキルは、実際の文章やメール文、あるいは口頭で、応用する場合が多くあります。

要約文の内容の書き方や注意については、当サイトでも紹介しています。

当記事では、要約文の書き出しをどうすればいいのか、具体的な書き出し方について注目し紹介いたします。

要約の書き出し方は最後に書く

要約文の書き出し部分については、最後に書いてください。まず、要約文の作成をしましょう。

あくまでも、一般的な要約文の書き方として紹介します。基本的には原文の流れに合わせて、要約していきます。

最初に、要約する本や文章を読むときに、あとで要約する前提で、読みながら「ここは要点」と思うところに付箋などでチェックし、書き出しても良いです。

読み終わったら、要点をまとめていきますが、文章全体の流れを崩さないことと、章をまたがないで、章ごとに要約し要約文を作成してください。ここまでの手順の中で、自分の頭の中には、この文章あるいは本は、全体としては、「こういうこと」という1行でまとまりそうな、究極な要約文ができていると思います。

要約の書き出しは、それで決まりです。

この本あるいはこの文章は、1行で表すとしたら、なんと表現しますか。1行の要約です。いまいち分からないと言う人は、5W1Hにはめ込むようにして、要約文章全体を整理してください。

要約の書き出しの例文

書き出しの具体的な例文は、次のように書き出すと良いでしょう。

1行目の書き出しは、5W1Hを意識しながら、書き出しを作成してください。(すべての要素を入れなくても良いです。)

what・whyかwho・whatで整理して書くと良いです。

例文として書き出しを紹介するなら、以下のようになります。当然ながら、要約する原文によって詳細は違いますので、書き出しの参考として応用してください。

・本書は、誰々が何々をしたのは、こういう理由からであることをまとめたものです。
・本書では、何々が何々することについて、何々であるという主張がされています。

大学生や社会人が書く読書レポートは基本的に要約文が主体となっています。その書き出しの違いは参考になるかも知れません。

要約の書き出しでは1マスあけるのが正しいか

要約文の書き出しで1マスをあけるのが正しいのか、あけないのが正しいのか、という不安を持つ人がいるようです。

日本語のルールには面倒なことが多い、と感じます。

結論としては、原則として要約文を作成する場合、1マスをあけずに書き出します。作文の場合は、1マスあけて書き出します。1マスあける書き方は作文が、原稿用紙の書き方で書いていくためです。

ただし、要約文でも字数が多い場合は段落分けして書く場合もあります。また、内容に区切りがついて、別の内容を続けて書いていく場合に、別の内容に変わる文章に段落をつける場合には、最初の書き出しも1マスあけるのが正しいとされます。

そうした長文でない限り、要約文の書き出しでは、1マスをあけることに、こだわる必要はありません。

まとめ

要約の書き出しは、どう書いていけばいいのか、迷う人もいるかも知れません。

ルールごととしてではなく、相手にとっての読みやすさに配慮すると、要約文の1行目の書き出しは、内容の概要が分かる一文であることが望ましいです。

繰り返しですが、要約文の書き出しで注意することは、読み手の期待感を高める役割ではありません。要約文あるいは原文の全容が書き出しに集約され、ごく簡単に表されていることです。

つまり「本書は、何々について書かれています。」ということが書き出し部分の役割です。

関連記事一覧

読書をすることで人は経済的にも人間的にも豊かになれる

本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント

要約の意味が分かればビジネススキルが上がり給料も上がる

要約の仕方は要点を抽出し要旨に沿って合成することにある

要約サイトのAIサービスが超便利!読解力・文章力が身につく

要約アプリは新聞社でも使われている

社説を要約する|社会人が要約力をつける練習に最適テーマ

本の要約は章ごとに|書き方のコツ

要約を練習するアプリ|練習しないと大事なことが伝わらない

本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方

要約のコツは文章の種類によって違う

要約した話し方|何をいいたいのか分からない社会人から脱する

本の要約を音声で聞くなら方法は2つ

本の要約は著作権侵害にあたる場合がある【注意】

要約の書き方は順番にやれば難しくありません

要約力|トレーニングして要約力がある人になる

要約の書き出しは具体的にどう書けばいい*当記事

要約が上手い人とできない人は何が違うのか

要約のやり方が難しいのは要点が分からないから

本の要約をブログに書くなら個人的感想のみ

本の要約レポートと要約と読書感想文の違い

要約力を高める方法|要約ができない人は仕事が出来ない

要旨とは何か?分からないと要点も分からないし要約もできない

要点とは何か?要点をまとめるにはどうする

要点をおさえるは押さえるが正しい|使う場面での意味も確認

要約ができない人の特徴|放置してると損するだけ

要点を絞る7つの話し方にすれば何を言いたいのかが伝わる

要点の書き方はまとめるか箇条書きにするか

箇条書きでわかりやすく伝える|要点を伝えやすくなる

要約力がある人は評価されやすい|社会人必須のスキル

要約では具体例は省くのが正しい

要約力は社会人の伝える基本|仕事で伝えるスキル

要約,書き出し

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる