文章力がすごい人は会う前から信頼関係ができている

文章力 すごい人

文章力とは、社会人の仕事においては、相手に伝えたいことをわかりやすく文章で伝える能力です。

小説なら、文章の力で感動させることができる能力かもしれません。しかしビジネスでは伝えたいことを文章にして、相手が読みやすいと感じ、分かりやすいと感じ理解してもらえることが文章力です。

そして文章力には高い人と低い人がいます。文章力が高い人の中でも、すごいと言われる人は、会う前に送った文章を読んでもらうことで、相手に信頼感を感じさせるレベルにあります。後日初めて会った時には、すでに相手の心の中に信頼関係があるのです。

その後の仕事が楽になることは言うまでもありません。

文章力がすごい人がどんな文章を書いて、信頼関係を得ているのか、そのヒントを紹介します。

目次

文章力がすごい人は会う前から信頼関係ができている

文章力 すごい人1

文章には人柄が現れるといいます。良い方にも悪い方にも、文章を読んだ相手には感じとられてしまいます。

多くの場合は、言葉遣いや言葉選びで感じるものです。しかし、文章内容でも人柄を感じるものです。そして、毎回100%というほどではありませんが、会ってもいない段階で信頼までを感じさせる文章力がすごい人がいるのです。

文章力とは伝えたいことを文章で相手に分かりやすく伝えるスキル

冒頭に紹介しましたように、社会人にとって大事な文章力とは、文章で人を感動させるスキルではありません。それが必要なのは、文章を書くことを仕事にしている小説家などです。

社会人の場合は、文章によって相手に伝えたいことを分かりやすく伝える能力です。相手は、社内社外に限定されません。

相手にわかりやすく伝えることは、ごく当たり前のことだと感じる人も多いかと思います。しかし現実には、書き手が思っていることが相手にきちんと伝わっていないことは少なくありません。それは読み手の読解力の問題だと考える人もいるかもしれませんが、文章力が高い人・すごい人は文章作成の段階で、読み手への想像力を働かせて、読解力の問題にならないように、文章作成をしています。

ですので、相手が理解できない・伝わらない原因は、書き手の文章力が低いことで文章が分かりにくいことにあります。まずは分かりやすい文章を書く練習が必要です。

文章力がすごい人は文章でも信頼関係が作れる

文章力がすごい人の事例を理解するのに最も分かりやすいのは、営業の事例です。

昔の営業マンは、顧客から信頼を得るために何度も訪問面談をして信頼関係を作っていました。直接会うことで表情から受け取れる情報がたくさんありますので、信頼関係は構築しやすい時代でした。

しかし現代は、面談するチャンスは非常に少なくなっています。コロナ禍の影響だけではなく、インターネットやスマホの進化によって、コミュニケーション方法が変化したのです。現代のコミュニケーションはほとんどの場合、メールが中心になっています。通話さえも限定的です。

ですので実際に面談をすることは、具体的な商談の場面ということが増えています。商品やサービスによっては、それすらもオンライン上で完了しています。

文章力がすごい人は、面談前のメールのコミュニケーションで、信頼関係を構築できているのです。

文章力がすごい人は初回面談時に既に信頼されている

不動産売買などの高額商品の契約に関することも、現在は実際の面談による商談の場は減少しています。一昔前のように、何度も面談することはなく、1〜2回の面談で完了してしまいます。

文章力がすごい人は、初めて面談する時点で読み手が営業に対し信頼を持っています。メールの文章力によって、読み手は信頼を感じているのです。

前述したように、それは言葉遣いや言葉選びだけではありません。文章内容にも左右されているのです。

文章力がすごい人は事前の調査と相手への想像力がすごい

文章力がすごい人が初回面談で既に信頼されるレベルにあるには、当然理由があります。

文章力がすごい人のポイントには以下のようなことがあります。(社会人が相手に伝えるための文章力)

文章力がすごい人のポイント

・メールの内容が定型的ではない

・自分のケースに最適化されている

・会ったことも話したこともない段階だったとしても読み手が知りたいことが網羅されている

先に営業マンが顧客に対するイメージで解説をしていますが、営業でなくとも社内社外であっても、文章力がすごい人の基本は同じです。社内なら、部下から上司・上司から部下のケースも基本は同じです。

文章力がすごい人は、わずかな情報を手がかりに可能な限り調べられて文章作成をしています。また相手の心理や考え方に対して想像力がすごいです。

相手が考えるかもしれないこと・知りたいと思われること・不安に感じていることなどについて、先回りして書いてあるのです。言葉遣いや表現にも配慮されているので、断定的な決めつけにはならないのです。

よく調べられていて、想像力を働かせて、個人宛に最適化された文章は、読み手は信頼感と安心できる説得力も感じてしまいます。いわゆる仕事ができる人と言われる方の文章力は、このようなレベルにある人が多いです。

まとめ

文章力がすごい人の文章には、信頼感を感じるものです。感動させる文章や上手い文章とは少し違うものです。相手には安心を感じさせ、任せられると感じるのです。

基本となるのは、事前調査と相手への想像力です。逆に言えば、調査不足で相手への想像力に書ける文章は、書き手が言いたいことだけを言っている文章となり、信頼とは程遠い文章になります。

関連記事一覧

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須

文章力のトレーニングはアプリで出来るのか|文章力を鍛える

文章力とは何ができる能力?文章力がないと困ること

文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに

文章力の本を1冊選ぶなら|たくさん読んでも意味がない

文章能力と文章力は同じもの?文章作成に関する能力は他にもある

文章力鍛えることは社会人として最低限やっておくべき

文章力と頭の良さは関係が深いと思われているが

文章力がある人の特徴|文章にも7つの特徴がある

文章力をつけるには何をすればいいか|最速は真似すること

文章力には読書は必須だが不十分|他にも重要なことが

文章力あげるにはどの講座がいい|独学との違いは

文章力がない人の特徴|頭が悪そうと思われている

文章力がないと頭が悪い印象になる

文章がうまい人のルール|やることとやらないこと

文章の校正をしないと評価と信頼を落とすことになるかも

文章を書くのが苦手でも手順どおりにやれば書けるようになる

わかりやすい文章を書く人が注意しているコツ

文章を直すことの言葉の使い分け|校正・推敲・添削・改稿・校閲

文章力がすごい人は会う前から信頼関係ができている*当記事

文章の書き方の基本は読みやすく分かりやすく信頼できる文章

文章力 すごい人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる