「両利きの経営」の要約・要点・感想

レビュー

「両利きの経営」は、組織の成功において「利益」と「目的」の両方を重要視するビジョンです。利益の追求と同時に、社会的責任を果たし、環境への配慮を考えることが不可欠です。

このバランスにより、組織は持続可能なビジネスモデルを構築し、顧客とステークホルダーからの信頼を築くことができます。社会的な価値提供は競争力の源となり、将来の世代に対する貢献を強調します。このアプローチは、現代のビジネスにとって重要であり、組織が成功と社会的な貢献を両立させるための道しるべです。

目次

作品情報

書籍名:両利きの経営

著者:チャールズ・A・オライリー

出版社:東洋経済新報社

ページ数:411ページ

発売日:2019年2月15日

「両利きの経営」の著者情報

チャールズ・A・オライリーは、スタンフォード大学経営大学院の教授であり、両利きの経営の提唱者です。両利きの経営とは、既存の事業の収益性を維持しながら、新たな事業の創出や成長を両立させることです。オライリーは、両利きの経営を実現するためには、企業文化、組織構造、マネジメントシステムなど、さまざまな要素を整備する必要があると主張しています。

オライリーは、カリフォルニア大学バークレー校でMBA(情報システム専門)、組織行動論の博士号を取得しました。同校教授、ハーバード・ビジネススクールやコロンビア・ビジネススクールの客員教授を経て、現在はスタンフォード大学経営大学院で教鞭を執っています。また、両利きの経営のためのコンサルティング会社ChangeLogic社の共同創業者兼会長も務めています。

オライリーの著書には、「両利きの経営」(2011年)、「隠れた人材価値」(2014年)などがあります。これらの著書は、世界各国で翻訳され、多くの企業経営者やビジネスパーソンに影響を与えています。

オライリーの両利きの経営は、VUCA時代と呼ばれる現代のビジネス環境において、ますます重要性を増しています。既存の事業の収益性を維持しながら、新たな事業の創出や成長を両立させることで、企業は激しい競争環境の中で生き残り、成長を続けていくことができるでしょう。

「両利きの経営」の要約

「両利きの経営」は、チャールズ・A・オライリーが提唱したビジネスのコンセプトの一つです。このアイデアは、組織が成功するためには「利益」(Profit)と「目的」(Purpose)の両方を重視する必要があるという考えに基づいています。以下に、「両利きの経営」の要約を説明します。

  1. 利益(Profit):
    利益は、ビジネスが収益を上げ、成長し、持続可能な成功を追求するために欠かせない要素です。ビジネスは収益を上げなければならないため、効率的な経営や収益最大化が重要です。しかし、利益だけを追求するアプローチは、社会的責任や倫理に対する配慮を欠いている場合があります。
     
  2. 目的(Purpose):
    目的は、組織が社会的責任を果たし、持続可能な価値を提供するために存在します。ビジネスは単なる利益追求の手段としてではなく、社会や環境に対するプラスの影響をもたらすことを目指すべきです。目的を持つ組織は、社会的に持続可能な方法でビジネスを展開し、顧客やステークホルダーの信頼を築きます。
     
  3. 両利きの経営の重要性:
    オライリーは、「両利きの経営」が組織の成功に不可欠であると主張します。つまり、ビジネスは収益を上げるだけでなく、社会的責任を果たし、価値を提供することが求められます。このバランスを取ることで、組織は長期的な成功を確保し、持続可能なビジネスモデルを構築することができます。

要するに、「両利きの経営」は利益と目的を調和させるアプローチであり、組織が収益を追求しつつ、社会的な影響を考慮し、持続可能性を重視することを提唱しています。このコンセプトは、現代のビジネス環境において、企業の成功と社会的な貢献を両立させるための重要な指針となっています。

「両利きの経営」の要点

チャールズ・オライリーの「両利きの経営」とは、既存事業の収益性を維持しながら、新たな事業の創出や成長を両立させることです。オライリーは、両利きの経営を実現するためには、企業文化、組織構造、マネジメントシステムなど、さまざまな要素を整備する必要があると主張しています。

両利きの経営の要点は、以下の3つにまとめることができます。

  1. 探索と深化の両立

既存事業の収益性を維持するためには、現状の事業に集中して深化することが重要です。一方で、新たな事業の創出や成長を実現するためには、既存事業とは異なる領域に進出する探索が必要となります。両利きの経営では、この探索と深化を両立させることが重要です。

  1. 事業と人材の多様性

既存事業に依存する企業は、新たな事業の創出や成長に必要な人材やスキルを蓄積していない可能性があります。そのため、両利きの経営では、事業と人材の多様性を重視する必要があります。

  1. 組織文化の改革

両利きの経営を実現するためには、組織文化の改革も必要です。既存事業に成功した企業では、現状のやり方に固執する傾向があります。しかし、両利きの経営を実現するためには、新しいアイデアや挑戦を奨励する組織文化を醸成する必要があります。

オライリーの両利きの経営は、VUCA時代と呼ばれる現代のビジネス環境において、ますます重要性を増しています。既存事業の収益性を維持しながら、新たな事業の創出や成長を両立させることで、企業は激しい競争環境の中で生き残り、成長を続けていくことができるでしょう。

両利きの経営を実現するための具体的な手法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 新規事業の創出・育成を担う組織を独立させる
  • 既存事業の社員と新規事業の社員を交流させる
  • 新規事業の社員に既存事業の知識やスキルを提供する
  • 新規事業の社員に既存事業の意思決定に関与する機会を与える

これらの手法を用いて、企業文化、組織構造、マネジメントシステムを両利きの経営に適した形に整備することで、既存事業と新規事業の両方の成長を促進することが可能となります。

「両利きの経営」の感想

「両利きの経営」に関する感想を述べます。

チャールズ・A・オライリーの提唱する「両利きの経営」は、現代のビジネス環境において非常に重要なコンセプトだと感じます。このアプローチは、利益追求だけでなく、社会的な責任や環境への配慮を含めることで、組織がより持続可能で意義ある存在となることを強調しています。

感銘を受けた点は以下です:

  1. バランスの重要性: 利益と目的のバランスは、ビジネスの成功において不可欠です。単なる利益のみを追求するアプローチは、社会的な側面で問題を引き起こす可能性があります。一方で、目的を持つことで組織は社会的な価値を提供し、持続可能性を確保できます。
     
  2. 顧客とステークホルダーの信頼: 社会的責任を果たす組織は、顧客やステークホルダーからの信頼を築くことができます。顧客は、自分たちが支持する企業が社会的に意義ある活動を行っていることを重視し、そのような企業に忠誠心を持つ傾向があります。
     
  3. 持続可能性への貢献: 「両利きの経営」は、持続可能なビジネスモデルを構築し、環境への貢献を強調します。これは将来の世代に対する責任を果たす一環として非常に価値のある考え方です。

総括すると、チャールズ・オライリーの「両利きの経営」は、ビジネスにおける倫理的な視点と持続可能性への取り組みを強調し、社会的な側面を考慮することで、組織が成功し続けるための道を示しています。このアプローチは、現代のビジネスリーダーや企業にとって、価値ある指針となるでしょう。

関連記事一覧

レビュー

ビジネス書の要約・要点・感想のまとめ

「論語と算盤」の要約と要点と感想

【感想】影響力の武器の要約・あらすじと要点

【感想】ライフシフト100年時代の人生戦略の要約・あらすじと要点

【感想】「メモの魔力」の要約と要点

【感想】「リーダーの仮面」の要約と要点

【感想】「1%の努力」の要約と要点

【感想】「バビロン大富豪の教え」の要約と要点

【感想】「ユダヤ人大富豪の教え」の要約と要点

【感想】「ザ・ゴール」の要約と要点

【感想】「ビジョナリー・カンパニー zero」の要約と要点

【感想】「新しい文章力の教室」の要約と要点

「時間は存在しない」の要約・要点・感想

「入社一年目の教科書」の要約・要点・感想

「予想通りに不合理」の要約・要点・感想

「京セラフィロソフィー」の 要約・要点・感想

「両利きの経営」の要約・要点・感想*本記事

目次