• 2020年8月13日
  • 2020年12月12日

不動産査定|ネット一括査定からAI査定まで

大切な不動産の査定をしてもらえる不動産の査定方法などについて、解説します。 一番手軽にできる不動産の査定方法は、ネット一括査定でしょう。 今では、AI査定が日々進化しています。 当記事では、ネットの一括査定が、行われている手順やAI査定について、解説しています。   不動産査定方法では先ず […]

<
  • 2020年4月24日
  • 2020年12月31日

不動産の一括査定のメリットとデメリット

不動産業30年の経験から解説します。 不動産を売却したいと考えた時、どんな方法で不動産会社を見つけますか? 今の時代で一番身近にあるのは、不動産の一括査定サイトです。 手軽にできるメリットとデメリットがありますので、解説します。     不動産の一括査定サイトのメリットとデメリッ […]

  • 2020年4月2日
  • 2020年12月31日

不動産売却の買取で失敗しないための買取業者の選び方ポイント

当サイトでは、マンション等の不動産売却の買取の計算の仕組みと業者選び方のポイントについて、お伝えします。 不動産売却の買取に失敗しないために、不動産買取業者の選び方のアドバイスをいたします。   簡単に、近くにある不動産会社を選ぶとか、いつもチラシが入ってくる会社に電話したり、インターネッ […]

  • 2020年3月17日
  • 2020年12月31日

マンション買取の相場価格と手続きの流れ

マンションの売却には、仲介による売却と買取業者による買取の2つの方法があります。 それぞれにメリットとデメリットがあります。 当記事では、マンション買取の相場価格と一般的な流れ、そして買取にかかる費用等について、業界歴30年の経験から、解説します。     マンション買取業者の相 […]

<
  • 2020年3月15日
  • 2020年12月31日

マンション売るときに注意!税金・手数料・方法について

マンションを売るときに、注意するべきことがたくさんあります。 税金がかかるのか。 売るときにかかる手数料は? マンションを売る方法は? などについて、なるべく平易な言葉で、過去30年の経験から解説します。   マンションを売る|税金はかかるのか マンションを売るという場面で、最初に気になる […]

  • 2020年3月14日
  • 2020年12月31日

マンション査定の際に考えるポイントとシミュレーション

3社程度の不動産業者にマンション査定を申請すれば、相場を覚えることも可能だと思います。 少ないよりは、多くの業者に査定をやってもらうことにより、本当の価格に近いマンション相場を知ることができるはずです。 マンションの無料机上査定の結果、伝えられた価格というのは、どっちにしても直近の相場から弾き出され […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年12月31日

不動産の売買契約をする際の手付金|契約キャンセルの時には戻るのか

不動産の売買契約を締結する際には、買主は売主に手付金を支払います。 契約締結後に、何らかの事情に変化があり、買主が契約をキャンセルしたいとなった時に、契約時に支払った手付金は取り戻せるか。 手付金が戻る場合と戻らない場合があります。 どんな場合なら戻るのか、また戻らないのか、この疑問に不動産業界歴3 […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年12月31日

土地売却!古屋解体費用はいくらかかるのか?売主と買主のどちらが負担する

よくあるケースは、親が残した土地建物の売却の時です。 家の方は、築年数は30年とか40年すぎてるケースがほとんどです。   古家があるそのままの状態で、建物の保証無しで買ってくれる人が見つかれば一番です。 しかし、そんな都合の良い話は、めったに無いことです。 やはり修理が必要な中古老朽戸建 […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年12月31日

マンションの登録免許税はいくらなのか?マンション購入検討なら知っておいた方が良い

不動産を購入するときには、登記費用がかかります。 新築マンションなのか中古マンションなのかで、その費用には違いがあります。 また、親等からの相続や、遺贈・贈与の際にも登記費用は発生します。 この記事では、登記の種類によって税率が違うことなども解説していきます。   よく言われる登記費用とい […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年12月31日

相続した実家を売却する場合、空き家なら税金は3000万特別控除される

親と暮らした生活の思い出が残る懐かしい実家(不動産)も親が亡くなる時が来ます。 親から相続した実家の維持管理には、子供世帯には大きな負担が残るものです。   現実として、子供は子供で所帯を構えて、すでに持ち家の可能性が高い。 また、仮に借家住まいだとして、通勤圏内でなければ、親から相続した […]