本を読む人 読書量が多い人の特徴と違い

本を読む人

本を読む人の中でも、特に読書量が多いと言われる人には様々な特徴があります。

 

本を読む人の特徴を持つものと持たないものでは、持ってるほうが明らかに「得」に感じることが多くあります。幸いなことに、日本人は本を読まない人が世界的に見ても多い(先進国の中で不読率がかなり高い)ので、毎月4冊読むだけで、十分に読書量が多い人の仲間入りが可能です。

 

1週間に1冊読む人と、そうではなかった人は数カ月後から数年以内に、人生が変わったことを感じるはずです。

 

目次

本を読む人 読書量が多い人の特徴

本を読まない人は、読書量の違いが年収の違いであるとは信じてはいません。

そして、自分には「運がなかった」「誰かのせい」「生まれた家のせい」にして、そのまま晩年までを過ごす可能性があります。

GfKの読書頻度に関するグローバル調査によれば、日本は先進国の中ではトップクラスに本を読まない人の割合が多いのです。

さらに、この調査は所得層の違いに触れており、高所得層のほうが低所得層よりも本を読む人の割合が多いことに触れています。

つまり本を読む人のほうが高年収であることは、世界的にも同じ傾向にあるということなのです。

本を読む人と読まない人の違い

本を読む人

筆者が自分の社会人生活40年間を通じて感じた、本を読む人と本を読まない人の違いは、以下の通りです。

1)年収の違い〜評価されることが増え年収の差は開いていく

2)会社員なら出世の違い〜責任ある役職にステップしていく

3)考えかた・行動と表情の違い〜顔つきが違う、論理的に考え、不安が減っていくから

5)知識量・情報量の違い〜知識量の違いは大きなアドバンテージ

6)会話力・文章力の違い〜語彙力・話し方が違う文章が分かりやすい

7)読解力〜相手の文章と言葉から相手の言わんとすることを正確に理解出来る

8)50歳以降の人生の差〜50代以降、全く別の人生

以上のことは、自分の体験と周りの人たち(上司・同僚・部下)を見てきた経験と事実に基づいています。

まとめますと、残念ながら、
本を読まない人の年収は高くない。
本を読まない人は、なかなか出世しない。
本を読まない営業は、成績が上がらない。
本を読まない人の行動は感情的で、いつも不安がある。
本を読まない人は、知識情報不足で、ビジネスチャンスを逃している。
本を読まない人は、文章力が低い。
本読まない人が50才以上になった時、なかなか大変な人生が待ってる。

あわせて読みたい
本を読む人と読まない人の違いはかなり大きい 本を読む人と読まない人の違いは、若い世代で思われているより、5年後10年後にはかなり大きくなります。 問題があるとすると、本を読まない人が、本を読むことに必要性...

本を読む人の特徴

本を読む人

本を読む人だから、次のような特徴や性格なのか、そのような性格だから本を読むのかは分かりません。

ただ本を読む人の考え方・行動・表情が、感情に任せたものではなくなります。論理的に、体系的に、物事を考え行動できるようになります。

元々の性格にも、すでにあったかもしれませんが、本を読むと、不安なマインドが減少し自信を持てるようになるだけではなく、しっかりと整理された考え方に基づいて行動できるようになります。

あなたの周りにいる同僚や上司を観察すると、わかると思います。彼らの中に、本を読む人と本を読まない人がいると思います。本を読まない人の行動は、感情的で感覚的ではありませんか?

本を読む人は知識量が多い

本を読むのですから当たり前かもしれません。個人の本の選び方によりますが、浅いけども広く知識が豊富な人もいますし、自分の好きなことに集中して読書をしている人は、専門家と変わらない深い知識をもつ場合もあります。

人が平等に持っているのは時間です。その時間を何に充てるかの違いですが、読書で得た知識がすごいところは、何度でも再利用できることです。

むしろ思い出して読み直したりすることで、確かな知識に形成されていきます。脳の能力は集中力や語彙力など分野にもよりますが、40代が60代がピークとされる能力がたくさんあります。

肉体の体力が10代でピークを迎えることと比べると、インプットされた知識の有益性は非常に高いということになります。

あわせて読みたい
本を読むことで知識を増やすことは仕事の役に立つ 本を読む事で得られることには、いくつかのメリットがあります。 その中の一つは、知識が増えることです。しかし一方では、「本を読んで知識だけ増えても、仕事の役に立...

本を読む人は読解力・語彙力が高い

本を読む人は、文字を読むという作業を繰り返し行っています。文章を読んで作者の言いたいことを理解する能力が高くなっていきます。

また、最初は知らなかった言葉も覚えていくことになりますので、語彙力も高くなります。

本を読むと何がいいのか、という疑問を持つ人がいますが、読解力と語彙力が身につくだけでも社会人としては大きな違いがあります。

読解力は読むだけでは不足がありますので、読んだあとに要約して文章に書くという努力をすると大きくパワーアップします。

ただ、単純に本を読むだけであっても、読解力と語彙力は一応のレベルにはなります。裏返せば、本を読まないで社会人になってしまう人は、とても多いですが、言葉が理解できずに苦労をしています。

あわせて読みたい
読書で語彙力が上がる 語彙力(ごい力)とは、簡単に言えば、言葉をたくさん知ってることと、その言葉を使いこなせる能力です。 語彙力がないということは、言葉を知らないということですので...

本を読む人は知的好奇心が強い

本を読むことを習慣的にしている人は、知識・情報を得ることが習慣になっています。ですので、知りたいという気持ちが、常に強くあります。

知りたい気持ちとは、つまり好奇心が強い、ということです。「何故だろう?」と考えることが癖になっています。それは、知識欲にもつながることです。

社会人になって、業務を行う場面で、好奇心の少ない人は、言われたことしか、しないという人になってしまいます。

本を読まない人は、好奇心や知識欲が高くありません。気になることがあっても、スルーしてしまうことが多いです。その結果、チャンスロスをしてしまうのです。

あわせて読みたい
知的好奇心とは?本を読む人は知的好奇心が強い 子供の頃には、「なぜ」「どうして」という好奇心を皆が持っています。 好奇心自体は、動物も持っているものです。しかし、知的好奇心は人間に固有のものです。知的好奇...

 

本を読む人は他人の言動に左右されない自信を持てる

読書家=本を読む人は、他人の目・無責任な言動を気にしません。読書で、知識と情報を得ることで、自分の価値基準・判断基準・自信を持つことになります。

心が安定することで、他人の目を気にしなくなります。もちろん、悪い意味ではありません。いつも漠然とした不安を持っている人は、自分の無知を知っているのに、放置していることで、不安が解決されずにいます。

本を読んで無知が完全になくなるわけではありませんが、知らないことを知ることにより、知らないことによる不安が減少していくのです。

人の性格には、根拠のない自信を持つという場合もありますが、本を読むことで得た知識や安心は、根拠のある自信になります。

自分の中に、しっかりとした軸を持てるので、不安や他人の意見に右往左往することがないのです。良い意味で、マイペースということです。

あわせて読みたい
読書することで自信を持てると違う景色が見えてくる 自分の言葉や行動に自信が持てなくて悩まされた経験はありませんか。 もちろん全てにおいて、自分は正しいと考えるのはただの傲慢です。 しかし自分の言葉に自信が持て...

本を読む人は話し方も違います

自分が発する言葉にも自信を持てるようになります。当然、話し方も変わります。それまでは、わからないことを専門家に聞いて確かめたのに、自信がない自分が確かめたことなので、調べたはずなのに、不安のほうが勝っていたりします。

しかし、様々な本をたくさん読んでいくことによって、一つの情報や知識についても、たくさんの方が言っていることを知ったり、更に調べたりなどと繰り返していきます。

不安が確かな情報になり、自信を持てる知識へと変わっていきます。その状態で発する言葉は、本を読まない頃の自分とは全く別人になっているはずです。

あわせて読みたい
要約して話すのが社会人の話し方 社会人になって「あなたの話は何を言いたいのかわからない」と言われた経験はないでしょうか。 実際には、具体的に指摘されないまでも、周りにたくさんいるはずですし、...

本を読んでいる人と読まない人は話せば分かる

ある意味では特徴です。話をすると、「この人は本を読んでいる人だ」または「本を読まないのだろうな」とわかることが度々あります。

試しに聞いてみます。「かなりの読書家ですね」または「最近読んだ本でなにかおすすめはありますか」

結果は言うまでもありませんし、ほぼ外れることはありません。話せばわかります。すぐに分かることは、知識量と語彙数です。

仕事を任せていいのかを不安に思うこともあります。

自分に与えられる仕事が、同期の誰かと違うとすれば、言葉を知らなさすぎることに原因がある可能性があります。上司は大きなミスをされるのが怖いのです。

あわせて読みたい
本を読まない人は話せばわかるし書く文章でもわかる 結論を言えば、本を読まない人と読んでいる人の違いは明確にわかります。 話す言葉でも、書く文章でもわかります。 本読む事は単純に知識が増えるだけではないです。単...

本を読む人は印象が変わる

後述する顔つきに関係することです。もちろん知らないことがゼロになることはありませんし、すべてのことを正しく知ることも簡単にできることではありません。

しかし、正しい知識情報が増えて不安が減少していく中で、自分の中に平和な気持ちや安心が位置するようになります。

人は感情的な生き物といいますが、その原因には恐怖があります。恐怖の原因の一つが知らないことの不安が原因となるものです。知らないことが恐れとなり、更に進むと感情が高ぶった状態へと進んでしまいます。

心の中心に平和や安心の状態が増えれば、やはり人の印象は大きく変わることになります。

あわせて読みたい
本を読む人の印象と読まない人の印象 本を読む人の印象を根暗とかネガティブなイメージで見ている人は、もう古い先入観だということに気づきましょう。 世界の国々で日本より遥かに沢山の本を読み、明るい人...

本を読む人は人間関係がよくなっていく

本をたくさん読む人は、ジャンルにこだわらず、色々な本を読みます。その結果、知識や情報が増えるだけでなく、考え方にも影響が出てきます。

また、人にはいろいろな思考があることも、認識するようになります。読書を重ねていくと、相手の立場で相手の気持ちを考えられるようになっていくのです。

そうした日々を重ねていくことで、人間関係も良くなるようになっていきます。相手の立場を、思いやる気持ちを持てるようになります。

本を読まない人は、相手の一面しか見ることができません。

本を読む人は論理的思考ができる

読書をする人は、論理的思考ができるようになります。論理的的思考とは、ロジカルシンキングの事です。

本を読む人は、ロジカルシンキングができ、物事の表現が定量的になります。定量的な説明ができるようになると、組織と共有しやすくなります。

仕事の成功も失敗も、論理的思考で、定量的な説明をする事で、評価されやすくなります。

あわせて読みたい
論理的思考は結論から先に話す|本を読んで鍛える 学生を卒業し社会人としての生活が始まっていくと、論理的思考、ロジカルシンキングができていないことで、右往左往する人がいます。 組織の中で、うまくコミュニケーシ...

本を読まない人は、何故失敗したのか、成功したのかの説明が感情的な範囲を超えることができません。

読書をする人は、感情的な説明では、組織の壁や評価・共有は、得られないことを知っています。論理的思考ができるようになると、人生も変わっていきます。

何故なら、人との共有や評価によって、人生が変わるからです。

あわせて読みたい
読書で人生は変わる|社会では学歴よりも重要 読書をする人の数が少ない事は、色々な場面で取り上げられているのでご存じの人も多いはずです。 民間の調査機関でも、文化庁の調査(国語に関する世論調査)でも、ほと...

 

本を読む人は顔つきまで変わるって、本当?

本を読む人 顔つきが違う

本を読む人が、顔つきが変わるという説。

本当なんだろうか?

そして、顔つきが変わるとしたら、何故なんだろう。

本を読んで知識情報が増え知的な顔つきに

本を読む人は、周りの人よりも確実に知識・情報が増えます。

人の心は、本来、ネガティブで不安定なものです。

しかし、自分の言葉や思考に感じている不安要素が、本読む人には、本を読む事で得られた知識と情報が、裏で支えてくれる事で、不安要素が減少します。

そういう時間が増えることで、顔つきが変わって来ます。

自信を持った表情が、顔に染みついていきます。

当然、本当に顔が変わるわけではありません。

しかし、内面が変わることで、表情が変わり、余裕があり、知的な顔つきになっていきます。

対して、本を読まない人は、知識・情報が少なく、不安なことだらけになってしまいます。

あわせて読みたい
本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は性格まで変わるのか 本を読む人には、様々な特徴があります。 頭がいいとか、顔つきが違うともいわれます。 本当なのでしょうか。 【本を読む人は顔つきが違う】 本を読む人は、顔つきが違...

本を読む人は言葉と行動が変わる

もちろん、たまに本を読む程度では、そんなに変化はないでしょう。

月に2〜3冊、できればもう少し、継続して本を読むことが身についていくと、読書量が増えるほどに様々なことが変わっていきます。

まず、本を読む人は使う言葉が変わります。

思考が変わり、態度・行動が変わっていきます。

本来、人は感情的なものです。

経済は感情で動くという本もあります。

つまり、買い物の多くは、感情的に買うものです。

実は、人が感情で動いてしまう根本的原因は、「不安」にあります。

読書が習慣になっている人は、知識・情報により、自分の言葉や行動に対して、「不安」を感じることが、少しずつ減るようになります。

不安要素が減ることで、感情的になることが少なくなります。

しかし、本を読まない人は、自分の体験からしか、学びがありません。

結果、進化や成長が遅いということになります。

本を読まない人の行動や言葉は、なかなか変わっていきません。

 

本を読む人と読まない人の割合は年収の割合とよく似てる

本を読む人

実は、本を読まない人の割合が、圧倒的に多いです。

ですから、今からでも本を読む人に変身すれば、貴方の人生は変わります。

読書に関する調査

平成30年の文化庁のデータ(第Ⅳ 読書について)によれば、「1ヶ月に1冊読まない」という人が47%もいるのです。

平成20年25年のデータと比較しても、1%ほどの変化しかありません。

1冊も読まない人は、20年には、46.1%でした。

30年には47.3%です。

正確には、本を読まない人は、むしろ微増していることになります。

ですから、今この記事を読んでる人は、すごいラッキーなんです。

本を読む人の割合は諸外国から見ても少ない

本を読む人は、評価をされて出世もするし、もちろん給料も高くなる。周りからも信頼されるようになりますし、良いことしかない。これは世界的にも共通した認識です。

冒頭に紹介しましたように、GfKの読書頻度に関するグローバル調査によれば、先進諸国の中で日本は17カ国中15位の読書率しかありません。

 

日本の賃金は過去30年間ほとんど横ばいです。OECDが発表している平均賃金(2020年最新)は日本22位です。日本では転職をすれば、半分の人が前職よりも下がります。これも世界的に非常に珍しいことです。

収入が増えないことを、ついつい政府のせいや企業のせいにしてしまいますが、読書をしないことにも原因はありそうです。

なぜなら、上記のような状況の中でも収入が上る人はいるからです。そして、収入が上る人は、読書をしているからです。

 

文化庁が公表している読書についてのデータがあります。平成20年・25年・30年とデータの内容は、ほぼ横ばいです。月に1冊から4冊(週1冊)読むという人は、46%〜47%です。

1冊も読まない人と、ほぼ同じ位です。月に5冊以上読む人は6〜7%です。年度で、1%ほどの差があります。

本を読む人といわれる人たちは、年間に60冊~80冊、中には100冊以上読む人もいます。

あわせて読みたい
本を読まない人の割合は|その理由と特徴 「最近の若者は本を読まない」「活字離れ」などの言葉はいつ頃から聞くようになったでしょう。 そう言っている人たちは、50代か60代、あるいはもっと上の世代? 実際調...

本をよく読む人と高年収の人の割合がよく似てる

読書をよくするという人は、月に5冊以上、中には10冊ほど読む人もいます。

読書家と言われる人たちは、実に良く読書をしているのが分かります。

文化庁のデータによれば、前述しましたように、月に5冊以上読む人は、6%〜7%です。

国税庁の「民間給与実態統計調査」の結果を見ますと、読書量と年収に相関関係は無いとは言えなくなります。

2018年の国税庁のデータを見ますと、分かることがあります。

一般的に、高年収と言われるのは、年収1000万円以上です。

国税庁のデータでは、年収1000万円以上の割合は、約5%です。

また、逆にワーキングプアといわれる年収が300万以下の人は、54%です。

読書量と年収の相関関係が、国税庁のデータで、完全に証明されているわけではありません。

しかし、実によく似ていることに驚きます。

総務省の正規・非正規の職員の年収データも、ほとんど数値を示しています。

これだけ近い数字を示しているのですから、月に5冊上の本を読み続ければ、年収アップする可能性が高いと考えて良いのだと思います。

あわせて読みたい
読書量と年収の関係|相関関係の参照データ 読書量の分だけ年収は増えます。 断定的に聞こえると思いますが、読書量と年収には、完全に相関関係にあると言わざるを得ないデータがあります。 当記事では、公的で客...

本を読む人は孤独?`

本を読む人は孤独になるかもしれない。昔、太宰治が「本を読まない人は孤独ではない」といったことがあります。自分自身が孤独感を感じていたのかもしれません。

ただし、太宰治が言ったことの逆説には確かにその傾向がありそうです。つまり、本を読む人は孤独ということです。これは、本を読む人が成功しやすい傾向があり、成功者は孤独でいる傾向があることからも正しいと言えそうです。

あわせて読みたい
本を読む人は孤独|成功する人ほど孤独ともいう 本を読まないということは、その人が孤独ではないという証拠である(太宰治) 太宰治は自分自身のことを表現したものと思います。そして世の中には、その逆説として「本...

読書をしない人の理由

小学生の読書率はかなり高い(9割ほど)です。中学から少し減り始め、高校以降は、大学・社会人とドンドン減少し、約半分の人は、月に1冊も本を読まない人になってしまいます。

読まない理由では、「本を読む時間がない」が圧倒的に多いです。しかも、本を読む友人に、「本を読む暇があるなら、私なら他のことをする」と言ってしまいます。

つまり、本を読む時間がないのではないのです。本を読むか読まないかの違いが将来の自分にどれだけ大きな差をもたらすかを知らないのです。

本を読む時間(暇)がない|なんとか作るべきでした

学生時代と社会人では、まったく違うことがあります。学生時代に周りにいる人たちは、先生以外は同じ年齢の人しかいません。読書をするかしないかの差は微差です。

しかし社会人になると、同年代もいますし10年20年という年齢差がある人たちと同じ職場で同じ仕事をします。

新卒入社当時は、まだ半人前の人という見方をされ教えてもくれますが、せいぜい数ヶ月です。

本を読まない人は、言葉を知らない(語彙力がない)ので、何を言われているのか理解出来ず慣れない仕事で成果も出せず、だんだんと落ちこぼれる人が出てきます。

ここでやっと気づきます。読書をしないことは大差なのだということです。2年目以降は、給料にも仕事内容にも差がつき、年数と共に差は開いていきます。

5年もすれば、「読書する暇があるなら私なら他のことをする」と言っていた人は、本を読む人の部下になっている可能性が大です。

投稿が見つかりません。

本を読む人になる方法

読書苦手を克服する (1)

今や世界的なお金持ち・富豪として知られているビル・ゲイツやジョン・ディマティーニ博士をご存知でしょうか。

彼らは、子供の頃に、学習障害・難読症、などと言われ、文字の読み書きに困難を抱えていました。

しかし、その後、自分の人生を考える中で、本を読み、読書家となり、ビジネスマンとして大成功をしていきます。

私たちも、彼らのような大富豪になるかは、別としても、読書をすることの有効性・大切さがあることは、間違いありません。

あわせて読みたい
本を読むことの大切さに気づくとき青ざめて恥ずかしい思いに 本を読むことの大切さに気づくとき、青ざめたり恥ずかしいという思いをしてる人は多いと思います。 人によっては、自分は今まで何をしていたのかと感じるかもしれません...

ただ、習慣にすることや、継続をすることが難しいのです。

一つには、読書の効果が、薬の効果のように、効き目が数分〜数時間で表れてくる性質のものではないからです。

経験上では、最短でも月単位であり、強く意識できるのは年単位のように、思います。

では、長く続けて、自分も読書の力で、人からの評価を受けたり、収入がアップするように、なりたいと考えるなら、以下をご参照ください。

読書が苦手でも文字を読まなくても読書は出来る|聞いて学びを得る

文字を読むこと自体が、苦手である人や障害があるという人に、おすすめする克服法は、「聞く事」です。

効果的には、情報は「目から」入れる方が、高い効果を得られます。

しかし、「目から入れる」事が難しいのでしたら、「耳からインプット」する方法をおすすめします。

方法は、2つあります。

オーディオブックを利用

耳から読書をする方法として、オーディオブックを利用するのです。

今では、複数のオーディオブックのサービスがあります。

有名なのは、Amazonが運営する「Audible」と、株式会社オトバンクが運営する「audiobook.jp」です。

サービスの内容・料金設定は、2者で少しずつ違います。

あわせて読みたい
本を聞くアプリが無料で使える!通勤時間も有意義になる! 本は「読む」から「聞く」へ、進化しています。 本を聞くアプリが、本を読んでくれるのです。 日常生活の中には、生産性のない細切れのスキマ時間が、意外にたくさんあ...

スマホの読み上げ機能を使う

iPhoneやiPadには、画面に表示されている文字を読み上げる機能が標準でついています。

この機能を使うと、画面に表示されているテキストを読み上げてくれます。

使い方の準備は次の通りです。

  1. iPhoneの設定画面から「アクセシビリティ」をタップ
  2. 次に「読み上げコンテンツ」をタップ
  3. 上から2つ目の「画面の読み上げ」をオンにする。これで準備は完了です。

画面の読み上げ機能を開始するには、2本の指で、画面を上から下方向に、なぞります。

すると、小さいウインドウが開き、読みあげ始めます。

読書が苦手でも耳からの学びもできます

KindleというAmazonの電子書籍リーダーにも読み上げてくれる機能があるが、現在のところは、英語しか対応されていない。

その場合には、スマホの読み上げ機能で、耳から聞くのが、おすすめです。

また、Amazon Echoを持っている人で、Audible会員になっていると、「アレクサ」に呼びかけて、本を読んでもらうことは出来ます。

本を読むのが苦手|読みたい部分だけを読むのがおすすめ

小説などのストーリーを楽しむジャンル以外の本の場合、本当に重要な事は、1〜2箇所しかないことは、前述したとおりです。

その他の部分は、重要なその部分を理解するための予備知識・前提から、構成されています。

ですので、本のタイトルを見て、興味を感じた事柄について、書かれている重要なページは、1ページしかなかったりします。

本の読みたい結論は、中盤から後半に書かれていることが多い

ただ、本を読む人が持っている予備知識は、千差万別ですので、著者としては、その重要な事を伝えるための前提として、予備知識を読者に理解してもらう必要があるのです。

その為に、調査した内容や、原因としての因果関係や、前提としてのページが、非常に多く書かれています。

ですから、知りたいことがあって読書をする場合や、答えだけを知りたいという場合などは、目次から読めばいいのです。

目次から読みたい箇所を探し、そしてその部分だけを読めば良いのです。

もし自分に、その重要なことを理解する予備知識が不足している場合は、その重要箇所を読んだ時点で、気づくことになります。

そして、予備知識が不足していることについて、ページをさかのぼって読んだり、再度目次に戻って次に目指すページを探せば良いのです。

本を読むのが苦手という人は、目次から探して、読みたい部分から読む

目次から、読むべきポイントを見つけてください。

大事なポイントを見つけて、読むうちに、それを理解するために、読むべき箇所を探す必要が出てくるはずです。

その繰り返しをしているうちに、今回の読書の目的が、達せられるはずです。

あわせて読みたい
本の読み方は目次から読むのがコツ|全文を読まなくて大丈夫 特に、ビジネス書や自己啓発本を読むときは、この方法で読書をする(読み方のコツ)事をおすすめします。 読書を苦手に思う人は、1ページ目から読み始め、重要部分にた...

小説が読みやすいのなら小説から始める

小説は娯楽だから意味がないとの思い込みをしている方もいると聞きます。しかし本を読む事には、知識情報を得ること以外に、文字を読むことで脳を鍛える(刺激します)という意味があります。ビジネス書等ではないから意味がないと考えるのは早計です。

また読書家として知られる経営者が読んでいる本の何割かは小説を含めています。小説には、ビジネス書とは違う要素があるからです。

言葉の表現の言い換え(語彙力)や人物の心理を思うことで想像力も鍛えられます。これはビジネス書にはあまりないことです。

あわせて読みたい
本を読む人が小説を読む理由|趣味にとどまらない 本を読む人には成功者と言われる方々が多いです。週に1冊以上読む方が多いようです。 例えばマイクロソフトの創業者であるビルゲイツも読書家として知られています。そ...

本を読む人になるには分からない漢字と言葉の意味は苦手を克服するには必要なこと

読書は苦手とする人の原因に、漢字の読み方がわからない、言葉の意味がわからない、があると前述しました。

これは、読書の目的を達するには、必要なことです。

調べる癖を身につけましょう。

言葉の意味を知って使える|調べる癖で学んで

実は、読書をしていない人と話をしていると、使う語彙数によって、読書をしていない人だとばれてしまいます。

また読書を苦手とする人が書いた社内の報告書やビジネス文書についても、相手には伝わってしまいます。

文章に使われている語彙数が少ないからです。

確かに知らない文字があったり知らない言葉があると、それを調べなければいけません。

そのための手順が必要ということは、確かにあります。

しかしそれは、最初のうちだけです。

何度か同じ文字を調べたり、同じ言葉を調べていくことで、その次の段階では調べなくても済むようになります。

言葉の意味はスマホで簡単に知ることができます

今は、スマホで、漢字も言葉の意味も、手軽に調べることができる時代です。

音声認識を使って、「何々の言葉の意味を教えて」と聞けば、瞬時に教えてくれます。

昔のように辞書を使って自分で調べる必要など無いのです。

そのようなことを繰り返しているうちに、自分が会得している語彙数は増えていきます。

気がつけば、辞書を調べたり、スマホで言葉の意味を調べたりする場面はどんどん減っていくでしょう。

あわせて読みたい
読書で読めない漢字はかざすだけアプリ|無料でふりがな分かる 一般的な成功者と言われる人たちが読書家であることはよく知られています。 今よりも上の経済的な豊かさや、仕事の成功・人間観関係の充実などを期待するなら、読書をし...

つまり、読書をする上で、言葉や文字を調べるのは面倒だと感じる状態は、最初のうちだけだということです。

スマートフォンには、これだけ便利な機能が標準装備で備わっています。

電話やLINEだけに使っているのでは、もったいないです。

スマートフォンに、音声で聞いてみればいいだけです。

まとめ

当記事では、本を読む人と読まない人との違いや、その理由、そして、本を読む人になる方法について、解説しています。

本を読む人だけが幸福になるわけではありません。

しかし、本を読まない人の方が、苦労することが多いという事実があります。

人生をもっと楽に生きる方法として、読書をすることを、おすすめするのです。

文化庁や総務省のデータからも、年収と読書量には、客観的な因果関係があるのは明白なのです。

 

 

 

関連記事一覧

本を読む人 読書量が多い人の特徴と違い*当記事

本を読む人は頭がいい!読書で頭が良くなるのは本当なのか?

本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は

本を読む人と読まない人の具体的な違いはかなり大きい

本をたくさん読む人は何冊以上読んでるのか?

本を読むのが遅い人の特徴は2つ|速くなるコツ

本を読まない人の割合は|その理由と特徴

本を読まない人が浅いは間違い|本を読む人にも浅い人はいる

本を読む人は孤独|成功する人ほど孤独ともいう

本を読む人の印象と読まない人の印象

本を読む人は何を読むのか?自分はどんな本を読めばいいか

ビジネス書ばかり読む人|読むだけじゃ意味がない

本を読む人の割合|複数の調査結果から読み取る

知的好奇心とは?本を読む人は知的好奇心が強い

本を読まない人と読んでいる人は話せばわかるし書く文章でもわかる

本を読む人が小説を読む理由|趣味にとどまらない

本を読む人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる