読解力のトレーニング|語彙力・要約力も同時にアップする方法

読解力 トレーニング

読解力とは、一般的には文章を読んで内容を理解することです。文章は必ずしも書いてある文章とは限りません。人が話す文章についても同じです。ですので、相手が話す文章を理解する能力とも言えます。

また読解力は、後天的能力ですのでトレーニングすることで上達するものです。読解力が重要なのは、子供だけではなく、大人にとっても重要です。社会人として働く場面では、読解力がないと仕事にならないことも多いです。

社会人には、業務に必要な資料や客や取引先からのメッセージなど文章を読むことも多いです。特に、顧客や取引先からのメッセージは正確に内容を理解しないと、トラブルに発展する可能性があることです。

その他にも、プレゼンをしたり、商談をしたり、社内で提出する計画書や稟議書に報告書などの様々な書類の文章作成の仕事もあります。しかし、全ては文章を読んで内容を正確に理解することから始まります。

読解力をトレーニングして、読解力のレベルアップさせておくことは、ラクに生きていくには不可欠とも言えます。当記事では、読解力のトレーニングについて具体的な方法を紹介します。

文章の意味を理解できるじぶんにならないと、何も始まりません。

目次

読解力のトレーニング|語彙力・要約力も同時にアップする方法

読解力 トレーニング1

読解力は、学生にとっても社会人にとっても最初に必要な重要な基本能力です。ただ一旦覚えたら、ずっと同じレベルで使えるという能力ではありません。トレーニングを続けていくことで、高いレベルを維持していけるものです。

読解力のトレーニングは本を読むことから

読解力は、文字通り一般的には本や文章を読んで理解する能力です。読解力のトレーニングは本や文章を読むことから始まります。書いてある文章を理解出来ないのでは、相手が話す文章を理解することもできません。

正確に理解出来ていないと、分かったつもりになってしまったことが原因で、ミスをして信頼を無くしたり、求められてないことをしてしまったりするのです。何度も重なれば「できない人」というレッテルを貼られてしまいます。

まず本を読むことがから始めます。この読書は趣味ではなく、仕事に使う基本能力を磨くためのトレーニングとして必要な読書です。

読解力のトレーニング

1)ページが少なめの本か社説の文章を毎日読む(時間を決めて始めるのがおすすめです)

2)文字を表面的に見るのではなく、きちんと内容を細かいところまで読んで理解する(精読をする)。あえて批判的思考(クリティカルシンキング)をしてみることをおすすめします。疑問を持つことで理解が深くなりやすいです。

3)漢字や言葉の意味は分からない場合は、自分で調べる。他人に聞くのはおすすめしません。人に聞いたことは忘れやすいです。スルーするのもダメです。

4)本や文章から主旨を見つける(多くの場合は最後にある)。(主旨とは文章作成者が最も伝えたいことです)

5)主旨に沿って本文を要約する(内容を理解しているかを確認する作業です)

6)同じ文章を読んだ人と意見交換をする(自分の理解度を確認出来る)

文章の意味を理解出来ていないと勉強も仕事も始まらない

学生であっても社会人であっても、書いてある文章や相手が話す文章を正確に理解しないと、始まりません。

多くの場合、上手くいかない原因は文章を正確に理解していないことにあります。勉強も仕事も同じです。

正確に理解してないのに、分かったような気になって対応してしまうから、ミスやトラブルになるのです。特に社会人においてのミスやトラブルは、取り返しがつかないことに発展してしまうことがあります。

ミスやトラブルが会社に損害を与えることもあります。「勘違いしてました」「聞き漏らしていました」では済まないことになる可能性があります。

もし読解力がないのならトレーニングして身につけることです。後天的能力ですから、努力をすれば、身につけることができます。

社会人のための読解力トレーニング

学生も社会人もトレーニング自体は同じ方法で良いです。ただし社会人の場合、学生のように学校に通うことで勉強するということはありませんので、自分で意識を持ってトレーニングする必要があります。

本や社説などの文章を毎日読む

本や文章を読む事は、毎日継続して行います。理想としては、一日に30分〜1時間程度は読む事です。

トレーニングは「読む」「理解したことを書き出す」「理解度を確かめる」を繰り返すことでレベルアップしていきます。

本の場合は、一般的に10万文字前後でページ数は200ページくらいあります。新聞社の社説は、毎日更新されて500〜1,000文字程度のボリュームです。

この読書を仕事に直結するように役立てたいと考えるなら、ビジネス書や自己啓発本を選ぶとよいです。社説は、新聞社の論説委員が日々起きていることに論評していますので、社会常識の知識につながります。小説は登場人物の心の動きに注目して読むことで、接客や販売や営業の仕事に直結する場合もあります。

読むときは精読をする|読解力アップ

読解力をトレーニングするには、細かく正確に読むことです。速く読むのが目的ではありません。内容を理解することが重要です。そのためには、精読することです。速読には、内容の理解が浅くなるというリスクがあります。

理解し思考しながら読むことです。批判的な視点も理解を深めるには重要です。疑問を感じる部分がないかなどを考えながら、読むのがコツです。

知らない漢字や言葉は自分で調べる|語彙力がつく

聞いたことがあっても、実際には意味をきちんと理解していない言葉は意外に多いものです。これが分かったつもりの原因になります。意味がわからないと、次のステップの要約はできません。

また自分で調べることは言葉の意味を調べる上で、重要です。つい他人に聞いてしまうクセがある人は、注意してください。その人が専門家でない場合、その人から聞いて教わる知識情報は、その人のフィルターを通って簡略化されています。最悪の場合、その人の主観が混じっている場合があります。

正しく知るためには、グーグルで調べたり、辞書アプリで調べることです。自分で調べて覚えた言葉の意味は、理解していますので人に説明できます。しかし人に聞いた情報は、2次情報3次情報となり、信頼度は低くなります。自分で調べることで、語彙力がついていきます。

今日読んだ文章について要約をする

社説の場合は文字数が少ないので数分で読み終わります。今日読んだ文章について、要約をします。ビジネス書や自己啓発本・小説は、今日読んだページについて要約をしてください。

この時点で、理解して読んでいるのかが、分かります。もちろん本は、閉じた状態です。ですので、要約を書くタイミングは読んだ直後が良いです。人間の脳は短期記憶(読んだばかりの記憶)は、短時間で消えてしまいます。ただし、何度も復習をすると、忘れにくくなる長期記憶に変わるという特徴があります。

もし今日読んだ文章についての要約が上手くできないとすると、読んで理解しているつもりになっていたが、分かったつもりで理解していなかったことになります。閉じた本を開いて、理解することに意識をおいて再読することです。読解力のトレーニングをしていくことで、同時に語彙が増え要約力が磨かれますし、文章力もついてきます。

更に、同じ本を読んだ人と意見交換をすることは、自分の理解度を確認するのに、とても有効です。読書会に参加したり、社内で輪読をする方法は、理解度を確かめる方法として、とても強力です。

まとめ

読解力のトレーニング自体は自分で簡単にできます。

ポイントは継続することにあります。はじめて直ぐに結果が出るものではありませんので、「読むこと」「理解を確認すること」を繰り返していくうちに身についてきます。

紹介したトレーニング方法で、読解力のレベルがアップすることで、要約力や文章力もアップします。

関連記事一覧はこちら

読解力は相手が言いたいことを理解する力|9つのポイント

読解力は本を読むだけで鍛えることはできない|仕事に必要な能力

読解力とは何か?社会人の必須スキルの一つだが意外に

読解力を鍛える|社会人には至急で必要

読解力を鍛えるアプリ|そのまま社会人になると落ちこぼれる可能性

読解力をつける方法は6つのステップで理解度アップ

読解力をつけるには同じ本を3回精読から|本を読まない人の場合

読解力テストは大人にこそ必要|仕事の判断能力がわかる

読解力がないので理解力もないし読書もしない

読解力がないとどうなるかを考えると生きるのが大変なことに気づく

読解力がない大人|実は文章を正確に読めていない人が多い

読解力がない人の特徴|理解力がない人だと思われてしまう

読解力がない原因は何?

読解力のトレーニング|語彙力・要約力も同時にアップする方法*当記事

読解力が高い人は仕事もできる人

読解力を鍛える方法

読解力を身につける本なら小説を読むべき

読解力を鍛えるのが必要なのは大人

読解力と理解力の違い|何が違うのか

読解力 トレーニング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる