文章力がある人の5つの特徴|文章の書き方に7つの特徴がある

文章力がある人,特徴

文章力のある人の特徴といえば、読みやすく分かりやすい文章を書いてくれる事です。

文章力は職場やビジネスにおいては、実はかなり重要度が高い基本スキルです。実際に、文章力がある事で、昇進昇給のチャンスが広がる事は、普通に起きています。高い学歴やIQがあったとしても、報告書やメールの文章が、分かりにくい場合、昇進のチャンスはやってこないかもしれません。

当記事では、文章力がある人の特徴・書かれた文章の特徴にフォーカスし、紹介しています。

目次

文章力がある人の5つの特徴|文章の書き方にも7つの特徴がある

文章力がある人,特徴 (1)

文章力がある人には共通する特徴があります。

自分の周りにも、特徴に該当する人がいるのではありませんか。
文章力があると言われる人、文章力がすごい人には、以下のような特徴があります。

文章力がある人の特徴

1.本をよく読む
2.語彙力がある
3.相手に対する想像力が高い文章力がある人は、言葉をよく知っています。
4.共感力が高い
5.考えることが得意

語彙力があるということを難しい言葉をしっていることだと誤解している人がいますが、語彙力があるとはそういうことではありません。一つのことの表現であっても、類語や言い換えの言葉が瞬時に出てきます。

逆に平易な言葉を使って、相手へ良い上手く伝わるようにとと想像力を使った言葉選びも、頭の中で何度もしてそうです。

それは、本をよく読んでいる事で身についたものです。実に多彩な表現の言葉を知っています。そして、それらの言葉を使ったときの相手への共感や想像力のレベルも高いです。

相手にとって読みやすくなっているかどうかへの想像力レベルも高いです。

残念ながら、文章力がない人は、本をほとんど読んでいませんので、言葉を知りません。自分の書いた文章を相手が読みやすいか、どう感じるかへの想像力も不足しています。話していても、表情がフリーズするのですぐに分かってしまいます。

文章力がある人が書いた文章の表面的な5つの特徴

文章力がある人が書いた文章の特徴は次のようになります。

文章力がある人が書いた文章の特徴

1.相手側の視点が考慮されていて、文章がわかりやすい
2.言いたい事・伝えたいことが明快で伝わりやすい
3.必要に応じて、図解や部分的に箇条書きなどでまとめる方法が使われていて読みやすい
4.誤字脱字や、文法(構造的)のミスがなく、構造的にもシンプル
5.文章作成完了までのスピードが早い

文章力がある人が書いた文章は、一度読むと上記のような印象があります。現実社会では、文章力は重要度の高い基本スキルとして認識されています。

当然、昇進や昇給にも影響します。上司にとって、文章力が高い部下は、そばに置いておきたいと思います。管理職としての出世も期待できるでしょう。

文章力がある人、文章力がすごいと言われる人の特徴は、上記の通り、ベースにある事はこちらが何を伝えたいかということ以上に、相手が軸になっています。

文章力がある人の書き方の7つの特徴|分かりやすい文章の書き方

実際に文章力が高いとされる人達が書いている分かりやすい文章とは、具体的にはどんな特徴があるのかについて紹介します。

以下に紹介する特徴をまず真似してみてください。スポーツも芸術もビジネススキルも上手くなるには、「真似する」ことから始めるのです。世の中のすべてのことで、上達していくものは、「真似」から始まっています。

これまでに「君の文章は何を言いたいのか、分かりにくい」と言われたことがある人も、分かりやすい文章の具体的特徴を応用すれば、生まれ変わるかもしれません。

以下の書き方のポイントを応用してみてください。

文章力がある人の書き方の特徴

1.文章構造が「起承転結」ではなく、最初に「結」があること。論理的思考の構造。
2.難しい漢字や専門用語は、相手が専門家の場合のみに使用する。語彙力があり言葉の言い換えが上手い。
3.一つの文章のセンテンスは長くても2行目で文末「。」とする。
4.句読点「、」を適度に適切に挟まないと文章の意味が変わる場合がある。
5.文末は基本的に「ですます」にする。体言止めなどは使わない。
6.主語と述語の関係性をシンプルにする。極力、一文の中で完結させる。
7.感覚的表現(定性的)はなるべくしない。数値的(定量的)に表現する。

以下に詳しく解説します。

特徴1|最初に結論から書かれている(論理的思考の構造)

小説など、物語を楽しむ文章では、起承転結が相応しいです。

しかし、普段使う報告書やメールなどのビジネス文書では、「この文章は何について書かれた文章なのか」を明らかにしないと、読み手は途中で「結局何を言いたいのか」となってしまいます。

最初に結論、そして次にその結論に至る理由・原因です。これは論理的思考の代表的なパターンです。

そして、次に具体例があると、さらに分かりやすくなります。文章の最後は、結論の主張を繰り返し確認して終了とします。

結論が先にあり、つぎに理由や状況説明という論理的思考の順番で、文章を構成すると、読み手は、理解しやすく感じます。

特徴2|難しい漢字や専門用語が使われていない・語彙力で言い換えが上手い

理解度レベルに合わせて使用する言葉を選ぶ事は大事です。専門家同士の会話であれば、専門用語は、日常レベルの言葉になります。しかし、相手が専門家でない場合、難しい漢字や専門用語は、相手にとって読みたくない文章に変化してしまいます。

漢字はやめて平仮名にする、あるいは誰にでもわかる噛み砕いた表現にする等、「言い換え」や類語を使える語彙力を持っています。ポイントは言葉自体は平易なのに、言い換えや類語の言葉選びが上手いので、分かりやすいことです。

語彙力が高く、言葉を使いこなしているということです。

特徴3|一つの文章の文字数は短い方が読みやすい(30文字〜50文字)

長い文体に書き慣れてしまった方にとって、1行か2行で一文を完了していくスタイルは、箇条書きにも似た感覚になるかもしれません。

しかし、これが読みやすい文章の基本です。読みやすいかどうかを決めるのは相手です。相手にとって分かり易い文章でなければなりません。目安は、30文字〜50文字です。

一文が短く、簡潔に表現されている文章が良い文章となって、受け入れられます。

特徴4|適度に適切に句読点「、」が挟まれていて読みやすい

句読点「、」が極端に少ない文章を見かけることがあります。

句読点がなく、先の「接続詞・指示語」が使用されていると、どこにかかるのか、何を指示しているのか、が不明になることがあります。(経験浅のWebライターに非常に多い)

日本語の文章は、句読点の有無で文章の意味が、まるで別のものになってしまいます。そうなると、文章の途中で意味がわからなくなり、読みたくない文章になってしまいます。

特徴5|文末の表現が一貫している(基本はですます)|体言止めはしない

広告表現や小説によくある体言止めを文章の中に使ってしまう人がいます。

しかし社会人が書く文章はビジネス文章です。ビジネス文章には、体言止めはNGと考えるべきです。ビジネス文に必要なのは、「正確な情報」と「敬語」だからです。

ビジネス文章で言うところの文章表現とは、文章の変化やリズム感ではありません。どうしたら相手に読みやすく理解しやすく伝わるかのための文章表現です。そして、敬語です。

語尾が体言止めになっていると、実は意味は曖昧ですし、失礼に聞こえる場合もあります。基本は、「です・ます」で書くのがビジネス文です。

特徴6|一文の中で主語述語が完結している

一般的に文章力が必要とされるのは、普段使われるビジネス文書ですので、一文の中で、主語述語が完結している書き方を意識すべきです。

小説やシナリオなどと、ビジネス文書はまるで違うものです。小説の中で使われる一文のような表現はNGです。

特徴7|状態の表現には定量的表現がされている

例えば、「たくさん」という言葉に対して、想像する状態には個人感覚の差があります。戦略的な意図があって、あえて使う場合がないわけではありません。しかし、通常の文書で伝えたい事は、一般的に相手にも同じ状態を共感してもらう必要があります。共感してもらうには、具体的数値の表現が必要です。

例えば、「1000」という数値的・定量的表現をすれば、自分も相手も、「1000」でしかありません。自分にとっては1000、という事はないわけです。

まとめ

文章力のある人が書いた文章には、誰が読んでも読みやすいし、分かりやすいという特徴があります。

書き手がわかりやすいと認識していても、読み手がそう感じなければ、文章力がないと認識されてしまいます。

文章力がある人の文章の書き方を真似することから始めてみると、あなたも文章力がある人と認知され、周りの評価も上がるはずです。

 

関連記事一覧はこちら

文章力

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力があるとは相手に伝えられるということ|実はそれが難しい

文章力ある人が仕事でメールを書く時に注意してる点と習慣

文章力がある人の5つの特徴|文章にも7つの特徴がある*当記事

文章力がすごい人は会う前から信頼関係ができている

文章がうまい人のルール|やることとやらないこと

わかりやすい文章を書く人が注意しているコツ

文章力がある人,特徴

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次