「やりたい事の見つけ方」の要約・要点・感想

レビュー

この書籍は、自分の「やりたいこと」を見つけるための手助けとなる実用的なガイドです。自己理解、情熱や興味の発見、目標設定、計画策定、自己成長の重要性を強調し、成功と充実感への道を示します。著者の実例やストーリーを通じて、読者は自己理解と人生の方向性を明確にし、モヤモヤ感から解放される手助けを受けます。

目次

作品情報

書籍名:世界一優しい「やりたいこと」の見つけ方

著者:八木仁平

出版社:KADOKAWA

ページ数:224ページ

発売日:2020年5月28日

「やりたい事の見つけ方」の著者情報

著者 八木仁平は1993年に高知県に生まれました。大学(させだ大学)卒業後はフリーランスでブロガーとして生計を立てていました。その後、株式会社ジコリカイを創業し、「自己理解プログラム」を提供し、書籍化しました。

本書は、そのノウハウが書籍化されたものです。他の作品には、「世界一やさしい「才能」の見つけ方 一生ものの自信が手に入る自己理解メソッド」があります。

「やりたい事の見つけ方」の要約

本書は、やりたいことを見つけるための自己理解メソッドを解説した書籍です。著者は、やりたいことは運命的に出会うものではなく、体系立てて論理的に見つけるものだと述べ、その方法を3つのステップに分けて説明しています。

1つ目のステップは、「自分の価値観を知る」ことです。自分の価値観とは、大切にしていること、喜びを感じること、信じていることです。自分の価値観を知ることで、何に喜びを感じるのか、何を大切にしたいのかが見えてきます。

2つ目のステップは、「自分の才能を見つける」ことです。自分の才能とは、得意なこと、好きなこと、人より長けていることです。自分の才能を知ることで、何が得意で、何を人に提供できるのかが分かってきます。

3つ目のステップは、「自分の情熱を見つける」ことです。自分の情熱とは、熱中できること、夢中になれること、心からやりたいことです。自分の情熱を知ることで、何をやり遂げたいのか、人生で何を成し遂げたいのかが見えてきます。

これらのステップを踏むことで、自分のやりたいことは何かを客観的に見つめ直すことができます。そして、そのやりたいことを実現するために、具体的な行動を起こすことができるようになるのです。

本書では、これらのステップを踏むための具体的なワークや質問も紹介しています。また、著者の経験談や、これまでに相談してきた人の事例も紹介されており、読者は自分自身の状況と照らし合わせながら、より具体的なイメージを膨らませることができます。

本書は、やりたいことを見つけたいと思っている人、人生に迷っている人、モヤモヤとした気持ちを抱えている人におすすめの書籍です。

「やりたい事の見つけ方」の要点

以下は書籍「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド」の要点です:

1)自己理解の重要性:

  • この本の中核的なテーマは、自己理解の重要性です。自分自身を理解することが、「やりたいこと」を見つけ、充実感を得るための基盤となります。

2)情熱と興味の発見:

  • 著者は、読者に自分の情熱や興味を見つける方法を提案しています。質問や簡単な活動を通じて、自分が何に魅力を感じるかを明らかにしましょう。

3)目標の設定と計画:

  • 「やりたいこと」を見つけたら、それを達成するための具体的な目標を設定し、計画を立てることが重要です。本書では、目標設定の方法と実行可能な計画の立て方について説明されています。

4)自己成長と充実感:

  • 自己成長が満足感や充実感をもたらすことを強調しています。自分自身を向上させ、成果を出すことが、やりたいことを実現する鍵となります。

5)モチベーションの維持:

  • 長期的な目標に向かう過程でモチベーションを維持する方法も取り上げられています。モチベーションの低下に対処し、継続的な努力を支えるアプローチが提供されています。

6)成功と充実感の関連性:

  • 成功体験が充実感と幸福感をもたらすことが述べられています。本書では、やりたいことを達成することでどれだけ満足感を得られるかに焦点が当てられています。

7)実例とストーリー:

  • 著者は実際の事例やストーリーを交えながら、理論だけでなく実践的なアドバイスを提供しています。読者は他人の経験から学び、自分の状況に適用できる知識を得ることができます。

この要約を通じて、この書籍が自己理解とやりたいことの発見に焦点を当て、実用的なアプローチと具体的なガイダンスを提供していることがわかります。自己成長と充実感を追求し、人生のモヤモヤから解放される手助けとなるでしょう。

「やりたい事の見つけ方」の感想

「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド」は、自分自身を理解し、人生における方向性を見つけるのに非常に役立つ一冊でした。

まず、この本が素晴らしいと感じた点は、著者が非常にわかりやすく説明していることです。難しい言葉や理論は使わず、誰にでも理解しやすい言葉で自己理解のプロセスを説明しています。初心者でも遠慮なく読み進められる点が好印象でした。

また、情熱や興味を発見するためのアクティビティや質問が豊富に含まれており、自分の内面に向き合いながら新しい視点を見つける手助けとなりました。これらのツールは、日常生活に取り入れやすく、実践的でした。

目標設定と計画に関する章も非常に役立ちました。目標を具体的に設定し、それを実現するためのステップを考える方法が示されており、自分の夢や希望を現実に近づけるプロセスが明確になりました。

著者が実例やストーリーを交えながら説明していることも、この本の強みです。他人の経験から学び、自分の状況に適用できるアイデアを得ることができました。

最も印象的だったのは、この本が自己成長と充実感について強調していることです。やりたいことを実現することで得られる満足感や充実感についての説明は、非常に心に響きました。自分の人生に目的と意味を見出す手助けとなりました。

総じて、この書籍は自己理解とやりたいことの探求に役立つ実用的なガイドであり、読んだ後に自分自身に対する洞察が深まりました。自分の人生に方向を与え、モヤモヤ感から解放される手助けになることでしょう。

関連記事一覧

レビュー

自己啓発書の要約・要点・感想のまとめ

「あした死ぬかもよ?」の要約・要約・感想

「反応しない練習」の要約・要点・感想

「置かれた場所で咲きなさい」の要約・要点・感想

「大河の一滴」の要約・要点・感想

「道をひらく」の要約・要点・感想

【感想】30代を無駄に生きるな|あらすじとポイント

【感想】30代にとって大切な17のこと|あらすじとポイント

【感想】嫌われる勇気|あらすじとポイント

【感想】「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義|あらすじとポイント

【感想】うまくいっている人の考え方|あらすじとポイント

【感想】気くばりのすすめ|あらすじとポイント

【5分で分る】仕事は楽しいかね|あらすじとポイント

【感想】「7つの習慣」の要約・あらすじ・要点

【感想】「70歳が老化の分かれ道」の要約・要点

【感想】「80歳の壁」の要約と要点

【感想】「ずっとやりたかったことをやりなさい」の要約と要点

【感想】「夢をかなえるゾウ」の要約と要点

「ユーモアは最強の武器である」の 要約・要点・書評

「やりたい事の見つけ方」の要約・要点・感想*本記事

「君主論」の要約・要点・感想

「学習する組織」の要約・要点・感想

「脳を鍛えるには運動しかない」の要約・要点

「限りある時間の使い方」の要約・要点

「ゾウの時間 ネズミの時間」の要約と要点

「実力も運のうち 能力主義は正義か」の要約と要点

「僕は君たちに武器を配りたい」の要約と要点

「ハーバードの人生を変える授業」の要約・要点・感想

目次