知的好奇心とは?本を読む人は知的好奇心が強い

知的好奇心 (1)

子供の頃には、「なぜ」「どうして」という好奇心を皆が持っています。

好奇心自体は、動物も持っているものです。しかし、知的好奇心は人間に固有のものです。知的好奇心があるので、新しい事を覚えて、勉強が出来るようになったり、仕事が出来るようになったりするものです。

そして知的好奇心の強い人は、読書を習慣にしている人が多いです。

もしかすると、逆なのかも知れません。読書を習慣にしている人が好奇心が強いのかも知れません。

ですので、もし知的好奇心のセンサーが低下していると感じたら、高めるために脳を刺激しないといけません。

知的好奇心について紹介してまいります。

目次

知的好奇心とは?本を読む人は知的好奇心が強い

知的好奇心とは、知的分野についての物事に対して、興味や関心を示し、知識と理解を深めたいという気持ちのことです。子供の頃には、知的好奇心があったはずなのに、大人になったらいつの間にか感じなくなっているという人はいないでしょうか。

知的好奇心と好奇心の違い

知的好奇心とは、3つの好奇心の内の一つとされます。

知的好奇心の他に、拡散的好奇心と共感的好奇心があるとされます。

知的好奇心が、先に示したとおり、知的分野について、知識と理解を深めたいという気持ちがあります。

拡散的好奇心は、まだ知らない物事全般について、興味や関心を持っている気持ちです。更に、共感的好奇心は他者の考えや感情に興味や関心を持つものです。

一般的に、小さい子が持っている、様々な物事に、興味を示している様子は、拡散的好奇心とされます。

知的好奇心の強い人の特徴は

本を読む事が習慣になっている人は、知的好奇心が強いとされます。

知識を得ること・情報を知りたい・分からないことがあれば、調べるという欲求が強いことが特徴です。気になると、時間が経つのを気にせずに調べ続けます。

本を読むときの知的好奇心は、普段の仕事でも発揮される傾向があります。

知的好奇心は知識欲を刺激し探究心へと昇華し信頼と評価になる

本を読む事が習慣になっている知的好奇心が強い人は、知識欲(知識を得たいという欲求)も強く、探究心が強い人とも言われます。探究心とは、深く掘り下げて、知識を深めること、原因を究明する姿勢です。ですので難しい問題に直面しても、途中で投げ出すことなく、納得できるまで向きあいます。

仕事の場でこの才能が発揮されると、知的好奇心は探究心へと昇華し、プロジェクトや事業の成功を諦めない責任者となっていきます。その仕事ぶりには上司や部下からの信頼や評価は当然高いものになります。

その信頼と評価は、出世と年収アップへとつながります。

知的好奇心は必要なのか

知的好奇心は、個人によって強弱はありますが、子供の頃から皆持っているものです。

知的好奇心は、子供であっても、大人であっても、前向きに自分で調べて勉強や仕事をしようとする姿勢につながる重要かつ必要な性質です。

もし知的好奇心がない人とすると、「無関心な人」ということになってしまいます。程度の違いこそあっても、知的好奇心が低ければ、知らないことがあっても気にならない状態になってしまいます。

学校以外の勉強には興味を示さないが、例えばアートや音楽に関心を持てるのであれば、そういう才能なのかも知れません。

しかし、何に対しても、興味を示さないという無関心な人になることは避けたいものです。

知的好奇心を高める方法

もしも自分の知的好奇心をが低下していると感じたらば、知的好奇心を高めるためのチャレンジをおすすめします。

子供の頃なら親が構ってくれます。しかし、大人なら「自分の機嫌は自分で取るもの」という言葉もあるくらい、自分で自分を動かすことです。読書を始めとして、色々物事にふれ合うチャンスをつくる事です。

紹介する知的好奇心を高める方法は次の通りです。

1)朝目覚めたら、今日やりたいことを紙に書いて下さい。仕事以外にです。
2)通勤には、いつもと違う道を歩いて下さい
3)いつもの自分ならやらないことをやって下さい
4)以前やってたのにやらなくなった趣味のことに触れてみる

3番目は、かなり範囲が広くなります。いつも食べないような食事を食べてみる。いつもは飲まないお酒を飲んでみる。いつもなら読まない本をあえて選んでみる。音楽でもいいです。

以上のことに集中して数日間過ごしてみて下さい。

新しい自分になるとか、そんな大それたことではありません。そうでは無く、ルーチン的な活動しかしなくなっている脳を活性化してみるのです。

ですから、やるべきことは、1つか2つではなく、いくつか複合的にやって下さい。いつものと違う脳の活動をさせるのです。小さなことなら、利き手と逆の手で数日間食事をするでも良いと思います。

おすすめするのはランダムに本を10冊買う方法|知的好奇心を刺激する

ちょっとお金がかかる方法ですが、書店に行って、タイトルをよく見ないで10冊買ってきて読む方法です。

本はまったく読まないという人ならば、「無理」と言われてしまう方法です。

あるいは、書店の各コーナーに行って、目をつぶって10冊選んでもいいです。

普段なら、絶対に買うことのないジャンルの本にめぐり会うのが目的です。

まとめ

知的好奇心は人間固有のものです。

知らないことを調べて納得したい。何故だろう。どうして。という知的好奇心を絶やさず持っていることで、仕事で成果を上げて成功し、評価や信頼を高められるようになります。

もし、知的好奇心が低下していると感じたら、それは重大事件です。自分の脳に働きかけて、知的好奇心を取り戻しましょう。

関連記事一覧

本を読む

本を読む人の特徴と読まない人の違い|苦手でも読書できる方法がある

本を読む人は頭がいい!読書で頭が良くなるのは本当なのか?

本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は性格まで変わるのか

本を読む人と読まない人の具体的な違いはかなり大きい

本をたくさん読む人は何冊以上読んでるのか?

本を読む女性の印象と本を読む男性の印象

本を読む人は孤独|成功する人ほど孤独ともいう

本を読む人は何を読むのか?自分はどんな本を読めばいいか

本を読む人の雰囲気が知的で信頼を感じさせやすい理由

本を読む人の割合|複数の調査結果から読み取る

本を読む人が小説を読む理由|趣味にとどまらない

本を読んでいる人だとわかる理由

知的好奇心とは?本を読む人は知的好奇心が強い*当記事

本代を惜しまない人は月にいくらかける|本を読む人の投資

知的好奇心 (1)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次