輪読とは?意味とやり方と効果|最速で本を理解する方法

輪読

読書の方法の中に、「輪読」という方法があります。

読書好きが順番に読書を進めていくイメージでほのぼのしていますが、実態はかなりハードな読書法です。

ただし、最速で本の理解をすすめられる方法の一つと言えます。

目次

輪読とは?意味とやり方と効果

輪読 (1)

輪読(りんどく)とは、数人の人が順番に、1冊の本(あるいは2冊の本)を読んで、内容の解釈について、のちに意見を出し合うことです。

輪読の意味とやり方

輪読の言葉の意味は知らなかったが、職場や大学でやってた、という人はいるのではないでしょうか。

輪読は、ある意味、最速で本を理解する方法とも言えます。

輪読のやり方

大学なのか職場なのかで、やり方は多少違います。

当記事で紹介するのは、社会人が職場で行う「輪読」です。筆者の職場で実行されていたやり方について紹介します。

1)輪読のやり方は、1冊読む本を決めて、数人で順番に読みます。(マーケティングや問題発見解決関係の本が多かった)

2)具体的には、読むべき本が決められた順番で回覧されてきます。

3)細かなルールごとは、主催者か管理人によって決められますが、きついのは、読了日程が決まっていることです。(3日〜4日)

4)本が回ってきた時点で、次に渡す人の名前と期日が記載されています。

5)読み終えたら、期日までにレポートを提出し、後日全員分のレポートが回覧されます。

本来は、互いの解釈を知ることと、意見を出し合う場がある方が、さらに理解度は深まると思います。

しかし、筆者の場合は、部署や地域を、またいで実行されていましたので、互いの解釈の違いは、レポートの回覧で知ることになりました。これらも読書のアウトプットになります。

本を最速で理解できる理由|職場の教養レベルは上がります

一番きついのは、日程です。自分のペースでは間に合いません。

ハードカバーのビジネス書(10万〜12万文字)を3日〜4日で読み込んで、レポートを書くことになりますので、読書スピードはかなり早いです。

自分の普段のペースで読んでいたのでは、他の人に迷惑をかけてしまいますので、必死に読んだ記憶があります。(通常業務後が読書タイムでした)

当時は、マーケティングや問題発見や解決関連の書籍を題材に取り上げることが多く、かなり鍛えられた感覚があります。

輪読を実行しますと、職場のメンバーの読解力のレベルは間違いなく上がります。最速で理解する方法と考えてよろしいのだと思います。

輪読会とは

読書会でも、同じ書籍に関して、それぞれの気づきや学んだ知識を発表(アウトプット)することで、理解を深める方法もあります。

しかし、輪読会となると、1冊の本の理解度を深めるための会として開催されることが多く、1冊の本を分担して、章ごとに読むことで、互いの理解を含めるというやり方もあります。

ただし、協力し合って、1冊の本の理解を深めようということが主旨になり、通常の輪読とは少しニュアンスが違うものになりますし、理解度の深さは、前述の方法の方が深い気づきを得られる可能性があります。

まとめ

輪読については、「読書>解釈>議論」という形式こそ決まっていますが、細かな運用の仕方は、運用者によってかなり違う部分があります。

先に紹介しましたように、職場の教養レベルをアップさせるために行う場合など、最後の議論のために、集合することなどは現実的ではありません(全国の支店の有志10名ほどで行っていました)でしたので、レポートの回覧という方法をとっていました。

ご自身のアイディアで応用活用し、レベルアップのヒントになれば幸いです。

関連記事一覧

本の読み方

本の読み方11種|効果的な方法は目的によって違う

黙読をマスターすれば読書スピードが速くなり読解力が高くなる

精読とは?言葉の意味や同義語|精読の効果

積読効果にメリットがあるとしたら驚く?

通読とは初めから最後まで一通り読むこと

朗読とは?音読との違いと朗読の効果

速読の効果|音読(脳内)を止めるだけで効果は実感できる

速読方法と身につけるコツは想像以上に簡単

輪読とは?意味とやり方と効果|最速で本を理解する方法*当記事

素読とは声を出して読む方法|文章の意味が分からなくも効果がある

耽読の意味・使い方・効果

乱読の効果で商談の成功率が上がるメリット

多読を繰り返すとなぜ英語力は向上するのか

視読だけでも読書は十分速くなる

遅読はそれほど悪いことじゃない|場合によっては速読よりも良い

輪読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次