文章を書く仕事|必要なスキルとメリット・デメリット

文章を書く仕事

文章を書くのが好きなので、文章を書く仕事に従事したいと考える人もいるのだと思います。しかし「仕事」として文章を書く場合には、「好きだから」だけでは難しい場合が多いです。

当記事では、実際に文章を書く仕事にはどんなものがあるのか、どんな資格が必要なのか、具体的に求められる仕事の内容について深堀りし紹介しています。

目次

文章を書く仕事|必要なスキルとメリット・デメリット

文章を書くことを仕事とする場合、文章を書くことで対価を生み出す必要があります。対価を生み出すということは、相手に評価される必要があります。

相手から良い評価を得られない限り、どれだけ膨大な文章を書いたとしても仕事としていくことは難しいです。相手とは、エンドユーザーの場合もありますし、企業の場合もあります。

文章を書く仕事に求められる資格・スキル

文章を書く仕事と言いましても実際には多岐にわたります。例えば文章を書く仕事の種類として次のような仕事があります。

文章を書く仕事の種類

文章を書く仕事といえば、様々な分野のライターという仕事が最も一般的です。最近でいえば、Webメディアライターがあります。従来からある仕事としては、新聞記者・雑誌記者・ルポライター・翻訳家・コピーライター・編集者・作家・ブロガーなどがあります。

WebメディアライターもブロガーもともにWeb上の記事を書く人ですが、ブロガーは個人でサイトを立ち上げて文章を書いていますし、Webメディアライターは企業が作るWebメディアに掲載される記事を企業の要望に合わせて文章を書いています。他には、ライターが書いた文章に対して、編集をしたり校正や校閲をする人たちも文章を書く仕事をしているといえます。

文章を書く仕事に必要な資格

文章を書く仕事に求められる資格自体は、特に決まったものはありません。ただあると有利という意味では、「日本漢字能力検定」や「語彙・読解力検定」があります。翻訳の仕事であれば、「実用英語技能検定」「TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)」などがあります。

さらに、書く文章の分野についての専門知識が必要な場合はあります。特に、医療・法律・ビジネス・テクノロジーなどの分野では、それぞれの分野に関する資格を持っていることが有利に働くことが考えられます。

文章を書く仕事に求められるスキル

文章を書く仕事については、前述の通り相手に良い評価をもらえる文章を書くことが必要になります。そのために必要なスキルには以下のようなスキルがあります。

1)表現力(文章の表現によって、情報を伝えるだけではなく、感情やイメージを伝えます)
2)文章構成力(文章の構成が論理的になされていると、読書は読みやすくなります)
3)調査・取材(文章を書くための情報は誰かによる2次情報よりも1次情報が有益で説得力があります)
4)編集力(書いた文章を最適化するために編集が必要です。読者に分かりやすく読みやすくするために必要です)
5)コミュニケーション能力(文章を書く仕事をする上で関係者とコミュニケーションをとる機会が増えます)

さらに基本的なスキルでいえば、「読解力」「文章力」「語彙力」「要約力」などの国語力は最低限必要だと考えておくことです。

文章を書く仕事で、早く収入を手にするには、クライアント(企業や個人)からの仕事を請け負う選択があります。この場合重要なのは、クライアントが求めている文章の条件を知ることが必要になります。内容や表現方法が求められている条件とずれていると、文章を書いても評価されない可能性が大です。

関係者とのコミュニケーションの中で、求められている文章の内容や書き方について、理解をする必要があります。

文章を書く仕事のメリット・デメリット

文章を書く仕事のメリットとデメリットについて、気がついているでしょうか。

文章を書く仕事のメリット

文章を書く仕事のメリットは、仕事をすすめる上で人とのコミュニケーションが少ないというポイントがあります。また、文章を書く仕事の進め方について、自分のペースでやっていけるというポイントがあるのもメリットです。仕事を受ける打ち合わせや、納品(書いた文章を相手方に収める)も一般的には、メールやチャットで完了します。必要に応じて取材を行う場合に、他人と接する可能性があります。人と面談することにストレスを感じる人には、メリットが多い仕事かもしれません。

また自分のアイディアや表現力を活かせることもメリットです。そして様々なジャンルにおいて、文章を書く場面がありますので、自分自身の興味や得意分野についての仕事と巡り合う可能性もあります。その結果、読者は問題解決や知識を得るということがありますので、書いた文章が役立つこともまたメリットを感じる場面となります。

文章を書く仕事のデメリット

デメリットとしては、文章を書くことが好きであっても、好きな文章を好きなタイミングで好きなだけ書くことはできないということです。基本的に、依頼主から良い評価を得られるように、相手から求められること(文字数や書くべきポイント)が反映されるように文章を書かなくてはなりません。また当然納期にも追われることになります。

文章を書く人としてのネームバリューが一般的に認知されるレベルになれば、書きたい内容を書くことでも認められるようになります。「あの人はどんなことを書いているのだろう」という視点で読まれるからです。しかし文章を書く人としてのネームバリューが高まるには、かなり長い年月が必要になる可能性があります。

一定の認知レベルになるまでは収入は不安定である可能性が高いです。多くの場合、文章を書く仕事を始めた初期段階では低単価の仕事を受けざるを得ません。収入が上がるには実績が認められる必要があります。それまでの間は、不本意な文章(クライアントや編集が求める文章)を書く必要もあるかもしれません。

文章を書く仕事は未経験でも可能なのか|副業にできるのか

文章を書く仕事を始める場合、未経験の方が最初にチャレンジするのは、Webライターの仕事が一般的かもしれません。Webライターの仕事は、クライアントから提示される文章のテーマや書き方や表現のルールなどに沿って、記事を書く仕事が一般的です。

Webの記事は閲覧数が多いほど、クライアントの評価は高くなり、記事単価も上がる傾向があります。記事に書く内容は、ネット上を検索して取材した内容や自身の経験が記事の元になります。つまり自分が書きたい文章を書くという仕事ではありません。

未経験でも文章を書く仕事はできますが、クライアントが求めている記事の条件について、理解できるようになるまでは低い単価で仕事をすることになります。求められる記事の文字数は、一般的に1000文字から5000文字ほどです。ライターとしての実績がなく未経験のうちは、1文字あたり0.3円から0.5円程度です。ですので、1記事書いても数100円という状況があります。

しかし現地取材や実物取材などから、ネットからの取材では集まらないようなデータや画像を使えて、完全にオリジナルな文章が書かれている記事の場合は、記事単価は大きくアップします。記事単価は1記事で数千円以上になるケースもあります。

さらに閲覧数が見込める記事を書けるライターだと評価されれば、副業としてやっていけるだけでの収入になる場合もあります。中には副業から専業として独立するケースもあります。

文章を書く仕事のまとめ

「文章を書く仕事をしたい」という声を聞くことがあります。文章を書くのが得意なので、関連する仕事につきたいと考える気持ちはわかります。

しかし「話すのが好きなので、営業の仕事を選んだが上手くいかない」という声があるように、単純に好きなだけでは仕事にはなりません。仕事で評価され収入を得ようとするなら、評価をする相手から求められるような成果が必要です。

文章を書く仕事で成果を得るには、自分が書きたいことを書くのではなく、クライアントが求める記事を書く必要があるのです。つまり文章を書く仕事で生きていこうとするなら、実際の仕事においては「書くこと」は半分以下であり、何が求められることであるかを考え調査し、構成することが、文章を書く仕事の重要部分となるのです。

文章を書くことは、考えること・調査すること・構成するの次になるのです。

関連記事一覧はこちら

文章力

文章の書き方で仕事の成果が決まる

良い文章の条件|伝わりやすい文章になっているかがポイント

文章の書き方の基本|読みやすい特徴とわかりやすい特徴を紹介

文章の文字数をカウントする方法と注意点・重要性

一文の文字数は50文字以下が適切で読みやすい

文章は句読点が適切にあると読みやすくなる

文章作成アプリを選ぶ|条件は無料でスマホとPCで使えること

体言止めの意味とNG場面|ビジネス文には使わない

敬語を使い分けて文章を書けているか|間違うと仕事は失敗する

文章が完成したら校正ツールでチェックしてリスク回避

文章には性格が出る|隠し切れるものではない

文章を書く仕事|必要なスキルとメリット・デメリット*当記事

目次