本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方

フライヤー,要約

ビジネスユースの本の要約アプリ「フライヤー」は、読書をする人では今や知らない人はいないのではないだろうか。

ビジネス書を読みたい多くの読書ユーザーのことをよくリサーチした料金プランが設定されているのが最大の魅力です。

コストだけを考えると年払いプランで、月あたりのコストが安い要約サービスは他にもあります。しかし、忙しいビジネスマンは、忙しい月によっては読書に時間を取れないと感じるものです。

当然読書のための下調べに、要約サービスを利用する機会が減少する可能性があります。フライヤーは、ビジネスマンの使い勝手をリサーチしたと思われる月払いプランが有ることが、個人ユーザーにとっては最適のプランだと感じさせます。

要約サイト・アプリのサービスの中で、現状で1強のイメージすらあるフライヤーですが、弱点はないのかも合わせて掘り下げ紹介します。

目次

本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方

フライヤー,要約 (1)

要約サイトの必要性については、説明は不要かもしれませんが、軽く確認をします。

この場合の要約サイトとは、テキストを要約してくれる要約サイトサービスではなく、要約された書籍を読めるというサイトです。

紙の本で販売されている書籍を、10分程度で読める程度の分量に要約されています。上を目指すビジネスマンが限られた時間の中で、時間とお金の無駄にならずに良書を見つける手段として活用されていますし、企業が社員教育で活用させている話も聞きます。

本の要約アプリはビジネス書ユーザーの新しい読み方を提案してくれた

社会人がビジネスマンとして成長していくために、ビジネス書を読んで仕事に活かすことは、必須のこととなりました。実際の仕事に活かせるヒントが見つかるからです。

しかし、どのビジネス書も有益かといえば、既に知っていることばかり書かれていたり、逆に想定した内容とは違っている場合も少なくありません。

本の選び方は、それぞれです。一般的に多いのは、著者とタイトルと目次、そして書店やオンラインサイトのランキング・口コミや星の数・帯に書かれた推薦者の声、などです。それでも、買ったことを後悔することもあります。

要約アプリ・サイトは、ビジネス書の新しい選び方・読み方を提案してくれました。事前に要約された内容を知ってから、有益だと感じたビジネス書を購入できるようになりました。買ってから失敗することが激減します。

これまでも書評で、ビジネス書の内容をある程度知ることはできていました。しかし、書評は口コミと同じです。個人の主観が入ったものです。

本の要約は、基本的に個人の主観は入らず、本の内容の要点がまとめられているものです。ビジネス書ユーザーは、本の要約アプリを使って、本選びをすることで、失敗することが少ない読み方ができるようになりました。

本の要約アプリやサイトなどのサービス

実は本の要約にフォーカスしたサービス自体は、比較的古くからあります。

例えば、TOPPOINTは約30年ほど前から、紙で要約文を提供しています。

また、SERENDIPではビジネス・経済のジャンルを中心に、日本ではまだ翻訳されていない外国語の本を日本語で配信しています。それらのサービスに魅力を感じる人も多いでしょう。(配信はメール)

さらにBOOK -SMARTでは、SERENDIPよりも扱い数は少ないものの、利用料金(年額設定)を約40%ダウンさせた設定でサービスを提供しています。

そして、当記事が注目したフライヤーflierがあります。

本の要約アプリ・サイトの料金設定は

実はフライヤーは、要約サイトの中で料金に特徴があります。

flierフライヤーの料金プラン
・フリープラン月額0円(無料コンテンツ20冊程度)
・シルバープラン月額550円(税込)(無料コンテンツ20冊の他に、有料コンテンツを月5冊まで)
・ゴールドプラン月額2,200円(税込)(全てのコンテンツが読み放題)
・法人プランでは、利用状況の管理画面の利用が可能

TOPPOINTの料金プラン
・定期購読 年間12冊 年額13,200円(単なる要約ではなく重要ポイントやキーワードについても解説されている)

SERENDIPの料金プラン
・年間プラン 年間33,000円(税込)(1冊を約3000文字に要約)
・法人は利用人数10人以上から利用可能になり、月次契約も選択可能になる
・法人20人で利用の場合 年間契約20,328円(税込) 月次契約25,410円(税込)

BOOK -SMARTの料金プラン
・年間プラン 年間19,800円(税込)

フライヤーが成長している理由は、料金プランが月次型であることが大きいと思われます。

一月あたりの金額であれば、BOOK-SMARTの方がむしろ安い(一月あたり1,650円)です。キャンペーン中ならさらに安い(一月あたり1,402円)設定になっています。

flierフライヤーには無料プランもある

flierに無料のフリープランがあります。20冊程度ではありますが、flierが自分にとって有益かどうかを確かめるには、十分です。

「本の要約アプリの使い勝手って、どんな感じだろう」と迷いがある方は、無料のフリープランを試してみることをおすすめします。

また、フルで使えるゴールドプランを7日間無料体験という選択もあります。2700冊超の要約の中から読み放題で利用できるのがゴールドプランです。

無料のフリープランか、ゴールドプランの7日間無料体験か、無料で確かめてみることをおすすめします。

本の要約アプリおすすめのフライヤーの評判やデメリット

常に人気があるものや評判の良い商品やサービスには、かなり反対の声があります。

フライヤーにもマイナスのさまざまな声があります。

少し紹介しますと、以下のようにあります。

「flierのサービスは良いがジャンルが微妙」

「音声の読み上げ機能ついてるが、Audibleの方が使いやすい」

「flierはコンテンツはいいですね。サイトアプリの使い勝手がね〜」

flierフライヤーは、もともとビジネス書や実用書が中心であり、10分程度で1冊を読めるほどの要約文が書かれています。音声の読み上げ機能はついていますが、オマケで追加の機能であり、メイン機能ではありません。

本の要約を朗読してくれるアプリは

本を朗読してくれるアプリは、Audibleを初めとしてたくさんあります(アプリによって、プロのナレーションの場合と、AI音声の場合もあります)。

ただし、本の要約を朗読してくれるアプリは、現状はflier一択です。前述の通り、朗読についてのレベルはそう高いものではありません。

しかし、耳で本の要約を聞くことができるアドバンテージは、勉強のためにも、ビジネス書をたくさん読む必要があるビジネスマンにとって、とても魅力ある機能です。

まとめ

ビジネスマンに限らず、社会人になりますと、自分の未来のために勉強するためにビジネス書を読む必要性や必然性が高まります。

しかし、意外に時間がかかってしまうのが、本を選ぶことです。さらに、よく選んだつもりなのに、読み始めてみると、8割がた知っていることばかりということもあります。

また、偏った内容や浅い内容でがっかりしてしまいます。そんな時は、お金と時間を返してほしい気持ちになりますね。

しかし、本の要約アプリを使うと、本の内容を事前に知ってから、本を購入できるので、本選びに余計に時間を書けることや、失敗することは減りそうです。

関連記事

読書をすることで人は経済的にも人間的にも豊かになれる

本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント

要約の意味が分かればビジネススキルが上がり給料も上がる

要約の仕方は要点を抽出し要旨に沿って合成することにある

要約サイトのサービスが超便利!読解力・文章力が身につく

要約アプリは新聞社でも使われている

社説を要約する|社会人が要約力をつける練習に最適テーマ

本の要約は章ごとに|書き方のコツ

要約を練習するアプリ|練習しないと大事なことが伝わらない

本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方*当記事

要約のコツは文章の種類によって違う

要約とはどうすればいいのか?仕事では要約して話せてますか?

本の要約を音声で聞くなら方法は2つ

本の要約は著作権侵害にあたる場合がある【注意】

要約の書き方は順番にやれば難しくありません

要約力|トレーニングして要約力がある人になる

要約の書き出しは具体的にどう書けばいい

要約が上手い人とできない人は何が違うのか

要約のやり方が難しいのは要点が分からないから

本の要約をブログに書くなら個人的感想のみ

本の要約レポートと要約と読書感想文の違い

要約力を高める方法|要約ができない人は仕事が出来ない

要旨とは何か?分からないと要点も分からないし要約もできない

要点とは何か?要点をまとめるにはどうする

要点をおさえるは押さえるが正しい|使う場面での意味も確認

要約ができない人の特徴|放置してると損するだけ

要点を絞る7つの話し方にすれば何を言いたいのかが伝わる

要点の書き方はまとめるか箇条書きにするか

箇条書きでわかりやすく伝える|要点を伝えやすくなる

要約力がある人は評価されやすい|社会人必須のスキル

要約では具体例は省くのが正しい

要約力は社会人の伝える基本|仕事で伝えるスキル

フライヤー,要約

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる