語彙力を鍛える本のおすすめ|小学生・中学生・高校生

語彙力 鍛える 本

誰かとの会話の中に出てきた言葉の意味が「?」となった経験はほとんどの人が持っていると思います。

しかし、そこで何となく分かったような気になったままスルーしてしまうか、相手に聞いてみるか、後で自分で調べて確認するかで、その後の人生や仕事に大きな違いが起きてきます。

友人知人が相手なら、素直に「どういう意味?」と聞いてみることもできますが、仕事の相手ならそうもいきません。

語彙力不足が相手にバレると最悪の場合、仕事は失敗かキャンセルされます。そうならないように、状態を改善する為に、語彙力を鍛える本を読んでおきましょう。もちろん、本を読むだけでは身につきません。本を読んだ後は、実践することが大事です。

目次

語彙力を鍛える本のおすすめ|小学生・中学生・高校生

語彙(ごい)とは、一般的には自分が住んでいる国の言葉で、自分が知っている言葉のことです。英語では、ボキャブラリーです。知ってる言葉の数が少なくて、いつも同じような言葉ばかり使っていると、語彙がないとか、ボキャブラリーがないと言われます。

さらに語彙力となると、たくさんの言葉を知っていて使いこなす能力です。当然、語彙力が高いほど、仕事の相手に適切な言葉を使うことができて、相手に安心感や信頼感を感じてもらえ、仕事はスムーズに進んでいきます。語彙力が不足していれば、真逆の現象が起きてしまいます。

語彙力を鍛える理由

語彙力が不足していると、いつも同じ言葉の表現ばかりしてしまいます。友人や家族なら、それほど問題にもなりませんが、社会人として、また仕事で言葉を使う場面で語彙力が不足していると、かなり大変なことになります。

ですから、普段SNS中心の生活や読む本は漫画ばかりという人は、語彙力不足の状態にあります。語彙力は才能ではなく、経験やインプットによって増えていく能力ですから、SNSでいつも同じような言葉や短い言葉ばかり使っている人は、語彙力は学時代のままです。もしかすると、中学生レベルで止まっている可能性もあります。

この状態のまま、大人の年齢になってしまうと、職場での言葉を理解できませんし、返事を返す時も子供のような言葉しか出てきません。

また相手との関係性によって、敬語も使う必要がありますので、さらに大変です。語彙力不足は読解力不足や文章力にも影響してしまいます。不足したままでは、仕事で良い評価を得られることは難しいですし、商談や交渉ごともうまく行きません。語彙力を鍛える必要があります。

語彙力とは、相手との関係性と場面に応じて「言い換えする力」とも言えます。

語彙力を鍛えるには読書から始める

語彙数を増やして、語彙力を鍛えるには、いろいろなトレーニング法もありますが、すぐに始められる語彙力を鍛える代表例は読書です。ビジネス書でも小説でも構いません。たくさんの文章に触れることで、徐々に覚えていくものです。(知らない言葉を調べて覚えることは必須です)

基本は、本を読んで知らない言葉に出会ったら、なるべく早く調べることです。人に聞くのは、間違いのもとなので、自分で調べましょう。

本を読む事自体が、語彙を増やすことになりますが、当記事では語彙力を鍛えるための本を紹介いたします。語彙力を鍛えるための方法について書かれた本を読むことで、一石二鳥とも言えます。

本を読んで学んだことは、読んだだけでは知識でしかありません。適切な場面で使っていくことで経験となり、身についていくものですから、必ず実践してみてください。

語彙力を鍛える本のおすすめ

語彙力に関する書籍が数ある中から、信頼のおける書籍を7冊紹介しております。繰り返しですが、読んだだけでは知識でしかありません。実際に何度も使うことで、自分の経験となり、身についていくものですので、読了する前であっても覚えたら、実践してみることです。

大人の語彙力ノート誰からも「できる!」と思われる

語彙力に関する本では一番売れている本かもしれません。明治大学の齋藤孝先生が語彙力について解説しています。この本では、特に「言い換え」について書かれています。どれだけ幅広く言い換えをすることをができるかで、教養があるのかを相手に感じさせられるように思われます。

第1章から8章まで、社会人ならあるあるの様々なケースでの言い換えが紹介されており、今すぐに実践できます。まず真似してみましょう。

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング

著者は石黒圭さん。日本語学の教授です。新書での出版のせいもあり、専門書としての雰囲気が強く出ています。語彙力と頭の良さは関係があるという文から始まります。語彙力は学力と相関関係にあり、語彙力の高い学生は一般的に成績が良いとしています。また、語彙力について、量と質の両面から掘り下げているところが興味深い点です。

語彙力こそが教養

齋藤孝先生の2冊目の紹介です。言葉は身を表すことに触れています。語彙力が豊かであれば、一目置かれる存在になれるとしています。そのために、語彙力を鍛えるということなのです。そして、語彙を鍛えて、豊かになれば、見える世界が変わることにも触れています。語彙のインプットを読書からスタートし、アウトプットによって使えるように定着することについて書いています。

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

著者は吉田裕子さん。国語教師。知ってる語彙と使える語彙。本書では、仕事をする上で使うと大人としてみられやすくなる言葉などが紹介されています。単純な例文の紹介ではなく、その言葉が使われる背景などの説明があり、理解しやすいです。

語彙のレベルには個人差が大きく影響します。この本を読むべき人は、「まじ」「やばい」「かわいい」などの言葉を連発している人です。語彙力レベルが並以上にある人は、物足りなさを感じる可能性があります。

大人の語彙力「言いまわし」大全

タイトル通りに「言いまわし」がたくさん紹介されています。語彙力があるかどうかは、相手との関係性と場面に応じて、言い換えができるかどうかで判断されます。言葉だけを覚えて、どのくらい適所に使えるのかは、やや気になるところです。ただ、本を読まない、あるいは今まで読んでこなかった方が、まず覚える鍛えるということであれば、需要があると思います。

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ

読書をしてこなかったために、語彙力がないまま社会人になってしまった人は、社会人になって、企業の職場で言葉の意味がわからず、右往左往しているケースが多いです。あるいは、知ってるふりをしたり、意味はわからないが聞いたことがあることでそのままスルーしたり。使われている言葉の意味がわからなければ、上司や先輩からアドバイスを受けても理解できず、棒立ち状態になってしまいます。本書に紹介されている通り、言葉を知らないと仕事の評価は下がります。

最低知っておくべき言葉として51語が紹介されています。社会人として形式ばった言い方から、今日の仕事の場面からすぐに応用できそうな言葉遣いまでが紹介されています。

大人のための言い換え力

大人になっても自然に語彙が増えるわけではありません。主に読書から言葉を覚え、仕事や日常で使いながら身についていくものです。語彙力は後天的な能力ですから、増やす努力をしていなければ、大人になっても学生時代からの語彙のままです。しかし仕事においては適切な語彙がありますので、覚えていなければ、相手を不快な思いにさせてしまいます。つまり、相手との関係性と場面に応じた言い換えができないという状態です。

本書ではメールや日常、そしてビジネス文書に関する実践的な「言い換え」を知ることができます。

語彙力を鍛える本|高校生におすすめ

高校生は読書量が減る人と増える人が別れていく年代です。読書量が多い人は、自然と語彙数が増えますし語彙力は自動的に鍛えられます。社会人の半分の人たちは本を読ませないために言葉を知らず、仕事や人生にも影響が出てしまっています。その状態が始まるのが高校生です。

読書することは、社会人になってから大きな差がつく原因の一つです。せっかく読むのなら語彙力を鍛える本を読んでおきましょう。

東大読書

副題にある通り、読む力と地頭力を高めてくれる本です。タイトルの東大が気になるかもしれません。実際に目指すかどうかは全く関係ないと考え、語彙力を鍛えるために読みましょう。高校の勉強にしても、大学の勉強にしても、問題文に書かれている意味が理解できなければ、正しい解答が見つかるはずもありません。問題文の意味を知るには語彙力が必要です。

大人の語彙力ノート

前述した本を再度紹介します。高校生にはぜひ読むことをおすすめします。

ことばはちからダ

文章を理解するためのキーワードの意味と類義語を知り、使い方を学べます。つまり語彙力を鍛える本ということです。語彙力を鍛えるということは、単純に言葉や漢字の意味を知るだけでは身についたとは言えません。知ってる言葉が多いということは語彙数が多いと言えますが、語彙力が高いとは言えないのです。つまり意味を理解して、自分の表現の中で使えなければなりません。

語彙力を鍛える本|中学生のうちに読むべき

中学生は一般的に高校生と比べると読書をしているはずの年代です。しかしもしかすると語彙力が低いと、読書はしているものの意味を理解できていない可能性があります。それは勉強にしても普段の生活にしても同じです。意味を理解しているはずなのに、国語の点数が上がらないとすれば、語彙力が不足していることが原因となっています。

また学校で教わる国語の重要性は、学生の間にはなかなか気づくことができない人が多いです。実際には言葉の意味や文章の理解ができないと、学生の間は問題の意味を正しく理解できませんし、社会人になってからは仕事ができない人になってしまいます。中学生のうちに下記の本を呼んで語彙力を鍛えておくと、先の人生や勉強の理解が楽になるはずです。

中学生の語彙力アップ徹底学習ドリル

言葉の意味と文章の意味を理解するための練習ドリルです。分かっているつもりになっている言葉が沢山登場しているはずです。しかし具体的な意味を理解していないことにも気づくはずです。なんとなく聞いたことがあって、分かっている気になっている言葉がいかに多いか気づかされるはずです。

中学生のための語彙力アップ厳選1000語

前述のドリルと合わせて練習して語彙力を鍛えましょう。国語力の中で、語彙力はとても基本的なことであり、知らないととても困ることです。中学生のうちに練習して覚えることをおすすめします。

語彙力を鍛える本|小学生におすすめ

すでに知っていることと思いますが、語彙力はすべての勉強科目の基礎となるものです。ことばの意味を理解して自分で言葉を使えるようになることで、考えたり・感じたり・理解して表現することができるのです。

本を読んで文章や言葉を理解することは、学年が中学高校大学へと進み、更に社会人となって働くようになってからも、すべてのコミュニケーションの基礎となるものです。

つまり国語力は人には無くてはならない能力であり、中でも重要なのが語彙力です。語彙力がなければ、読解力も文章力もないからです。社会人となり仕事の成果を出せずに悩む人や、中学高校で勉強の成績が伸び悩む人も、原因を正せば語彙力が不足している可能性があるのです。語彙力不足から勉強不足が始まっている可能性すらあります。

小学生は低学年から高学年まで大きく成長する年代です。以下に紹介する本を読ませて語彙力をつけましょう。本を読むことドリルなどで練習するのがおすすめです。

まとめ

語彙力は大人として社会で仕事をしていく上ではなくてはならないものです。そして年齢と共に自然と増えていくものではありません。経験か読書などのインプットによってのみ増えていく能力です。

経験とは、主に「そんなことも知らないのか」という赤恥体験です。恥ずかしい思いをすることで、慌てて調べて覚えることになりますが、メンタル的にはおすすめできるものではありません。

おすすめできるのは、読書をしてわからない言葉に出会ったら調べて覚え、適切な場面で使うことで語彙力を鍛える方法です。読書をする対象は、漫画と写真集以外の全ての本が対象です。

当ページで紹介している語彙力を鍛える本は、本の内容自体が語彙力をつけることにフォーカスしているので一石二鳥ということになります。

関連記事一覧

語彙力

語彙力を鍛えるためにすぐできること

語彙力を鍛えるアプリで読解力と文章力もアップする

語彙力を鍛えるゲームを紹介|アナログなゲームで鍛える

語彙力を鍛える本のおすすめ|小学生・中学生・高校生*当記事

語彙力を増やすサイトで語彙力を鍛える

語彙力を鍛える大人は理解語彙の量と使用語彙の質が大事

語彙力を上げるのは難しくない|簡単な方法を紹介

読書で語彙力が上がる|語彙力がないと大人になって辛い思いを

語彙力を高める方法|さらにアップさせると仕事もうまくいく

語彙力をつけるにはどうするのか|年代で対策はどう違う

この記事を書いた人

社会人経験約40年。仕事において強い必要性があり読書に目覚め、その後年収も急上昇。上場企業にキャリア入社し、50代に入り独立起業し会社経営。自分自身の読書に救われた経験から、読書によって人生が変わることを伝えたい。

コメント

コメントする

目次