音読とは|やり方のコツとメリット・デメリット

音読

本の読み方には、黙読や速読、そして朗読や精読や音読などいくつかの読み方があります。

この記事でフォーカスする音読には、メリットもあるしデメリットもあります。

問題は価値観をどこにおくのかで、決まるのです。

目次

音読とは|やり方のコツとメリット・デメリット

音読とは、声に出して読むことを指すのが一般的です。

音読とは、書かれた文字を読んで音に出すことであり、古代から言語教育において重要な役割を果たしてきました。

特に、日本語を学ぶ際には、ひらがな、カタカナ、漢字など、様々な文字を覚えなければなりませんが、それらを正しく読むためには、音読の練習が欠かせません。また、音読は、文章のリズムやイントネーションを身に付けるためにも有効です。つまり、音読は、言語能力の向上に直結する重要な技能であり、日常生活においても役立つことが多くあります。

音読が行われる目的には、多くの理由があります。例えば、音読は、読み書きの能力を向上させるために非常に有効です。また、音読は、言語の発音、文法、リズム、そしてアクセントを学ぶのに役立ちます。さらに、音読は、ストレスを解消するためにも役立ちます。特に、長時間勉強を続けた後に、音読することが、リラックスするのに役立ちます。したがって、音読は、多くの点で非常に有益であると言えるのです。

音読の効果は大人にとって有益|脳を刺激する役割がある

音読 (1)

音読の効果はかなり大きいので、個人によっては、黙読よりも音読を利用する場面の方が多い人もいます。

音読することで脳に良い効果

音読することが脳を刺激し、良い効果があることが分かっています。特に大人にとって有益でありメリットがいくつもあります。音読の方法は、前述の通り、声に出して読むことです。

音読を行うということは、読むことは・話すこと・聞くことを同時におこなっています。結果、黙読のように素早く読んで進んでいくことはできませんが、読んだ内容を脳に定着させやすくなります。そして、音読することにより、セロトニンが分泌されやすくなります。セロトニンとは、神経伝達物質であり、精神を安定させる働きがあります。

音読することで脳の前頭葉を鍛える脳トレになる

音読により、前頭葉が刺激されます。前頭葉は脳の司令塔にあたる部分であり、意思・判断・行動・抑制など人間の行動の鍵となる働きをコントロールする部分です。

前頭葉を鍛えるには音読こそが最強とも言われます。音読することは、目で文字を判断し、情報を処理して音声を発生し、耳で聞くという連続した動作を行うことになり、前頭葉を刺激することになるのです。

脳の集中力は43歳がピークといわれます。しかし語彙力のピークは67歳とされていますので、音読をすることで脳を刺激していけば、少なくとも語彙力は67歳まで進化するのですから、活性化する効果が期待できます。ボケにくくなるということです。つまり、音読することは、脳を刺激する脳トレになるということです。

音読と朗読には違いがあります

音読と朗読は、共に声に出して音を読むことであり、一見よく似ています。

音読は、自分のため、脳へ刺激を与え、定着させるために、声に出して読む読み方です。

しかし、朗読の場合、声に出して読んで聞かせる相手は自分ではない誰かです。朗読とは、誰か人に聞かせるために、声に出して読むということになります。

つまり朗読は、聞かせる相手に対して、イメージや想いを表現するように表現することになります。

前述の脳を刺激する音読からすれば、朗読することは、さらに表情が豊かになり、語彙力が増えるというメリットが強まります。

音読のやり方のコツ

音読のやり方のコツには、いくつかの方法があります。まず、読む前にテキストを理解することが重要です。

音読のやり方のコツ

さて、実際の音読のやり方の基本は、本を読む時に声に出して読むことですので、難しいことはありません。しかし、せっかくなら効果的になるやり方のコツを活用することをお勧めします。

音読のやり方のコツは、以下のポイントを意識すると良い結果が得られやすいです。

1)音読は10分〜15分の間連続して行う
2)時間帯は朝が良い
3)読む材料は本が良いが、新聞などでも良い
4)読み慣れてきたら、スピードを上げることを意識する>高速音読はさらに効果的
5)毎日継続すると効果的。最初は1ヶ月継続することをお勧めします
6)集中しやすく、かつ声を出すので人の迷惑にならない環境を見つける
7)ヘッドホンなどで耳を塞ぐと、自分の声だけが聞こえる(骨伝導)ので、ささやく程度の声の音量でも効果があります
8)漢字や外来語の読み方を正確に理解するためには、辞書を引いて意味や発音を確認することが大切です。
9)読み上げる際に、自分の声を大きくして、明瞭な発音を心がけることです。
10)テキストを読み上げる前に、口の中をほぐすストレッチや呼吸法など、準備運動をすることもコツです

音読のメリットとデメリット

音読には前述のように脳を活性化する効果もあります。そのほかにもメリット、そしてデメリットもありますので注目してみましょう。

音読のメリット

音読には、数多くのメリットがあります。

発音の改善

例えば、音読をすることで、自分の発音を改善することができます。音読に取り組むことで、自分の発音に自信を持ち、より自然な日本語を話すことができるようになります。

理解が深まる

また、音読は、言葉の意味や文法をより深く理解することができます。自分の声で文章を読み上げることで、より正確に言葉を理解し、日本語を上達させることができます。

リラックスする

さらに、音読は、リラックス効果があるとされています。自分自身の声を聞くことで、ストレスを軽減することができます。

集中力を高める

また、音読を繰り返すことで、集中力を高めることができます。音読をすることで、自分自身に集中することができ、外部からの刺激を一時的に排除することができます。

コミュニケーション能力を高める

また、音読は、自己表現能力を向上させる効果もあります。自分自身の声で、自分の思考や感情を表現することができます。このことは、コミュニケーション能力を高めることにつながります。自分の思考や感情を正確に表現することができるようになれば、相手とのコミュニケーションがよりスムーズになります。

記憶力を向上させる

さらに、音読は、記憶力を向上させる効果もあります。自分自身の声で文章を読むことで、記憶に定着しやすくなります。また、音読は、読み取り速度を向上させることができます。自分自身の声で文章を読み上げることで、よりスムーズに文章を理解することができます。

以上のように、音読には、多くの利点があります。自分自身の日本語能力を向上させたい方や、ストレスを軽減したい方、自己表現能力を高めたい方、記憶力を向上させたい方などには、音読をおすすめします。

音読のデメリット・注意点

良いことづくしのような音読にもデメリットはあります。

音読のデメリット・注意点は、以下の通りです。

音読をすることで、長時間喉を使うことになり、喉の負担が大きくなる可能性があります。

音読をする際には、発音の正確性に気を配る必要があります。特に、外国語を学ぶ場合には、発音が正確でないと、誤解を招く可能性があります。

音読を続けることで、読む速度が遅くなることがあります。これは、音読に慣れてしまうためであり、速読のトレーニングをすることで、改善することができます。

音読をする場合、周りの人に迷惑をかける可能性があります。静かな場所で行う場合は、周りの人の状況に気を配るようにしましょう。

以上が、音読に関するデメリット・注意点です。ただし、音読は、語学学習やスピーチのトレーニングに非常に効果的であるため、上記の点に気をつけながら積極的に取り組むことをおすすめします。

音読の具体的な活用例

以下は、音読を活用する具体的な例です。

プレゼンテーションの練習:プレゼンテーションをする前に、自分のスピーチのリズムやイントネーションを確認するために音読をすると良いでしょう。自分の声を聞いて、自信を持ってスピーチをすることができます。

発音の練習:外国語を学ぶ場合、発音が正確でないと、相手に伝わらないことがあります。音読をすることで、自分自身の発音を確認し、正確に発音することができます。また、発音の練習には、ネイティブスピーカーや教師からの指導を受けることも重要です。

詩や歌詞の練習:詩や歌詞を音読することで、表現力を高めることができます。また、リズムやイントネーションを意識することで、演奏や歌唱のスキルも向上します。さらに、詩や歌詞を音読することで、感情表現力を高めることができます。

読書の効果を高めるための練習:音読をすることで、読書の効果を高めることができます。自分自身の声で文章を読み上げることで、より文章の意味を深く理解することができます。また、音読することで、読書によるストレスを軽減することができます。

ストレス解消:音読をすることで、自分自身の声を聞くことができ、ストレスを軽減することができます。また、音読を続けることで、集中力が高まり、ストレス解消にもつながります。さらに、ストレス解消のためには、気持ちよく音読できる場所を選ぶことが大切です。

学習効果の高め方:音読をすることで、学習効果を高めることができます。例えば、自分自身の声を録音して、聞き返すことで、自己評価を行い、改善点を見つけることができます。さらに、音読で覚えた単語やフレーズを、実際に使ってみることで、学習効果を高めることができます。

コミュニケーション能力の向上:音読をすることで、コミュニケーション能力を向上させることができます。自分自身の声で、自分の思考や感情を表現することができます。また、音読を続けることで、リスニング能力も向上し、相手の発音やリズムをより正確に理解することができます。

以上が、音読を活用する具体的な例です。自分自身に合った方法を見つけ、継続的に練習することで、効果的な音読を実践することができます。また、教師やネイティブスピーカーからの指導を受けることで、より効果的な音読ができるようになります。

まとめ

音読といえば子供の読み方であるようなイメージがあります。しかし当記事で紹介したように、実は脳をトレーニングをすることに意識をおけば、普通に黙読するよりも脳を刺激する効果は高いのです。

脳トレとしての方法と考えると、音読は若い世代から高齢になっても効果がある読み方ということなのです。場所によっては、音読はしにくい場面もあります。しかし周りに迷惑をかける可能性がないなら、むしろ音読をする方が良いかもしれません。

 

関連記事一覧

本の読み方

音読のまとめ|音読をすると何がいいのか

音読効果で脳を活性化|頭が良くなり仕事の成果もアップする

音読とは|やり方とメリットとデメリット*当記事

高速音読の脳を刺激する効果がすごい

音読する効果は大人にも小学生にもある

黙読してるのに頭の中で音読してしまう

音読をするとコミュニケーション能力が高まる

小説と音読:想像力を刺激する文学の世界を楽しむ方法

音読英語で効果を最大化!おすすめ教材とアプリを徹底解説

音読アプリで読書をもっと楽しく、効率的に!

目次