朗読とは?音読との違いと朗読の効果

朗読

本や文章を読む方法には、さまざまな方法がありますが、声に出して読む方が自分にとってわかりやすい。音読と同様に声に出して読む朗読との違いは何か、関心がある方に、当記事はおすすめです。

朗読は単純に、本や文章の読み方が上手くなるだけではなく、読み聞かせるのが上手になります。

その違いがどこにあるのか、また朗読の効果には何があるのかについて、紹介いたします。

目次

朗読とは?音読との違いと朗読の効果

朗読 (1)

「朗読」を辞書で引くと、概ね次のように説明されています。

朗読は、声を出して文章を読むことです。場合によっては、誰かに聞かせるために、声高く、感情をくみ取り、趣があるように感情を込めて読み上げること。

朗読と音読の違い

朗読と同じように、声に出して読む読み方に、「音読」があります。

音読は、声に出して読むことで、自分の脳が刺激され、脳への定着率が一時的に高まるなどの効果があります。

朗読は、感情をくみ取り、感情を込めて読み上げる方法です。必ずしも、読み聞かせる相手が目の前にいるとは限りませんが、相手がいて読み聞かせるというシーンは多く、自分のためにだけ読む音読とは明らかに違いがあります。

朗読のコツ|朗読は簡単なようで難しい

朗読は、音読に感情をプラスして読むことと考えると、日頃から本を読んでいる方なら、方法として簡単にできそうです。

しかし、試しに朗読してみるとわかりますが、自分が正しく発音ができているのか、イントネーションはおかしくないか、などと注意し始めると、どんどん朗読の難しさを実感することになります。

事実、番組のナレーションをプロの方が話しているのを聞いてみると、やはりプロはまるで違うことを思い知らされます。

まずは次に紹介する朗読のコツに意識を置いて練習してみてください。

1)抑揚のつけ過ぎに注意する。感情を込めようと意識しすぎると、やり過ぎてしまい、聴きにくい朗読になります。

2)一音一音を丁寧に発音する。特に、語尾が流れたり、声が小さくなる癖がある人は注意しましょう。

3)音読との違いの意識が薄くなると、早口になる可能性がありますので、注意です。

4)句読点(、。)は、原則はあけて発生するが、やりすぎると、間伸びして聞こえるので、文章の流れに沿って、調整して読む。

5)呼吸は腹式呼吸を意識する。胸式だと、呼吸が浅くなって、長文が続かなくなる可能性があります。

6)そばに水を置くことを忘れずに。喉が乾いてしまうと、良い音声が発生できなくなってしまいます。

朗読をすることで話し方が上手くなる効果がある

朗読を行う目的には、話し方が上手になるということがあります。

営業や販売の人は、普段から商談や商品説明などで、話す機会は非常に多いです。しかし、自分自身の話し方チェックをしている業種や企業は実際には限られており、自分自身の滑舌が悪いことに気づいていないままに、一生懸命に話している方は、意外に少なくありません。

決められたシナリオの中だけで、ロープレという練習をしている企業もありますが、自分自身を客観的に評価できる仕組みで、練習することをお勧めします。

朗読を仕事にいかす

話をすることが仕事に必須である人は、一人で朗読する方法を毎日少しずつでも繰り返していることで、自分の滑舌の良さ悪さがわかったり、聞きやすい声が発見できることがあります。

決められたシナリオの中で、うまく話せるようになっている気がしていても、実際の場面では想定外の商品説明や顧客とのコミュニケーションが発生することがあります。ですので、普段から、朗読による話し方のトレーニングをしていることが、生かされます。

具体的な朗読のやり方・方法

お勧めするのは、一人朗読の場合、スマホのボイスレコーダーアプリを利用して録音する方法です。後で自分一人で聞いてください。毎日数分間繰り返してみてください。

自分自身の声は、骨伝導の音も混じって聞こえていますので、第三者として聞くと、思っていた声とまるで違うように聞こえるはずです。

繰り返しているうちに、滑舌や話し方が少しずつ改善されて、売り上げの成績が上がったり、上司に褒められたりするようになる可能性が高いです。

まとめ

本や文章を読むときに、声に出して読む音読と当記事で紹介した朗読は同じように声に出して読む方法です。

音読はあくまでも読むことに目的がありますが、朗読は話し方に重点があります。ですので、朗読を何度も繰り返していくうちに、滑舌が良くなり、話し方が聞きやすくなり、話すことを仕事とする方によっては、スキルアップになる読み方です。

関連記事一覧

本の読み方

本の読み方11種|効果的な方法は目的によって違う

黙読をマスターすれば読書スピードが速くなり読解力が高くなる

精読とは?言葉の意味や同義語|精読の効果

積読効果にメリットがあるとしたら驚く?

通読とは初めから最後まで一通り読むこと

朗読とは?音読との違いと朗読の効果*当記事

速読の効果|音読(脳内)を止めるだけで効果は実感できる

速読方法と身につけるコツは想像以上に簡単

輪読とは?意味とやり方と効果|最速で本を理解する方法

素読とは声を出して読む方法|文章の意味が分からなくも効果がある

耽読の意味・使い方・効果

乱読の効果で商談の成功率が上がるメリット

多読を繰り返すとなぜ英語力は向上するのか

視読だけでも読書は十分速くなる

遅読はそれほど悪いことじゃない|場合によっては速読よりも良い

朗読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次