音読効果で脳を活性化|頭が良くなり仕事の成果もアップする

音読 効果

音読といえば、小学生の本の読み方の印象が強いかも知れません。

しかし実は音読は脳を刺激する読み方であり、様々な良い効果があることで、注目されています。

読書による効果に加えて、脳を刺激する脳トレ効果があるのですから、年代に関係なく効果が期待できます。声を出しますので場所を選ぶ必要はありますが、最強の読書方法かも知れません。

目次

音読効果で脳を活性化|頭が良くなり仕事の成果もアップする

音読 効果1

音読には、そもそも読書で知識情報を得ることによる効果(語彙力・読解力がアップ)があります。しかし、声を出して読むことで、脳をさらに刺激し脳トレ効果も得られるのです。

音読効果で脳を活性化する

音読をする状況を思い浮かべると分かりますが、音読は目から文字情報を読み込み、脳で情報を理解し、音声を発します。この時同時に音声を聞いている状態になります。つまり、脳は読む・聞く・話すという複数の動作を同時に処理しているのです。この状態が脳の前頭前野を中心に脳全体を活性化します。

音読は脳トレになる

前頭前野は脳の前側にあり、記憶・学習・コミュニケーション・思考・感情・判断・集中を司っています。東北大学の川島教授によれば、音読をしているとき、実際に脳は血流が増え、活性化しているということです。同教授の実証データによれば、音読を繰り返し行った子供の脳の体積が増えたことをMRIで確認しています。

筋肉をトレーニングすると、超回復という現象が起こり、筋肉繊維が以前よりも太くなります。脳も脳トレをすることで、血流が増えて、神経細胞のつながり(ニューロン)が太くなり、情報伝達が高速化します。いわゆる、「頭の回転が速くなる」という状態になっていきます。

音読効果で脳が活性化すると頭が良くなり仕事の成果もアップする

音読をすることで脳が活性化されることで得られる効果は、自分の日常や仕事にとても大きく良い影響をしてくれます。

先に述べたように、「頭の回転が速くなる」と頭が良くなったようにも感じられるはずです。

読解力・語彙力がアップする|頭が良くなった印象

自分自身が頭が良くなったという感覚を得るのは、読解力・語彙力が高まったことに気づくときです。

語彙が増えるのですから辞書で言葉を調べる回数が減っていくはずです。また、本や文章の内容が分かるだけではなく、相手が何を言いたいのかが以前よりも分かるようになっていきます。

これは語彙が増えて、使える言葉が増えたことや読解力が高まったことの証拠です。周りの人にも、頭が良くなったという印象が拡がるはずです。(読解力とは、文章を読んで理解するだけではなく、相手が話す言葉から言いたいことを分かる能力でもあります)

コミュニケーション力がアップし人間関係が改善

相手が何を言っているのか、を理解出来るようになり、自分が使える語彙が増えると、コミュニケーション力がアップします。頭の回転が速くなっていきますので、相手が言っていることも、速く分かるようになっていきます。

過去の何かがトラウマとなり、コミュニケーションを苦手としてきた人は、人間関係もモヤモヤした状態に合ったかも知れません。気がつくと、相手が何を言っているのか、すぐには分からなくなっていたかも知れません。そのせいで言葉を返すのが遅くなってしまい関係性がギクシャクしていたかも知れません。

そんな状況も相手が話す内容に、すぐに気がつくようになっていくと、関係性も改善されていくはずです。音読が刺激する脳の前頭前野にはコミュニケーションをコントロールする役割もあるからです。

音読で滑舌が良くなり仕事の成果がアップ

頭の回転が速くなることで、仕事の成果もアップしやすくなります。仕事上で相手が何を求めているのかが、分かるようになります。今までは何となく分かったような気になっていたことが、徐々に明確になっていきます。

何を求められているのかが明確になった上で、仕事をするのですから、仕事の成果と評価がグンと上がるようになります。

また、毎日音読をするようになると、口周りの筋肉も鍛えられます。ですので、滑舌が良くなります。仕事の中で、話をする機会が多い人は、滑舌が良くなる効果は大きいです。相手に安心感と信頼感が芽生えます。営業や販売の仕事なら、成績が上がる可能性があります。

音読効果は他にもある

音読することで、脳の前頭前野が活性化しますので、前頭前野がコントロールしている機能がアップする可能性があります。記憶力がアップすること・学習意欲がたかまること・思考力が強くなること・集中力が高まることです。

また前頭前野が刺激されると、セロトニン(幸福ホルモンと言われる)が分泌されることも知られています。セロトニンが分泌されると、興奮作用があるアドレナリンがおさえられます。気持ちが落ち着き、ストレス軽減につながる効果も期待できます。何かイライラするような原因があるときは、5分でも10分でも音読をすると、穏やかな状態を取り戻せるはずです。

話すのが苦手な人は声が小さくて不明瞭な傾向があり、そのため聞き返されることがストレスになる人もいると思います。音読効果は、発生する声を少し大きくはっきり発音させるようになります。

また後述しますが、効果を上げるには、毎日継続がポイントです。その結果、読書が習慣化することが出来ます。

音読効果をパワーアップさせる方法は脳トレを意識

音読効果を高める方法は、本を上手く読めることや理解を深めることよりも、脳をトレーニングすることにあります。つまり読書によって脳を鍛える方法ともいえるのです。少し負荷がかかる程度をイメージすると良い脳トレになります。

音読効果を上げるには速く読むこと

音読効果を最大にするには、少し負荷がかかる脳トレを意識するのが良いです。可能な範囲で、速く音読するのが良いです。通常速度の音読は、理解を深める効果があります。脳を刺激する音読では、理解よりも脳を動かすことに、意識をおいて下さい。

音読してるのに効果を感じないという人は、通常速度で音読していることが原因です。理解を深める音読自体は悪い方法ではないので、シッカリと内容を理解したいという場合には、通常速度の音読か精読や熟読が良いです。

音読効果を上げるには毎日継続が基本

週に1回長時間読むよりも、高速で10分〜15分毎日継続する方が脳トレの効果は得られやすいです。

音読効果を得るには本以外でも良い

音読効果を得るには、読むのは本以外に新聞でも文章でも構いません。選ぶとすれば、難しすぎず、易しすぎない程度の文章が最適です。また、読んでる途中で分からない漢字や言葉があったら、飛ばしましょう。

語彙力を高める為の読書では、都度意味を調べるのがおすすめですが、脳トレとして音読をする場合は、ノンストップで10分間読み続けることです。できるだけ速いスピードで読みましょう。

まとめ

音読の効果は、読む・聞く・話すを同時に行うことで、脳を刺激するものです。

本の内容を読み取ることに重点を置くなら、精読や熟読が良いです。音読効果に期待するなら脳トレを意識して読んでみて下さい。数ヶ月もすると、頭の回転が速くなってきた感覚が得られるはずです。

もし、効果を感じないという方は、もう少し速く読むことに意識をおいた方が良いです。音読の効果は本の内容の理解よりも脳の刺激にあるのです。

関連記事

本の読み方11種|効果的な方法は目的によって違う

黙読は本を読むスピードで効果を発揮する

音読とは脳を刺激する読み方|メリットとデメリット

音読効果で脳を活性化|頭が良くなり仕事の成果もアップする*当記事

精読とは?言葉の意味や同義語|精読の効果

積読は金の無駄ではなく効果があるとしたら驚く?

通読とは初めから最後まで一通り読むこと

朗読とは?音読との違いと朗読の効果

輪読とは?意味とやり方と効果|最速で本を理解する方法

速読の効果|音読(脳内)を止めるだけで効果は実感できる

素読とは声を出して読む方法|幼稚園で素読する理由が分かる

高速音読の脳を刺激する効果がすごい

耽読の意味・使い方・効果

乱読することで読書量が増えチャンスも増える

多読を繰り返すとなぜ英語力は向上するのか

味読は映画を鑑賞するように疑似体験から学ぶ読み方

遅読はそれほど悪いことじゃない|場合によっては速読よりも良い

視読だけでも読書は十分速くなる

音読する効果は大人にも小学生にもある

音読 効果

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる