読書ノートがアウトプットとして有益である理由とやり方のまとめ

読書ノート アウトプット

読書ノートとは、読書をして、書くことです。

読書でインプットをして、書くことでアウトプットをする。

アウトプットすることが重要。

当記事は、読書の管理をするためのノートではなく、人生が変わるきっかけとなるようにアウトプットする読書ノートについて、解説しています。

目次

読書ノートがアウトプットとして有益である理由とやり方のまとめ

読書 アウトプット 方法 おすすめ

読書を生かす最高の方法は、読書ノートに記録して行動に活かすことです。

本を読む人は、全体から見ると非常に少数派です。しかし、それでも読書する人の数を数えれば、膨大な数です。しかし、多くの人は、本を読んだ後に、人生に活かすことをしている人は、少数です。

多くの人は、本を読んでためになったな、と思う段階でストップしています。

そこで、読書をしたら、ノートを書く習慣を身につけてください。学んだこと、得られた知識情報、自分の生活・仕事に活かせそうだと感じた気づきなどを、読書ノートに記録して、実際の行動に生かしてみてください。

アウトプット=書くこと・行動することをすることで、学んだ知識・情報が、自分自身の地となり肉となります。

読書ノートへアウトプットすることで効果倍増|書き方のコツ

抄録とは、原文をそのままに、要点を抜き書きするものです。要約に似ていますが、要約は要点を短くまとめ上げたものです。要約でも基本的に同じですが、抄録の方がスピード感を落とさずに、進めていけます。

一般的な読書ノートと言われるのは、読書記録ノートの意味が強く、書籍の情報や感想文に近いニュアンスになります。しかし、要約や抄録をした上で、感想文を書いていく方法を繰り返し行うと、文章力も身につくようになるだけではありません。

読書ノートへアウトプットをすることは、「復習」することにもなります。読書ノートを書くタイミングは、抄録とする人は、読みながら書いていくことになります。要約と感想文は一般的に読み終わった後のタイミングということです。

実は人は読んでいく途中でどんどん忘れるようにできています。読み終わってから24時間経過すると、約7割は覚えていないのです。しかし、何度も復習することで忘れる割合は少なく(エビングハウスの忘却曲線)なります。24時間以内に読書ノートを書いて、1週間後には再読するのです。こうして復習を繰り返すことで、忘れる割合がドンドン減少していき、忘れなくなるのです。

これは、本を読んだ直後は、短期記憶だった知識情報が、復習を繰り返すことで、長期記憶に移行して忘れにくくなるからです。

読書記録をノートにアウトプットし自分の行動に役立てる

読書記録ノートの書き方について紹介しています。読書記録では、単純に、書籍に関する情報の記録だけではなく、本から得たヒントや気づきでどう感じたのか、自分の行動のどの部分に活用できるのかなどについて、記録するのもありです。

読書記録ノートでは何を使うのかも継続していきやすいかどうかに関連します。紙のノートは、自由にかける良さもありますが、後日の振り返りがしやすいのは、キーワードで検索できるデジタルツールが便利です。様々なツールやアプリがありますが、Evernoteがお勧めです。

読書ノートはテンプレートOK!重要なのは形式ではない

読書ノートを記録している人は、たくさんいるようです。書き方について書かれている本やネット情報や汎用タイプのテンプレート(無料で使える)など、探すとたくさんあります。ただ、レイアウトなどに拘って、その作成に時間を使うのはもったいないですね。

デザインやレイアウトの作成に、時間をかけるよりも、テンプレートをそのまま使う方法がお勧めです。編集ができるテンプレートなら、なおさら良いです。

読書メモアプリでメモの取り方|evernoteをiPhone・iPadで

読書のメモアプリの最適解はEvernoteではないだろうか。読書メモアプリで重要なことは、メモするために、読書が中断してしまうので、なるべく起動が早く、すぐに入力できること、です。Evernoteとアップルの純正メモがコストパフォーマンスが高く、検索機能がすごいのだが、アップルの純正メモは、古いメモが検索しにくい。

アップルが画像の中の文字認識(日本語未対応)をios15から始めていますが、Evernoteは、ずっと前からその機能があった。読書メモでは、古い記録の検索を行い振り返る可能性があります。で考える限り、アップル純正メモよりも、Evernoteの方が、現時点(2021年10月上旬)では使いやすい。

読んだ本を記録するのになんの意味があるのか

月に1冊前後しか本を読まない人にとって、読んだ人を記録するなんて、なんの意味があるのかと思うのではないでしょうか。いくつかの理由があります。一番大きい理由は、記録することは脳にも記録することだからです。本の内容を忘れにくくするのです。

月に1冊でも継続して読むようになってきたら、記録することをおすすめします。記録の方法や記録する内容は、様々にあります。あまり負担になるようだと継続が難しくなります。

最初は手軽にできるように負担を少なくすると良いと思います。書くことで残していくと、気がつくと、自分の言葉に変わって発言するようになっているかもしれません。

また目的を記録だけではなく勉強のためと広げて考えると、読書ノートの書き方も変わります。読んだ後でアウトプットするか、読みながら書くことで指からも脳へインプットするかの違いがあります。

読書記録のアプリは自分スタイルで選ぶ

読書記録アプリはとても進化しています。入力方法はバーコードをカメラで撮るだけでOKです。そのほかの機能は様々です。中には、図書館とネット接続で貸し出し状況の管理ができるアプリまであります。

まとめ

読書ノートに書くという、1番目のアウトプットの次は、2番目の行動に生かすことです。

この2つのアウトプットを継続することで、月に7冊とは言わず、4冊程度でも、効果的になるはずです。

実は、筆者は、自分の体験として、読書ノートと行動に生かすことを継続した結果、成果を得た経験を持っています。読書ノートを書いて、本を読むことは、本当に確実な自己投資です。是非、お試しください。

関連記事

読書をすることで人は経済的にも人間的にも豊かになれる

読書ノートがアウトプットとして有益である理由とやり方*当記事

読書ノートの書き方|文章力・読解力を高めたい人におすすめ

読書記録をノートに書いて自分の行動に役立てる

読書ノートのコツはテンプレートOK!重要なのは形式ではない

読書メモの取り方はメモアプリにメモしながらがいい

読んだ本を記録することに意味はあるのか|読書の記録

読書ノートに選ぶなら無印が最適な理由

読書記録アプリを厳選しておすすめ!試して選ぶがおすすめ

読書ノートめんどくさいがやり方で効果が大きい|繰り返し読むのと同じ

読書ノートの作り方は目的によって異なる|目的が違えば面倒なだけ

読書ノートは小説でも書くメリットがある

読書ノートはiPadアプリで手書き入力するのが一番効果的

本の内容を忘れる人は24時間以内に読書ノートを書くべき

読書ノート アウトプット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる