読書のアウトプットである記録する方法!手帳・アプリ・カード他

読書 記録 読書
スポンサーリンク

「せっかく本を読んだのに、いつの間にか内容を忘れてしまった・・・。」

このような経験はありませんか?

大人でも子供でも、小学生でもあるはずです。

子供の頃の読書環境が大人になって、仕事や収入に大きな影響を与えることは、たくさん研究されています。

子供や小学生には、読書記録は難しいことかもしれません。

その場合、代わって親が読書記録をつけてあげるのも、ありです。

 

スポンサーリンク

読書を記録するのは

読書 アウトプット 方法 おすすめ

読書を記録する方法は、たくさんあります。

読書は、継続しなければ、意味がありません。

なるべく、簡単にできて、自分にとって習慣がつきやすい方法を選ぶと良いです。

読書を記録する方法は、アナログからデジタルまで、たくさんあります。

読書と記録することは、すでに大人であっても、とても有効ですが、でも可能であれば、子供や小学生のうちから続けると、大人になってからのリターンが、大きく得られます。

 

大人になってからのリターンとは、簡単に言えば、大人になってからのリターンです。

読書を継続していることで、会社という組織に属しても、評価されやすい存在になることができます。

そして、そのまま収入としてリターンしてくるでしょう。

すでに社会は、学歴中心の社会ではなく、「個」の時代になっています。

今の時代では、学歴の評価よりも、「個人として何ができるのか、」が大事です。

そのように、理解を得られるには、読書が、最も効果がある方法です。

 

 

読書の記録|方法を紹介する!手帳・アプリ・カード他

読書の記録する方法を紹介します。

方法は、たくさんあります。

トライアンドエラーで、自分にとって、継続しやすい方法を見つけてください。

 

読書を記録するアプリ

読書を記録するアプリは、さまざまにあります。

シンプルに記録だけするアプリ、データ分析機能がついているアプリ、SNS的に他のユーザーと繋がる機能があるアプリなど、選び放題です。

アプリの数は膨大で、紹介しきれません。

試してみて、好みに合うアプリを見つけてください。

 

 

読書を記録する手帳

手帳もノートも大きく分けると2つに分かれます。

罫線だけのフリーで書ける手帳と、各内容の書式がフォーマットされている手帳です。

どちらがいいのかは、好みです。

フォーマットされている手帳の場合、埋め込んでいく感覚で書きやすいと感じますが、各スペースがフォーマットされていますので、書き込む内容は制限されます。

  • ワナドゥ手帳
  • ムーミン100冊読書ノート
  • 読書記録手帳
  • 読書ノート

読書手帳・ノートもたくさんの種類が販売されています。

 

 

読書を記録するパソコン|エクセルやテンプレートを使う

読書記録をパソコンで続けていく場合、方法としては、2つあります。

一つは、パソコン用のアプリを使う方法です。

最も有名なのは、「読書メーター」です。

ブラウザでも、アプリでも利用可能です。

読書を間に置いて、ユーザーとSNS的に交流も可能です。

同じタイプのアプリでは、「ブクログ」も、よく知られています。

また、「インスタグラム」で、読書記録をしているユーザーもいます。

 

パソコンの場合、パソコンに最初かは入っているアプリを使う方法も有効です。

ワードやGoogleドキュメントを使う方もいます。

すでに、テンプレートには、読書記録用のたくさんのフォームが、用意されています。

 

また、ご存知の通り、エクセルというアプリは、便利でかつ利用度も高く、エクセルを使ったフォームをダウンロードして使うことも可能です。

エクセルで1行で1冊管理という方法も、シンプルですが、有効な方法です。

 

 

 

読書のアウトプット|記録すること

読書 アウトプット 方法 おすすめ

 

本を読んだままにしておくと、時間が経つにつれて、得られた知識を忘れてしまいます。

本の内容を理解しても、得られた知識を使わなければ、記憶として定着しません。

忘れないうちに、アウトプットをしていくことが必要です。

本を読んだら、さっそくアウトプットしていきましょう。

 

読書のアウトプット|話すこと、記録する(書く)こと

アウトプットのはじめの一歩としておすすめなのは、「話す」、「書く」「行動(実践)」ことです。

(行動については、後述します)

 

本を読んで知ったことを、人に話してみましょう。

家族、友人、同僚・・・。

自分にとって話しやすい人で構いません。

 

話すと重要なポイントを頭の中で整理することができます。

「伝えられる人が、誰もいない・・・。」

という人は、「書く」ことでアウトプットをしましょう。

ノートを準備して、重要なポイントをまとめていくと、得られた知識などが整理できます。

 

 

読書を記録する書き方

読書を記録する書き方は、自分のやりやすさに合わせて選択すれば良いです。

どの方法良いのか、迷うほどにあります。

 

読書ノートを作って手書きで記録する

最もシンプルで、コストがかからない方法です。

ペンとノートがあれば良いです。

人間は指先を動かしながらだと、記憶にも良い作用をします。

記録には、記録するフォームを決めておくのが良いです。

 

必要な項目は、個人の好みがあると思います。

必須項目は、最低でも下記の項目が必要です。

  1. 記録する日付け(本を読み終えた日)
  2. タイトルと著者
  3. 本の概要
  4. 自分が得た気づき

 

長所は、コストがかからなく、ノートとペンがあれば直ぐに始められることです。

短所は、後日「調べにくい」ことです。

後日になって、読み返したいときなどの場合に、探すのが大変です。

 

読書のアウトプット|話す相手は、SNSへの投稿も有効

本の感想や印象に残ったことを、SNS(ツイッターやインスタ)に投稿するのも有効です。

大切なのは、話したり書いたりするという自分の外側へ向けて、発信することです。

発信するために、インプットした事柄が頭の中に定着する様になります。

 

アウトプットの際に注意してほしいのは、本に書いてあることを、完璧に伝えようとしないことです。

完璧を求めてしまうと、アウトプットすることが億劫になってしまいます。

どのように伝えたらいいのかが、わからない人は、どんなことでも構わないので、印象に残っていることを1つ、誰かに伝えましょう。

 

 

読書のアウトプットは一つでもOK

本を読んで知ったことを1つ伝えるだけでも立派なアウトプット。

まずは簡単にできることからはじめましょう。

慣れてきたら、伝えることを2つ3つ・・・と、増やしたり、相手のニーズに合わせて情報をカスタマイズしたりすると、理解がさらに深まります。

 

 

読書のアウトプット|行動すること

読書 アウトプット 方法 おすすめ

ステップ3は、本の内容をもとに、実際に行動するステップです。

頑張って行動にうつしていきましょう!

それでは、行動の手順をお伝えします。

 

読書をアウトプットするための行動手順|目的を再確認する

行動する前に、ステップ1で明確にした「本を読む目的」を再確認しましょう。

目的を再確認することで、「行動することで、最終的にどうなっていたいか」が、はっきりとします。

 

読書をアウトプットするための行動手順|行動の計画を立てる

目的を再確認したら、具体的な行動の計画を立てていきます。

ノートを準備して、

・どんな行動をするか
・その行動は、いつまでにするか

を、書き出しましょう。

行動しやすくするコツは、できるだけ具体的な行動になるまで細分化してノートに書くことです。

 

 

まとめ

今回は、読書のアウトプットの方法を、3ステップでお伝えしました。

復習すると、

ステップ1:目的を考える
・目的を決めてから本を読む
・目的は3つ以内に絞る

 

ステップ2:話す、書く
・インプットしたことを、人に伝える
・インプットしたことを、ノートに書く
ステップ3:行動する
・まずは、ステップ1で決めた「目的」を再確認する
・具体的な行動の計画を立てる。
・行動には期限をつける。

と、なります。

アウトプットをして、なりたい自分に近づきましょう!

 

 

 

 

関連記事

  1. 読書ノートがアウトプットとして有益である理由とやり方
  2. 読書のアウトプットである記録する方法!手帳・アプリ・カード他   *当記事
  3. 読書記録をノートに書いて自分の行動に役立てる
  4. 本の要約は章ごとに|書き方のコツ
  5. 読書メモアプリでメモの取り方|evernoteをiPhone・iPadで
  6. 読書ノートの書き方は抄録することで効果倍増|書き方のコツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました