本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント

要約

本の要約ができるようになると、間違いなく仕事はうまくいくようになります。本の要約のスキルは仕事に活かせる最高のスキルです。

本の要約ができるようになるには、本の文章中の要点を的確に見つけられるようになります。文章中の要点が見つかるようになると、会話中の相手の話の中からも要点を見つけられるようになります。

文章や話の中から、「要点は何だろう」と考えながら読み取る習慣がついていくと、仕事の中で、聞き落としや見落としがなくなり、仕事の精度が上がります。

会社の中では、上司や経営者から、信頼の置ける存在として見られるようになるでしょう。

この一連の流れがスムーズにできるようなれば、仕事はうまくいくようになっているはずです。

目次

本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント

社会人が仕事で使う基本的スキルで主なものは、読解力・語彙力・文章力と要約力です。

主にこれらの4つの能力を身につけると良いとされています。しかし、実は要約力をしっかりと身につければ、他の3つを意識せずとも自然と身につくはずです。

ですので、意識すべきは要約力です。組織の中で働くものとしては、最強のビジネススキルとも言えます。(2人以上になれば組織です)

要約力こそ最も重要な基本スキル

要約 (1)

裏返せば、他の3つのスキルが、そこそこにあるとしても要約力がなければ、最悪の場合、仕事ができない人と見られてしまう可能性があります。

要約の意味はおそらくは知らない人はあまりいないと思いますが、一般的には「文章などの要点をまとめて短く分かりやすくすること」、あるいは「したもの」です。

このスキルは働く場面の全てで現れます。

業務の結果をまとめて報告書に書くときに必要です。その前に上司に口頭でも要約して報告しているかもしれません。情報を他の社員に連絡して共有する場面でも必要です。チームで課題について議論しているときにも要約した話し方が必要です。

要約のスキルが必要な人は、社内社外問わず、人に会う可能性がある職種全てです。必要じゃない業種はないです。唯一必要ではない人は、一人だけで働いている人です。

要点を漏らさず、きちんと相手に伝えられる人の評価が上がります。要点以外の情報は、必要に応じて、伝えるものです。

プロのライターが要約した音声を聞くのも参考になる

読んだことがある書籍で、要約された本の音声を聞くのは、要約の参考になります。またYouTubeチャンネルでもプロのライターの要約ではありませんが、参考に聞くことはできます。

要約力というビジネススキルが上がれば仕事がうまくいくようになり評価も上がる

社会人になると色々な悩み事が増えたりしますが、多くが「人」に関係します。人とは、同僚・部下・上司・顧客・取引先など、全員です。ほとんどの問題やトラブルの原因は、誰かから誰かへの伝え方が、相手にわかりやすく要約されていないことに原因があります。

まず要点を伝えることです。その他にも関連する重要情報があることを伝え、今すぐ話すべきか後にするか、書類にするかを相手の都合に合わせるのです。

しかし、多くの失敗パターンは、要点を伝え漏らしたり、今すぐに必要ではない関連情報を伝えることで、相手に優先順位を間違えて判断させる原因になってしまうなどの状況が発生しています。

本の要約で注意することは何?どうやってやればいい

本の要約をすることで、間違えるのが多いのは、本の要約をあらすじと錯覚していることです。

あらすじは、元の書類や報告すべきことについて、順番に伝える必要があります。物語であれば展開の順番に合わせる必要があります。リアルに起きた物事の場合なら、「時系列に沿って説明せよ」と言われた場合には、あらすじになります。

本の要約で重要なのは、「要点をみつけること」です。次に要点に関連する物事です。時系列は関係ありません。

本の要約では章ごとに行うのも一つの方法

本の要約を作成する場合などで、元の原稿が長く、複数の章や節で区切られている場合は、章ごとに要約をした方が要約がしやすくなるケースもあります。

本の要約を章ごとに行う場合は、章ごとに要点を見つけてまとめ、最後に全体をまとめます。

本の要約以外に、論文や社説を要約してみるのも、トレーニングになります。文書によって、構造が違います。要約のやり方にも違いがあります。あるいは、どこまで要約するのかによって、どこまで原文を削るのかという状況が変わります。

実際に要約をしていく場面での書き出しや練習法について紹介

実際に要約をしていく場合に、注意すべきことがいくつかあります。例えば、要約の書き出しはどうしているでしょう。参考までに、アドバイスを紹介します。

要約の練習をするのには、新聞社の社説を閲覧することが参考になります。小説などと比べると遥かに短い文字数ですので、日々の要約の練習にはちょうどよい長さです。

深く考えずに要約ができるようになるまでは、毎日にように練習した方がいいです。なんといっても毎日の業務の中に影響することです。数ヶ月後には周りの対応や評価に違いが出てくるはずです。

営業の商談テクニックには意味のない雑談をすることはありますし、必要なことです。それ以外に、社外も社内も常に、要約した文章・要約した話し方を使い続けてください。

もし、要約文を提出する場面があるときは、こちらの記事をご参照ください。順番に従って進めていけば、難しくはないはずです。

本の要約が違法になる場合もある|本の要約をYou Tubeで公開すると違法

余談ですが、本の要約として作成したものをWebやネットに安易に後悔することはやめた方がいいです。著作権侵害に当たり違法となる可能性が大きいからです。ですので、例えば、YouTubeで要約チャンネルというタイトルなのに、内容は要約ではなく、紹介や解説を行っているのは、違法となることを避けるやり方なのです。

要約ができないとどうなるの

当記事の冒頭で、紹介しましたように、「要約」は社会人が持っておくべきスキルの中で、最も重要なスキルです。社内でも社外でも、要約した文章による会話や文書が使われるからです。

もしもできないでいると、どうなると思いますか。社外では、商談や交渉の主導権は持てなくなります。社内では、上司からの評価だけではなく、同僚からも、話にまとまりのない人と捉えられます。

「話にまとまりがない」という言葉はどういう意味なのか。それは、話の中、あるいは文章の中で、どの部分が要点なのか分からない状態を表しています。

自分の仕事の相手がそういうタイプだと想像するとわかると思いますが、非常に仕事がしにくい相手になりませんか。

要約ができない人になって困ることは、仕事がしにくくなるということです。さらに、困るのは、気づいていないのは、自分だけの可能性があることです。

もしも、あなたが本を読まない人ならその可能性は大きいです。知らないのは自分だけというのは、辛い話ですが。

要約には便利なサービスもある

最近は、AIがオンラインで要約文を作ってくれるサービスがあります。試してみるとわかりますが、出来上がった要約文をそのまま使えるかというとまだ要改善レベルではありますが、要点の見つけ方などは、参考になると思います。

本要約サイトは無料

仮に要約サイトのAIのレベルがもっと上がれば実用レベルにはなると思いますが、有料になる可能性は大きいです。ある意味、現状は試験段階でサイトのサービスを無料で受けられるのかもしれません。

ですので、現状の出来具合で、もしコピペして使った時には、大恥をかいてしまいますので、要注意です。

現段階では、参考資料として使うのなら非常に便利です。

本の要約サービスでランキング1位はflier

要約には、要約をしてくれるサービスの他に、販売されている書籍の要約を読んだり聞いたりすることができるサービスがあります。

複数の会社が競合状態ですが、ランキング1位で飛び抜けて使いやすいのは、フライヤーです。ユーザーは購入してから失敗したと思うことがなくなり、本の売り上げはむしろ伸びてると言います。

実は、新聞社ではネットニュースの見出しづくりや抜粋文の抽出に、要約アプリを使って、自動生成しているようです。身近なところで、要約されたものを私たちは見ているのです。

まとめ

冒頭で要約力が最も重要とお伝えしましたが、正確に言えば、要約力を使うためには、読解力が必要なります。

文章全体で作者が何を言わんとしているのか、あるいは会話の中で何を言おうとしているのかを理解すると、要約はしやすくなります。

つまり読解力で相手の言いたいことを理解するわけです。そして、語彙力で相手の言葉や文章の中にわからない言葉があったら、調べないといけないです。

そして、要約文にまとめるときには、メールで送るにしても、レポートにして、上司に見せるにしても文章力が必要になります。つまり、要約力は3つの力が揃っている必要があります。

そして、揃ったときには、最強のビジネススキルになるのです。

関連記事一覧

要約

本の要約を読むのか書くのか|書くときは注意が必要

本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント*当記事

本の要約を音声で聞くなら方法は2つ

本の要約は著作権侵害にあたる場合がある【違法注意】

本の要約をブログに書くなら個人的感想のみ

本の要約とレポートと読書感想文の違い

本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方

本の要約は違法でもYouTubeチャンネルが続いてる理由

本の要約は章ごとがコツ|書き方がわかれば苦手じゃなくなる

要約

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次