注目キーワード
  • 2020年3月17日
  • 2020年3月17日
  • 0件

マンション買取と仲介のメリット・デメリット|事前の情報収集と担当選びが大事

突如として最寄りの不動産専門会社に顔を出すのは、賢明じゃないですね。 マンション売却でドジらないためには、しかるべきマンション売却の成功法が存在します。     マンション買取と仲介|不動産の無料査定で価格を知っておく   不動産買取の場合は、不動産業者が直接的に買い取 […]

<
  • 2020年3月15日
  • 2020年3月15日
  • 0件

マンション売却で売りたい価格で売るコツ|高く売却するカギは

相場より高値で手放すためには、マンション売却を決心した優先順位を考えておくこと。 何をおいてもできる限り、多めの不動産業者で査定を頼むことを推奨します。 こうすることで業者毎の営業戦略が明確になります。     マンション売却で売りたい価格で売るコツ   不動産査定と呼 […]

  • 2020年3月14日
  • 2020年3月27日
  • 0件

不動産一括査定サイトが人気の理由は何か?しかし問題もある!

不動産一括査定サイトに個人情報をインプットすれば、 複数の専門業者から見積もりがもらえることになるのです。   しかし、それに見合うだけの不動産会社からの営業活動もあることは 理解しておかなければいけません。 業界歴30年のキャリアから、解説します。     不動産一括 […]

  • 2020年3月14日
  • 2020年3月27日
  • 0件

不動産一括査定サイトは不安ですか?査定をしても必ず売却しなくてもいい

エリアや間取りをはじめとした査定に必要な項目を一度打ち込むだけで、 いくつかの不動産仲介会社から、 不動産売却査定価格を案内してもらえる 「一括査定サービス」が注目を集めています。   でも、査定をしたら、売却しないといけないかも、という不安をお持ちではないですか? 業界30年の経験から解 […]

<
  • 2020年3月14日
  • 0件

マンション売却査定の際に考えるポイント|不動産業者の経験値

3社程度の不動産業者にマンション査定を申請すれば、相場を覚えることも可能だと思います。 少ないよりは、多くの業者に査定をやってもらうことにより、本当の価格に近いマンション相場を知ることができるはずです。 マンションの無料机上査定の結果、伝えられた価格というのは、どっちにしても直近の相場から弾き出され […]

  • 2020年2月23日
  • 2020年2月23日
  • 0件

Kindle電子書籍出版|不動産売却の「実態」

2019年6月に出版した筆者の書籍の紹介です。 前半は、不動産を売却する際の不動産会社と売り主との関係を、書いたものです。   実際に不動産売買の仕事をしている方や、不動産売却の経験をお持ちの方でなければ、理解しにくい内容かもしれません。 しかし、体験者の方には、そういうことだったのか、と […]

  • 2020年2月22日
  • 2020年2月28日
  • 0件

不動産に関連する税金を徹底解明|不動産会社社長が解説

不動産は買うとき・売るとき・持っている間、全てに税金がかかっています。 この記事では、不動産に関連する税金全体にわたり、解説しています。 自分の関心ある部分のみ、読むことも出来ます。 お役に立てば幸いです。 不動産業界30年の不動産会社社長が解説します。     相続した実家を売 […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年3月15日
  • 0件

不動産の相続は早めに売却しないと争族に発展|評価額と実勢価格の違い

平成27年に施行された相続税の改正が、未だ記憶に新しい。 基礎控除が引き下げ(5,000万円から3,000万。法定相続人一人当たり1,000万円から600万円)られた。 その他にも、税率構造の見直し、未成年者・障害者控除の見直し、などがあるが、一番影響が有るのは、基礎控除の変更です。 その変更によっ […]

  • 2020年2月21日
  • 0件

不動産の売買契約をする際の手付金|契約キャンセルの時には戻るのか

不動産の売買契約を締結する際には、買主は売主に手付金を支払います。 契約締結後に、何らかの事情に変化があり、買主が契約をキャンセルしたいとなった時に、契約時に支払った手付金は取り戻せるか。 手付金が戻る場合と戻らない場合があります。 どんな場合なら戻るのか、また戻らないのか、この疑問に不動産業界歴3 […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年3月16日
  • 0件

土地売却!古屋解体費用はいくらかかるのか?売主と買主のどちらが負担する

よくあるケースは、親が残した土地建物の売却の時です。 家の方は、築年数は30年とか40年すぎてるケースがほとんどです。   古家があるそのままの状態で、建物の保証無しで買ってくれる人が見つかれば一番です。 しかし、そんな都合の良い話は、めったに無いことです。 やはり修理が必要な中古老朽戸建 […]

NEWS お知らせ