話が長い人|文章も長いし要約もできない

話が長い人

話が長い人っていますね。特に職場に多い気がします。

話が長い人って単純に長いだけではなく、何を言いたいのかわからない事が多いです。相手が話が長い人だと「この人、頭が悪いのかな」と思ってしまうことがありませんか。

また職場にいる話が長い人って、仕事ができない印象の人が多いです。売れない営業だったり、面倒な上司だったりします。

ただし、もしかすると自分が周りからそう思われている可能性もあります。自分と重なる部分がないか、チェックしたほうがいいです。

目次

話が長い人|文章も長いし要約もできない

話が長い人1

世の中には「話し好き」という人もいます。普段から話が長い傾向があります。

しかし基本的には長くない人なのに、何かの場面で話が長い人になってしまう場合もあります。どちらにしても、無駄な時間になりそうです。話の内容が、自分が全く興味を感じないことだと最悪ですね。相手が上司や取引先や顧客だと、無下にすることもできません。

しかし、気づかないうちに自分自身がそういう困った存在になってしまっている事が意外にあるものです。自分チェックをおすすめします。

話が長い人は頭が悪い印象がある

話が長い人の話には、要点が不明瞭だったり、ゴールが何なのか分かりにくいことがあります。

更に同じ話を繰り返されることもあります。「頭が悪いのかな」と感じてしまうことがありませんか。

しかし実際には、有名大学出身者にも、実在します。ですから、話が長いこと自体は頭が良い悪いに直結するものではないと分かります。ただ、頭が悪い印象は残ります。

不安な気持ちが原因で饒舌になっている

話が長い人の心理状態には、自分がよく知らない部分について話す場面で、自信がないことや不安を消すように饒舌になることがあります。

調べていないと素直に言うことができずに、自己防衛のために、言い訳がましい話が続き、結果的に話が長くなるのです。実際よりも自分をよく見せたいとか、認められたいという欲求が強いのかもしれません。

自慢話でマウントを取りたい

自分よりキャリアが少ない人や、立場が低い人を見つけると、マウントを取りたいという気持ちが強くなるケースもあります。参考になれば幸いという気持ちで始まったとしても、徐々に話し手が自慢話に自己陶酔していくと、相手は辛くなります。同時、この人頭が悪い人という印象を持ちます。

話が長い人と話すと相手は疲れるしイライラする

話が長い人は相手をイライラさせます。相手はつかれるのです。

一般的には、立場が関係する場合が多いと思われます。上司の話にイライラする。取引先の担当者の話にイライラするなどです。しかし、実はその逆もあります。

部下の報告や相談内容が要点がなくダラダラ続くような時、営業担当の説明が不明瞭で分かりにくい時、相手の上司や顧客も疲れるのです。同じようにイライラするのですの。

話が長い人は嫌われる|同僚との関係が悪くなる

立場や関係性が、話し手と聞き手の立場が、どちらが上であってもしたであっても、話が長いと嫌われる可能性があります。同僚も同じです。回りくどい話し方で、ダラダラと話しが長いと、同僚との関係性も悪くなる可能性があります。

苦手とか嫌いと思われる原因は、案外こんなところにあるのかもしれません。

何を言いたいのかわからない

長い話が相手を疲れさせるのは、何を言いたいのか分からない、ということが多いです。主に仕事においてということになりますが、雑談でも起きる場合があります。

相手は、「何を言いたいのか分からない>話が通じない>疲れる>イライラする」と変化していきます。

話が要約されていないことや、次から次へと同じような話が繰り返されることが原因です。

話が長い人は文章も長い|文章力もない

話す言葉も文章の形式になっています。実は話が長い人は、書く文章も長いのです。

その特徴は、書く文章の一文が長いことです。

書く文章のセンテンスが長い

これは文章力の問題でもあります。話が長い人が書く文章は、接続詞で長くつながり、途中で主語と述語の関係が分からなくなっていきます。

結果、書く文章も分かりにくい文章になります。読み手に分かり易い文章の条件の一つに、一文の文字数が40〜60文字程度という目安があります。実際に書いてみると分かります。60文字を超えないように文章を書くとかなり短めの文章になります。

その代わりに、5W1Hに例えてみると、非常に明確になるのです。わかりにくい文章は、文章が長すぎて、5W1Hの形におさまらなくなります。

要約して書けないし話せない

5W1Hの形におさまるように文章を書くには、伝えようとすることを要約する必要が出てきます。

つまり話が長い人は、要約をして相手に分かりやすく伝えるという考え方が無いのかも知れません。ですから、書く文章も長くなってしまうのです。

文章の要約をするには、伝えたいことの中で要点を絞り、まとめて短くするという作業があります。話をする場面でも実は文章を書くのと同じ作業をする必要があります。

要約がされていないビジネス文章は、長い文章になり読みにくく分かりにくくなります。話す文章も同じです。

話が長い人は職場で成果を出せない

話が長い上司、話が長い部下、話が長い営業マンなど、職場にいる話が長い人は、成果を出せませんので、要注意です。

特に話が長い上司は、マイナスの影響が強いので注意が必要です。管理職からチームリーダーまで、上司が話が長いと、残業は増えますし、チームのマインドは下がります。

業績改善に向けてのボトルネックが、職場の上司だったなんていうことは実際に起きていることです。

話が長い人には共通の特徴がある

話が長い人には、いくつか共通する特徴があります。

心理的な理由と、社会人としてのスキル(特に要約力と文章力)が不足していることがあります。

どちらにしても意識を持つことと、トレーニングをすることです。改善をして、簡潔に明瞭に相手に伝えられるように変わりましょう。

まとめ

話が長い人は、実は単純に話が長いだけではありません。立場が上司であれ、部下であれ、プラスに作用することはほとんどありません。

同じ話を繰り返していると、「頭悪い人」という印象にもつながってしまいます。

改善できば、評価は変わりますし、具体的に業績にも良い影響が出るはずです。

関連記事一覧

読書をすることで人は経済的にも人間的にも豊かになれる

本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント

要約の意味が分かればビジネススキルが上がり給料も上がる

要約の仕方は要点を抽出し要旨に沿って合成することにある

要約サイトのAIサービスが超便利!読解力・文章力が身につく

要約アプリは新聞社でも使われている

社説を要約する|社会人が要約力をつける練習に最適テーマ

本の要約は章ごとに|書き方のコツ

要約を練習するアプリ|練習しないと大事なことが伝わらない

本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方

要約のコツは文章の種類によって違う

要約した話し方|何を言いたいのかわからない社会人から脱する

本の要約を音声で聞くなら方法は2つ

本の要約は著作権侵害にあたる場合がある【注意】

要約の書き方は順番にやれば難しくありません

要約力|トレーニングして要約力がある人になる

要約の書き出しは具体的にどう書けばいい

要約が上手い人とできない人は何が違うのか

要約のやり方が難しいのは要点が分からないから

本の要約をブログに書くなら個人的感想のみ

本の要約レポートと要約と読書感想文の違い

要約力を高める方法|要約ができない人は仕事が出来ない

要旨とは何か?分からないと要点も分からないし要約もできない

要点とは何か?要点をまとめるにはどうする

要点をおさえるは押さえるが正しい|使う場面での意味も確認

要約ができない人の特徴|放置してると損するだけ

要点を絞る7つの話し方にすれば何を言いたいのかが伝わる

要点の書き方はまとめるか箇条書きにするか

箇条書きでわかりやすく伝える|要点を伝えやすくなる

要約力がある人は評価されやすい|社会人必須のスキル

要約では具体例は省くのが正しい

要約力は社会人の伝える基本|仕事で伝えるスキル

話が長い人|文章も長いし要約もできない*当記事

話が長い人は頭が悪いというのは本当なのか?

話が長い人の特徴|要約力等がないのかも

話が長い人が上司だとチームの業績は停滞する

要約の文字数の目安はどのくらいにすべきか

要点をおさえるコツを覚えれば話が伝わりやすくなり評価が上がる

話が長い人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる