本の要約を読むのか書くのか|書くときは注意が必要

本の要約

本の要約とは、本の要約をすることと、本の要約をしたものです。

基となる本の内容を変えずに、要点をまとめて短く簡潔にしたものと、することを指します。

当記事では、その両方のケースについて関連する記事をまとめて紹介しています。

詳細についてはそれぞれの「続きを読む」から御覧ください。

目次

本の要約を読むのか書くのか|書くときは注意が必要

本の要約と言えば、学生ならば「要約は書くもの」とイメージしていると思います。

しかし社会人になると、本の要約といえば、本を購入する前に下調べ的に「読むもの」というイメージです。

また要約には、著作権侵害というリスクもありますので、ルールをきちんと守る必要があります。

本の要約を読むならフライヤーが最強

本の要約を有料で読むことができるサービスを、複数の会社が、それぞれが事業化しています。その中で筆者も愛用し、おすすめできるのがフライヤーです。

他の企業の要約サービスには、価格面で有利なものもあります。しかし、企業が法人として申し込んで利用する印象が強くあります。(年払いが基本)

フライヤーだけが月払いが可能なので、個人ユーザーが使いやすい印象があります。

扱っている本のジャンルは、それぞれが少し違いがあります。「続きを読む」で、各社のサービスの違いや料金設定の違いを紹介していますので、ご参照ください。

本の要約を音声で聞く

本を音声で聞くといえば、Amazonのオーディブルのようなオーディオブックのサービスをイメージすると思います。最近では、電子書籍を扱う会社が増えて、どこを選べば良いのか迷ってしまいます。

しかし、本の要約を音声で聞けるというと、選択肢はグンと狭まります。現状は2択です。前述のフライヤーによる音声サービスと、YouTubeの要約チャンネルの音声を聞く方法です。

ただ後述しますが、YouTubeの要約チャンネルは、チャンネル名には「要約」が含まれていますが、実際には要約ではありません。正しくは、本の個人的解説チャンネルという名前が正解なのだと思います。

もしもタイトル通りに、「要約」を著作者との契約なしに行なっているとすれば、それは著作権侵害という犯罪になってしまうので、大問題でもあります。

本の要約は著作権侵害の可能性

著作者に無断でコピーを取って配布したり、ネット上で公開すると、著作権侵害という犯罪になります。事前に著作者と公開や掲載に関して条件等について許諾をもらう必要があります。通常は契約書を取り交わすものです。

学年が教育の場という特定の場所だけで要約をするなどの場合、著作権侵害にあたらずに使うことができます。

それでも、読書感想文に関するあらすじや、要約や読書レポートなどで、俗に言われる「ネタバレ的に使う」場合は一定の使い方によって、引用として使うことができます。

大学の読書レポートや要約書の作成に関する注意書きには、詳しく書かれています。引用ルールや著作権侵害については、大学では大きな問題と考えています。

本の要約は違法のはず|YouTubeの要約チャンネルが続いているのは

本の要約は、本当に要約をしていて、それがブログであろうとYouTubeであろうとネットに公開されている時点でNGです。問題なく公開できるためには、著者と契約を締結する必要があります。

著作権侵害は親告罪(近年かなり変更があるので、いずれは親告罪ではなくなるかもしれません)です。ネットに公開されていることを知った被害者(著者)が告訴した時点で、犯罪確定となります。

結論を言えば、YouTubeの要約チャンネルはかなり多くのユーチューバーたちが、「要約」という名前をつけたチャンネルを公開していますが、本当に要約をしている動画はないということです。

原作と同じアイディアや理論などについて、動画が作られていても、表現しているキーワードや表現を全く違う方法や言葉で表現している場合、著作権侵害にはあたらないとされています。

つまり本の内容については、よく似たことが語られていても、原作に書かれている言葉を使わず、表現の仕方は自分独自の表現で表している場合、要約にはあたらないということになります。

本の要約をブログに書くなら個人的感想文のみ

自分の好きな著者や感銘を受けた書籍を自分のブログで紹介しているケースがあります。

自分が好きな本を他の人にも知ってほしいというブログもありますし、本を紹介することで収益化しているブログもあります。そこで注意する必要があるのが、前述の著作権侵害のことです。

あらすじにしても、要約にしても、詳しく書かれていて、本の内容がよくわかるという場合は、著作権侵害にあたる可能性が高くなります。

余計な疑いを持たれないように、本を紹介するのであれば、自分自身の主観的な意見として、紹介することです。

本の中にある本の数行であっても、書き写してはNGになります。注意を受けて、その後は気をつけますという軽いものではありません。著者に無断で本の中の一文を書き写すのであっても、罪になります。前述のYouTubeのように、タイトルが要約やあらすじ・ネタバレなどの表記をすることは、かなりハイリスクということです。認められているのは、個人的な感想を公開することです。

本の要約ができるようになると仕事がレベルアップする

会社員として、仕事を評価してもらうことは嬉しいものです。良い評価が何度かあるうちに、昇進昇格や昇給を経験することになるでしょう。では、何によって評価されるのかというポイントについて考えていくと、なかなか答えが出ないものです。

それは同じ会社の社員として働いていても仕事の役割が違うから、評価されるポイントが違うと感じるからです。

しかし実はどの職種であっても、能力評価についてのポイントは同じなのです。それは社会人としての国語力です。その中の主なものは、読解力・語彙力・文章力・要約力です。この4つの能力をレベルアップすることで、営業・事務・技術・製造などの違いがあっても、能力として公平に評価することができます。

もしあなたが、会社の中で、もっと公平に評価してほしいという願いを持っているのなら4つの力を今よりもレベルアップさせることです。そして4つの能力は互いに関連しあっています。要約力を上げる練習(トレーニング)を続ければ、他の3つの能力も同時にレベルアップしていきます。

これは、筆者の40年間の社会人経験(会社員〜経営まで)の中で、実感していることです。この4つの能力をレベルアップさせることで、上司や周りの人から信頼されるようになっていきます。

たまにお試しで昇格(能力があるのかどうか判断できずに、チャレンジさせてみようとする昇格)する場合があるかもしれません。その場合、急いで能力アップをしないと、降格することになります。

本の要約と似ているレポートと読書感想文

似ていると説明しましたが、本来は意味が違います。

本の要約は、本の内容を変えずに短く簡潔にまとめることです。基本的には、自分の意見を含めないものです。ただ、公開する場によっては、著作権侵害に抵触することになります。個人の勉強のためや教育の場であればよいです。ネットに公開したり、コピーを配布すると犯罪の疑いを持たれます。

本のレポートは、出題者によって意図することが違う場合がありますので、確認をすべきですね。一般的な読書レポートでは、要約+考察の形式で書きます。考察では他に参考物件をエビデンスとして引用して、自分の意見を客観的なものとして示します。問題提起や共感によって、意見を示します。

本の読書感想文は、そのままの理解です。自分が何を感じて、何を学んだのか、読む前と読んだあとで何が変わったのかなどについて自分の意見を書きます。レポートの考察のように客観的根拠は必要ありません。

まとめ

本の要約に関連する記事を紹介しています。

本の要約には、本の要約を読む場合と、本の要約を書く場合があります。

本の要約を書くことは大変勉強になりますが、著作権侵害のリスクもあります。ただし、ネットに公開しなければ、問題にはなりません。

ただし要約を私的に活用することは、メリットが大きいので、要約で練習したほうが良いです。要約の練習をすれば、同時に読解力と語彙力と文章力のレベルアップにも繋がります。

関連記事一覧

要約

要約とは簡潔にまとめること|社会人は要約して話している

文章を要約するのは社会人には毎日のこと

要約の意味は何をやること?どうやる?サマリーとの違いは?

要約の類語サマリーとレジュメの違い・言い換え・同義語・対義語

要約が上手い人とできない人は何が違うのか

要約ができない人の特徴|放置してると損するだけ

要約して話すのが社会人の話し方

要約の方法|社会人は要約しながら話す

要約の書き方

要約には書き方のコツがある

要約のコツには基本と手順がある|文章の種類によって

要約の書き出しは具体的にどう書けばいい

要約の書き方は順番にやれば難しくありません

要約の文字数の目安はどのくらいにすべきか

要約では具体例は省くのが正しい

要約の書き方|大学生の手順とコツ

要約のやり方が難しいのは要点が分からないから

要約の練習をして身につくのは要約のコツ以外に文章力と読解力

要約の仕方は本の要点を抽出し要旨に沿ってまとめる

本の要約は章ごとがコツ|書き方がわかれば苦手じゃなくなる

本の要約

本の要約を読むのか書くのか|書くときは注意が必要*当記事

本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント

本の要約を音声で聞くなら方法は2つ

本の要約は著作権侵害にあたる場合がある【違法注意】

本の要約をブログに書くなら個人的感想のみ

本の要約とレポートと読書感想文の違い

本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方

本の要約は違法でもYouTubeチャンネルが続いてる理由

要約力

要約力とは社会人が仕事で使う基本ビジネススキル

要約力のトレーニングして要約力がある人になる

要約力がある人は評価されやすい|社会人必須のスキル

要約力を高める方法|要約ができない人は仕事が出来ない

要約力がない人が困ること

要約力を学ぶ本|おすすめするのは一冊だけ

要約練習ツール

要約サイトのサービスが超便利!文章力のスキルも身につく

要約を練習するアプリ|練習しないと大事なことが伝わらない

要約の練習にはTwitterが最適

要約アプリは新聞社でも使われている

社説を要約する|社会人が要約力をつける練習に最適テーマ

本の要約

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次